更年期障害

更年期障害の全て【更年期障害克服ナビ】>更年期障害 年齢

 

更年期障害 年齢

更年期障害が認められる年齢は何歳くらいでしょうか?女性の場合は閉経前後の45歳から55歳の間と言われています。男性の場合は40代から60歳頃までと、女性の年齢幅よりも少し範囲が広くなっています。いずれも加齢による女性ホルモンもしくは男性ホルモンの減少で、自律神経や精神状態に影響があるためです。

 

しかし、この年齢の間は全ての人がずっと更年期障害に苦しむ、というわけではありません。更年期障害の症状が現れる期間や重さは人それぞれで、ずっと長い間同じような症状が続く人もいれば、更年期でありながらそのような症状をまったく感じないまま過ごす人もいます。

 

更年期障害 年齢

また、更年期でなくとも更年期障害の症状を抱えている人もいます。更年期障害はホルモンバランスの乱れによるものなので、何らかの原因でホルモンの分泌に変化があった人であれば、誰でも更年期障害になり得ます。例えば、疾患の治療などで子宮や卵巣の摘出手術を行った場合や、過度のストレスや運動などでホルモン分泌が減少した場合などが考えられます。最近は中高年に満たない若年性更年期障害の増加が問題視されています。更年期障害に気をつけるべき一般的な年齢は認識しておく必要がありますが、その年齢は環境によってずれる可能性があることも覚えておきましょう。

 

更年期障害の全て【更年期障害克服ナビ】>若年性更年期障害

 

若年性更年期障害

「若年性更年期障害」という言葉を知っていますか?これが最近増えてきているそうです。通常の更年期障害は平均閉経年齢の50歳を中心とした10年間に起こるとされていますが、20歳〜30歳代の女性に同様の症状が現れることを、「若年性更年期障害」と言います。別名「プチ更年期障害」とも呼ば れますが、「プチ」とつくからといって大したことがないというわけではあり ません。

 

若年性更年期障害は通常の更年期障害と同じように、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が低下することが原因です。しかし、そのエストロゲン減少のメカニズムが少し違います。 通常の更年期障害の場合、脳がエストロゲン分泌の指令を出しても、 卵巣機能が低下しているためにホルモンの分泌がうまくいかないためエストロゲン分泌量が低下します。

 

若年性更年期障害

一方、若年性更年期障害の場合、卵巣機能は正常なのに、ストレスなどのために脳がエストロゲンを分泌するよう指令を出せなくなってしまい、指令がないためエストロゲンの分泌が行われない、というメカニズムです。若年性更年期障害になるかどうかは、本人の性格や生活習慣に大きく影響されます。ストレスが多い、もしくはストレスがたまりやすい、痩せすぎまたは太り過ぎ、極端なダイエット、激しいスポーツ、喫煙、不規則な生活などは、若年性更年期障害につながる危険性があります。

 

関連ページ

更年期障害 症状       更年期障害チェック
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
更年期障害症状 女性
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
更年期障害 病院     更年期障害 治療
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
更年期障害 薬       更年期障害 漢方
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
男性更年期障害
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
更年期障害 症状緩和法 治療期間     更年期障害の人との接し方
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
更年期障害と大豆イソフラボン
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。