花粉症の対策と予防

花粉症>花粉症の対策と予防

 

 

花粉症対策は、なってからの対策よりも、 なる前の予防の方が大切です。なぜなら、 花粉症はいちどなってしまうと なかなか治らない病気だからです。もしなってしまってからでも、 対策をすることで花粉症の症状を軽くすることはできます。花粉症の最大の対策は、「花粉を避ける」ことです。アレルゲンから遠ざかることができれば、アレルギーの発症もおさえることができます。ですが、現代人は都市部に住んでいたとしても花粉から逃げることは難しくなっています。では、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

理想は花粉が大量に飛散する時期は外出を控えることですが、普通の社会人ならばそれはなかなか難しいです。どうしても外出が必要な場合は、マスクやゴーグルのようなメガネ、帽子などを着用し、衣服もナイロン製などの表面がつるつるした生地を選びましょう。そして帰ってきた時の行動も大切です。外で万全の対策をしていたとしても、衣服に着いた花粉をそのまま家の中に持ち込んでしまっては、室内で花粉を浴びることになります。室内の花粉は窓などから入ってくるよりも、人が服に付けて外から持ち込むことの方が多いのです。家に入る前にブラシなどで落としてから入りましょう。

 

花粉を避ける以外でできることは、体質を改善して花粉に負けない体を作るか、予防の薬を使うという方法もあります。しかしやはり花粉症の対策と予防の中心は、「花粉を避ける」ことです。

 

 

花粉症>花粉症の対策と予防>花粉症対策に良い食品

 

花粉症の症状をやわらげたり、アレルギーをおさえる働きのある食品があるそうです。さまざま紹介されていますが、特にどこでも耳(目)にするのがヨーグルトと甜茶の2つです。これらに絞って、なぜ効果があるのかをみていきましょう。

 

まずはヨーグルトですが、ヨーグルトが花粉症に効くとされている理由は、この中に含まれる「乳酸菌」です。乳酸菌がお腹に良いとされているのは事実で、腸内の免疫細胞のバランスを整える整腸作用のおかげで、花粉症の症状が緩和すると言われています。乳酸菌を含んだ食品は味噌やキムチなど他の発酵食品でも有効ですが、毎日続けて取ることが大切なので、ヨーグルトはその点身近で続けやすい食べ物ですよね。

 

次に甜茶です。これは一時期マスコミでよく紹介されたせいか、 すごく売れていた頃があったそうです。 期待される効能は花粉症の抗アレルギー効果。甜茶に含まれるポリフェノールが、アレルギーの原因となる化学物質のヒスタミンをおさえると言われています。ポリフェノールが良いということは、ワインでもいいのでしょうか? これもヨーグルト同様、花粉症になってあわてて飲むのではなく、普段から継続的に摂取することが大切だそうです。

 

この2つの他にも多くの食品が紹介されていますが、中にはただ体に良さそうなだけで花粉症には関係ないのでは?というものもあるので、正しい知識をつけて地道に強い体を手に入れたいですよね。

 

 

花粉症>花粉症の対策と予防>花粉症対策に良いお茶

 

花粉症に効くお茶として有名なのは「甜茶」です。そのため甜茶は主に花粉症に悩む人に絶大な人気がありますが、実は甜茶にはいくつも種類があって、どれも同じように効果があるわけではありません。花粉症対策に有効な成分はポリフェノールなので、これをたくさん含んだ甜茶を選ぶ必要があります。最も評価が高いのはバラ科のキイチゴ科の「甜葉懸鈎子(テンヨウケンコウシ)」と呼ばれる甜茶です

 

この他に花粉症に効果があるお茶としては「緑茶」があります。緑茶には殺菌作用があると言われていますが、それにより皮膚や粘膜を保護して花粉症の症状をおさえる効果があります。有効な成分はカテキンです。実はカテキンはポリフェノールの一種です。アレルギーをおさえ、抗炎症・殺菌作用があり、さらに身近で毎日とりやすいお茶という点がうれしいですね。

 

さらに「べにふうき」というお茶も花粉症対策で有名です。べにふうきは「べにほまれ」という日本茶と「ダージリン」を交配させて作られたお茶です。アレルギー予防食品開発の基礎研究において、抗アレルギー作用を持つ茶葉であることが解明されました。べにふうきは飲むには少し渋みが強いお茶なのですが、この渋みの原因であるメチルカテキンがアレルギーを抑制するのに役立っているのです。最近はこの渋みを除いて飲みやすく加工されるようになってきたようです。

 

 

花粉症>花粉症の対策と予防>花粉症対策に良い漢方薬

 

花粉症対策には漢方薬という方法もあります。漢方薬を使うメリットは、まず花粉症向けの抗アレルギー剤や抗ヒスタミン薬、鼻炎薬などの市販薬・処方薬にある、眠気・だるさ・口が渇くといった副作用がほとんどありません。

 

また、胃にも優しいので胃腸薬を併用する必要もありません。効果も意外と即効性が期待でき、花粉症の季節になってから、症状が出始めた時に飲み始めても大丈夫なんだそうです。漢方薬といえばニオイがきつくて飲みにくいというイメージがありますが、最近は錠剤やカプセルなんかもあるようです。服用時間を気にしなくていいというのも、忘れやすい私にはぴったりです。花粉症の人はその原因も症状もさまざまですから、体質や状態によって調合を変える漢方薬は適している気がします。

 

例えば、寒がりで鼻水がサラサラの人には「小青竜湯」という漢方薬を用います。体を温めてくれる効果があり、花粉症の代表的な漢方薬としてよく処方されます。逆に暑がりで鼻詰まりがひどい人には「辛夷清肺湯」を用います。これが、体質・症状・原因ごとに組み合わせて処方してもらえるので、誰にでも同じものを使う汎用的な薬より効果がありそうですよね。漢方の相談をしてもらえるところはいくつもあるので、ぜひ専門家に相談してみましょう。

 

 

花粉症>花粉症の対策と予防>花粉症対策めがね

 

メガネやサングラスをするだけでも、花粉が目に入るのをある程度はおさえられると言います。しかし症状のきつい花粉症の人や飛散量の多い日には、花粉症用のめがねを使用するのが良いと思います。昔は花粉症用のメガネと言えば、やたら大きくて野暮ったいものが多かったのですが、最近はスマートでオシャレで、一見花粉症用とは分からないようなものが増えてきています。カラーフレームからサングラス風、スポーツタイプ、子供用や度付きの花粉症用めがねまであるようです。

 

機能としては、まず花粉が目に入らないように、上・下・横いずれからも花粉が入って来ないような構造になっていることが大切です。また、めがね自体が持つ静電気で花粉を集めてしまうことのないよう、帯同防止性能もあるとさらに効果的です。付着した花粉を洗い流せるよう、丸洗いOKのものが便利です。

 

どうしても花粉症用めがねは顔の形に合わなくて・・・という人には、使っているメガネやサングラスにカバーのように取り付けられるグッズもあります。ソフトなのでフィットしやすく、透明なので目立ちません。最近は昔ほど人前でめがねやマスクをすることに抵抗がない人が増えてきましたし、おしゃれな花粉症用めがねが増えてきたので、日常で見かけることが普通になってきましたね。

 

 

花粉症>花粉症の対策と予防>花粉症対策 売れ筋商品

 

花粉症の季節になると特に売れる商品はどんなものがあるのでしょうか?大きな分類で言うと、「鼻関係」の商品が非常に多く売れています。最近は特にドラッグストアなどで、花粉の吸入を防ぐ鼻腔クリームが人気です。また一見目に見えない鼻栓や、鼻うがいのための洗浄剤など、花粉症で鼻水や鼻づまりに 苦しんでいる人が多いのだなということが分かります。

 

次にマスクです。花粉症対策には欠かせないアイテムと言えます。 立体型や花粉を寄せ付けない生地を使ったものなど、 機能的で多様なものが売られています。

 

また、めがねや目を洗うアイテムも売れ筋です。 めがねは毎年買わなくてもいいような気がしますが、 この売れ方を見ると今年から花粉症になった人や重症化した人が増えているのかなと感じます。品質がどんどん良くなっているのもあると思いますが。

 

体を花粉から防御するアイテムの他は、食品やサプリメントが多く売れています。目立つのはお茶、特に甜茶など花粉症に効くとされているものです。また、食品ではヨーグルトや乳酸飲料、納豆が花粉の季節によく売れるそうです。そしてサプリメントも非常に注目されています。乳酸菌、ポリフェノール、トマトの果皮に含まれている成分など、種類はさまざまです。花粉症に苦しむ人が多い中、商品も多様なものが開発されていますね。

 

 

花粉症>花粉症の対策と予防>花粉症の喉の痛みや咳 市販薬

 

花粉症になると、目や鼻だけでなく、 喉にも痛みや咳などの反応があらわれる人がいます。花粉が喉の粘膜に付着することで、炎症を起こしてしまうことがあり、 特にスギ花粉患者に多いそうです。また、鼻づまりにより口呼吸になってしまうため、喉が乾燥してしまうのも原因のひとつです。さらに、花粉症の治療薬によく用いられる抗アレルギー剤は、 だ液の分泌をおさえる働きがあるため、だ液の殺菌作用が十分働かず、 細菌やウィルスの感染リスクを高めてしまうのです。

 

花粉症でくしゃみをする人はよくいますが、咳をする人はどうでしょうか?それが結構いるのだそうです。花粉症で鼻水を大量に分泌し、それが少しずつ喉に流れて刺激されることで、咳が出ることがあります。喉がイガイガした感じがしたり、痰が増えたりするようです。

 

花粉症の症状から起こる喉の痛みや咳を治すには、根本原因である花粉症の症状をおさえる必要があります。市販薬では抗ヒスタミン剤が中心です。鼻炎薬や鼻炎カプセルとして売られています。

 

ただ、先ほども書きましたが抗ヒスタミン剤には粘膜を乾燥させる副作用があるので、喉をうるおす工夫などが必要です。ただ、市販薬は処方薬と違って効果もゆっくりであることや、他の風邪薬などと併用すると危険な場合があるということで、できれば医師の診断の元薬を処方してもらう方が安心です。

 

 

花粉症>花粉症の対策と予防>花粉飛散量と風向風速を知る方法

 

花粉症を抱える人にとって、花粉がどこでどのくらい飛んでいるか、それは何時間後にどこまで到達するか、などの情報はとても貴重なものです。近年はインターネットの普及によって さまざまなメディアから花粉情報を閲覧することができます。 公的な機関からの情報は、環境省から提供されています (なぜ気象庁ではないのでしょうね?)。「はなこさん」という名前のサイトで、花粉飛散状況を風向・風速と合わせて地図上で確認することができます。花粉症患者の増加を受けて、全国に花粉自動計測器を設置して、リアルタイムに状況を把握することができます。

 

民間では「ウェザーリポート」で花粉状況を提供しています。 ここでは気象データと一般協力者の情報をもとに作られています。キャスターによる動画番組「花粉ニュース」もあり、飛散量のシミュレーションをすることで風向も分かります。

 

また、「花粉なう」という医薬品会社が作ったサイトもあります。 1時間ごとの地域別の花粉飛散量と、24時間後の花粉飛散予測が分かります。複数あると花粉症の人も嬉しいですよね。花粉飛散量を見られるサイトの共通点は、今どういう状況かだけではなく、今後どうなるかの予測情報が充実していることです。それはきっと花粉症の人が求める情報なのでしょうね。そして、どれも携帯サイトに対応しています。花粉症の人は家のパソコンでじっくり検索するよりは、出先でリアルタイムな情報が欲しいということですね。

 

関連ページ

花粉症の症状
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
これって花粉症!?
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
花粉症 時期
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
花粉症 花粉の種類
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
花粉症 FAQ
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
花粉症 治療
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
花粉症の原因
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。