花粉症の症状

健康維持&健康回復を願う貴方へ>花粉症>花粉症の症状

 

 

花粉症の症状は、原因になる花粉や、花粉症の人の体質によってさまざまです。よく聞く花粉症の症状としては、鼻にくるもの、目にくるもの、その他にくるものがあるそうです。鼻にくるものは有名ですよね。 くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどです。 周りにいる花粉症の人も、たいがいがこの症状です。

 

あと多いのが目のかゆみ、涙が止まらないなどです。 コンタクトレンズの人は本当に大変そうで、花粉の季節だけメガネにしていたりします。花粉症の症状は目と鼻とばかり思っていましたが、皮膚にあらわれることもあるのだそうです。花粉症皮膚炎といって、目の周りや首筋など、皮膚が薄くて弱いところが炎症で荒れてきます。特に普段からアトピーの症状がある人がなりやすいのだそうです。また、のどに不快感を覚えたりする人もいます。のどがひどく荒れたり、息苦しかったり、喘息になったりします。

 

体のどこに異変があらわれるのか、どのくらいの重さになるのかは、本当に人によって違います。原因になる花粉の種類も違いますし、少量の花粉飛散量で重症化してしまう人もいます。花粉の量が2倍になったからって、症状が2倍になるわけではないのですね。本当は花粉症なのに自分では何年も気づいてなかった人が多いのは、花粉症の症状のこういう特性のせいではないかと思います。

 

 

花粉症>花粉症の症状>花粉症 と 疲れ

 

花粉症の人は、花粉症シーズンになるとすごく疲れるといいます。確かに、咳やくしゃみは思っている以上に筋力を使いますし、ずっと鼻水や鼻づまりが続いていては、呼吸もままならない上、頭痛もしてくるでしょう。あと、花粉症は体がアレルギー反応を起こしているので、 体内では白血球を作ったりアレルギー抗体を作ったりして、 活発に活動しているということも原因かもしれません。症状がひどい場合は、夜眠れないなんてこともあるでしょうし、花粉症薬の副作用には眠気やだるさが含まれるため、これを疲れと感じてしまうことも考えられます。なるほど、花粉症が疲れるというのは、納得のいく部分がたくさんあります。

 

しかし、花粉症の人は疲れてはいけないのです。なぜなら、疲れは花粉症の症状を悪化させます。人間は疲れをためると肥満細胞からヒスタミンが放出されやすくなり、 ヒスタミンはアレルギー症状を引き起こします。また、心の疲れ、つまりストレスも花粉症にとってよくありません。 免疫と心(脳神経系)は密接な相関関係にあり、 片方が崩れるともう片方も不安定になります。 ストレスとためることで花粉症が悪化したケースもよくみられます。花粉症→疲れ→花粉症悪化、という悪循環を止めるため、どこかで疲れを解消する手段を講じなければなりません。

 

花粉症>花粉症の症状>花粉症と頭痛

 

多くの花粉症の人々が頭痛に悩んでいるって知っていましたか?確かに、鼻水が止まらなくてすすっている状態が長くなれば頭痛もするでしょうし、目に違和感があって負担がかかっていても頭痛がすることはうなずけます。

 

しかし、現時点では花粉症と頭痛の因果関係は証明されていないそうです。不思議ですね、知っている人は多いのに。重い頭痛があまりにも長く続く場合は、蓄膿(ちくのう)を起こしている場合があるそうです。人間の顔の骨には副鼻腔という空洞があって、 その中に膿がたまって炎症を起こすことを蓄膿といいます。花粉症の人は長い間鼻水や鼻づまりを起こすため、蓄膿になってしまう人が多いのだそうです。その蓄膿の主な症状のなかに、頭痛があるのです。蓄膿はただのひどい鼻づまりなどではなく、重症化すると手術が必要な深刻な病気なのです。

 

蓄膿までいかなくても、花粉症で頭痛を自覚している人はたくさんいるのではないかと私は思っているのですが、まだそのあたりははっきりしないそうです。「花粉症で頭痛にはならない」と公にはそうなっているので、頭痛があるために花粉症ではなくて風邪だと自己診断してしまう人は多いのではないかという懸念があります。花粉症と頭痛との関連がはっきりすれば、対策もどんどん生れてくるのでしょうけど。

 

花粉症>花粉症の症状>花粉症と鼻水

 

花粉症で鼻水がずっと止まらず、 ティッシュが手放せない状態がずっと続くというのは、 とてもつらいことだと思います。鼻水の立場からすると、 体にとって異物である花粉を洗い流そうと 必死に働いているのですが、反応が過剰すぎるため、 体の持ち主からすると迷惑な存在になります。

 

花粉症の鼻水は風邪などの鼻水と違って、水のようにサラサラした「水っぱな」です。それが次々と止めどなく流れてくるので、いつも鼻をかんでいなければいけません。そのために鼻の周りが真っ赤に荒れてしまっている花粉症の人をよく見かけます。高品質でお肌に優しいティッシュが売れるのも分かります。しつこい鼻水に苦しんでいる花粉症の人の横で、ティッシュが山のようになっているのを見ると、いつも「体の水分が出過ぎているのでは?」と心配になります。鼻をかみ過ぎて脱水症状を起こすことはないのでしょうか?

 

実は鼻水は自動的に鼻から喉へと循環するようになっていて余った分だけ体外に流れるようになっているので、どんなに鼻をかんでも鼻水は1日100cc程度しか外に出ないそうです。鼻水を止めるには抗ヒスタミン剤や点鼻薬などがあります。あまり薬に頼りたくないという人も多いようで、鼻水に効くツボを押したり、鼻を温める・または逆に冷やす、花粉症の鼻水に効くお茶、食品、鼻の穴用マスクなど、さまざまな対策が紹介されています。

 

関連ページ

これって花粉症!?
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
花粉症 時期
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
花粉症 花粉の種類
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
花粉症の対策と予防
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
花粉症 FAQ
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
花粉症 治療
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
花粉症の原因
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。