更年期障害

更年期障害【更年期障害克服ナビ】>更年期障害 症状を軽くする方法

 

 

医師による更年期障害の治療のほかに、自分で症状を軽くする方法もあります。更年期障害の症状の重さは人それぞれですが、もともとの症状をさらに重くしてしまう要因があります。例えば、ストレスです。仕事や家事などで過度の負担を抱えていることは、大きなストレスになります。

 

また更年期障害の頃の年齢は子供の独立や職場の定年などさまざまな生活の変化が訪れる時期でもあります。急激な生活の変化や不規則な生活リズムは自律神経の乱れをもたらし、更年期障害に悪影響です。その他、過度なダイエット、偏食、運動不足、睡眠不足、肥満、喫煙なども更年期障害の症状を悪化させてしまう要因です。

 

さらに、あまりにも几帳面で完璧主義な考え方は、精神的なストレスの原因にもなります。更年期障害の症状を軽くするには、これらのマイナス要因と逆のことをすれば良いでしょう。すなわち、生活の上で重すぎる負担をひとりで抱えず、誰かを頼ることも覚えること。不規則なライフスタイルを改善して、バランスのとれた食事、適度な運動、質の良い睡眠を心がけること。なるべく大らかに、自分に心地よい考え方をして、心に負担をかけないこと、などです。自分を取り巻く環境と、考え方や精神状態が変わるだけで、更年期障害のつらい症状を軽くすることができるのです。

 

更年期障害とローヤルゼリーの関係

 

ローヤルゼリー効能

 

ローヤルゼリーの効能は数多く紹介されていますね。例えば、"更年期障害"の症状の軽減ですが、女性の体は、女性ホルモンによって体内から調整されています。この女性ホルモンとは、思春期といわれる少女から女性になる時期と成熟期を経て起きてくる更年期に大きな変化があらわれます。

 

更年期といわれる40歳〜50歳くらいになると、女性ホルモンのエストロゲン(卵巣から分泌される)の分泌量が少なくなります。このエストロゲンが減少すると、多量の発汗、心臓の拍動、自律神経のバランスが崩れます。症状としては、めまい、イライラ、ほてり、のぼせなどです。更年期障害の治療法では投薬もありますが、みな自律神経のバランスを正常にするのが目的です。 ローヤルゼリーの成分で"アセチルコリン"があります。アセチルコリンには自律神経のバランスを安定させる作用があります。

 

実際に更年期障害で体調を崩した女性に、ローヤルゼリーを摂取してもらう実験をしましたが80%以上の女性に効果があった事も報告されています。さらにアセチルコリンは、脳の神経細胞から神経細胞へ情報を伝えていく物質、特に記憶に関係の深い物質なので、ボケの進んだ人の脳内はアセチ ルコリンが不足していると言われています。このアセチルコリンを含む天然物は自然界でも数少なくローヤルゼリーで 不足したアセチルコリンを補えるなんで素晴らしいことです。

 

女性ホルモンの分泌を促すのにかかせないのがアミノ酸ですが、ローヤルゼリーには豊富なアミノ酸が含まれています。ローヤルゼリーを摂取する事でホルモンの変化が緩やかになり更年期障害 の症状が軽減すると言われています。

 

 

 

【更年期障害克服ナビ】>更年期障害 治る期間 完治するの?

 

更年期障害は完治するのでしょうか?また、治る期間はどのくらいなのでしょうか?まず、更年期障害は一定の年齢になれば必ず完治します。女性の場合、55〜56歳頃におさまってくる人が多いという統計があります。更年期 障害の期間は閉経年齢の前後5年ですから約10年間です。その間、一般的には最初に症状が強く現れ、徐々に穏やかになっていき、発症の期間は短く なっていきます。

 

男性の場合は、8〜13年くらい更年期障害の期間があるとされています。 女性よりも期間が長めですが、その分症状は緩やかです。60歳頃には治まる ことが多いです。ホルモン剤などで薬物治療をしている間は、更年期障害の症状は軽減しますが、完治したわけではありません。体自身がホルモンバランスの乱れを調整して自律神経の不調が戻るまでは、何らかの治療が必要です。そのため、更年期障害が治るための期間は数カ月から数年の長期間にわたります。

 

どんな治療をどのくらいする必要があるのかは、更年期障害の人の状態や希望、医師の考え方によって異なります。最も一般的なのはホルモン補充療法の「周期的療法」という投与方法で、毎日エストロゲンを服用し、1カ月の半分(10日程度)プロゲステロンを併用します。ただし、投与期間が5年以上など 長期間になると副作用が心配なので、もう少し緩やかな効果があるホルモン剤 に変えるか、漢方薬などの活用などが考えられます。

 

 

更年期障害の全て【更年期障害克服ナビ】>更年期障害の人との接し方

 

もし、家族が更年期障害になってしまったら・・・。それまで穏やかだった人が、急にイライラ怒りっぽくなったり、いつも気だるそうしていたら、家族としては心配や戸惑いがあることと思います。更年期障害になってしまった家族に対しては、どのように接したら良いのでしょうか?

 

まず、気づいてあげることが大切だと思います。更年期障害の症状は自覚症状が中心なので、周囲から見てすぐに分かるものではありません。また、本人が更年期障害だと分かっていても、更年期だと認めたくないために隠していることもあります。しかし、「疲れた」や「だるい」といった言葉が増えたり、些細なことで泣いたり、イライラして物や人に当たることが増えてきたら、更年期障害のサインかもしれません。更年期障害は環境的要因(家族・職場・社会)も大きく影響するものなので、何より身近な存在である家族の理解が不可欠です。更年期障害のことをよく知って、そのような状態にあるのは本人が一番つらいということを理解してあげましょう。

 

具体的にはどのような接し方があるでしょうか?とにかく、話を聞いてあげることと、さりげない気配りや優しい言葉が早い回復の手助けになります。しかし、人によっては「頑張って!」と励まされることや、身の回りのことをあれこれ世話をされるのを負担に感じる人もいるので、本人にとってどんなことが支えになるのか、よく見て、聞いてあげることが大切です。

 

関連ページ

更年期障害 症状       更年期障害チェック
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
更年期障害症状 女性
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
更年期障害 年齢       若年性更年期
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
更年期障害 病院     更年期障害 治療
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
更年期障害 薬       更年期障害 漢方
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
男性更年期障害
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
更年期障害と大豆イソフラボン
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。