自律神経失調症

健康維持&健康回復を願う貴方へ>自律神経失調症

 

自律神経失調症とは?

 

自律神経失調症

内臓や器官に特に異常はないのに、頭痛や腹痛など様々な身体の不調が起ることを、「自律神経失調症」といいます。自律神経とは、内臓や血管の拡張や収縮、ホルモン分泌などをつかさどる神経系で、呼吸や代謝、消化、循環など、意思とは無関係の生命活動を常に調整しています。これによって人間は気温や環境の変化、精神的ストレスなどの刺激に対し、体内の状態を一定に保つ ことができます。

 

自律神経には、活動的でありたい時に働く「交感神経」と、緊張を解いて休息を取りたい時に働く「副交感神経」があり、この2つの相反する神経がバランスを崩してしまうと、自律神経失調症になってしまいます。多くの場合、交感神経が活発になりすぎるために起こります。

 

自律神経失調症

自律神経失調症は、頭痛や腹痛などの自覚症状を覚えて該当する病院にかかっても、「異常なし」と診断されることが多いのが特徴です。さらに、自律神経失調症の症状の表れ方は、体の一部分だったり全体だったり、精神的なものまで様々なケースがあり、しかも複数併発したり、症状が時期によってあったりなかったりします。

 

「自律神経失調症」は正式な病名ではありません。定義や概念については多くの説があり、自覚症状があるのに検査で異常が見つからない場合に、自律神経失調症と診断されることが多いです。

 

このサイトは、下記のような方の為に公開しております

  • 自分、家族、友人などが自律神経失調症で苦しんでいる
  • 自律神経失調症について詳しく知りたい
  • 自律神経失調症の症状を軽くしたい
  • 自律神経失調症を完治させたい
  • 自律神経失調症の名医を探している
  • 自律神経失調症の治療方法を知りたい
  • 自律神経失調症について疑問や質問がある

 

 

自律神経失調症>自律神経失調症 症状

 

自律神経失調症の症状は様々で、何か1つ特徴的なものがあるわけではありません。耳鳴りや倦怠感など、他の疾病にもよくある症状が多く、それが非常に多岐にわたります。また、発現する箇所や強さなどは、 人によって異なる出方をします。なぜ自律神経失調症の症状はこのように多彩なのでしょうか。

 

自律神経失調症

それは、自律神経は全身の器官をコントロールする神経だからです。よってその バランスが崩れると、影響する範囲は精神状態も含め全身に及びます。自律神経失調症で、体の一部に感じる症状としては、頭痛、耳鳴り、口の渇き、疲れ目、のどの異物感、手足の冷え・痛み・しびれ、肩こりが最も多く、又、動機・めまい・立ちくらみ等の循環器系、息切れ・過呼吸などの呼吸器系、腹痛・吐き気・下痢・胃の不快感などの消化器系の症状もみられます。全身症状としては、倦怠感・多汗・食欲不振・不眠・微熱など、精神症状としては、不安感・イライラ・無気力・記憶力や注意力の低下などがみられます。自律神経失調症の女性特有の症状として、生理不順や生理痛・不妊 などがあります。

 

いずれの自律神経失調症の症状も、副交感神経に対して交感神経が異常に活発すぎるためにおこります。例えば、口の渇きは交感神経がだ液の分泌量をおさえるためですし、動機は交感神経が心拍数を増加する働きをするためです。

 

自律神経失調症>自律神経失調症 チェック

 

あなたの自律神経は正常な状態でしょうか?自分が自律神経失調症かどうかを調べるには、いろいろなチェックリストや自己診断シートがありますので、気軽に試してみて下さい。質問項目や質問数などは出題者によって多少の違いがありますが、だいたい共通して以下のようなことを聞かれます。

  • 頭痛がする
  • 肩がこりやすい
  • めまいがする
  • 急に息苦しくなる
  • 手足が冷える、しびれる
  • 胸に圧迫感を感じる、動機がする
  • 下痢や便秘になりやすい
  • いつも体がだるい
  • 仕事や勉強に集中できない
  • 寝つきが悪い、よく眠れない
  • ちょっとしたことでイライラしたり腹を立てたりする

 

質問の内容は、手足などの体の一部に関すること、
心臓・胃腸・呼吸などの内臓に関すること、全身症状、精神状態について、まんべんなく聞かれます。該当する項目の数が多いほど、自律神経失調状態であるとされ、医師への相談をすすめられます。このような自律神経失調かどうかのチェックは、身体症状が器質的病変でないことが前提です。まずは内科などで似たような症状を起こす病気ではないか検査が必要です。また、自律神経失調のチェックではあまり深刻な結果ではなくても、治療が必要なレベルの自律神経失調症の場合もあるので、自己判断はせず、医師に相談するようにしましょう。

 

自律神経失調症記事一覧

自律神経失調症は何科?

自律神経失調症を治療するのに最も適した診療科は、「心療内科」です。心療内科とは心身症を専門的に扱う分野です。心身症とは、心理的・社会的要因が密接に関与した身体疾患で、このうち神経症やうつ病などの精神障害による身体症状を除いたものです。自律神経失調症はストレスや生活習慣などが原因で体に様々な症状があら...

≫続きを読む

自律神経失調症 検査/治療

自律神経失調症は定義や概念があいまいなので、診断が難しい病気です。よって、さまざまな角度から検査を行って総合的に判断することが大切です。検査によって確認すべきことは、主に以下の3点です。1.だるさやめまいなどの原因不明な不定愁訴がないか2.症状の似ている他の病変や精神障害がないか3.自律神経機能検査...

≫続きを読む

自律神経失調症 薬・特効薬・漢方薬

自律神経失調症に使われる薬は、頭痛やめまいなどの身体的症状や、不安やイライラなどの精神的症状を緩和するために使用されます。基本的に自律神経失調症の自覚症状をおさえるためのものであって、薬によって自律神経失調症 自体が治るわけではありません。しかし、耐えがたい辛さがある状態では根本的な治療が難しいため...

≫続きを読む

自律神経失調症 原因・改善  症状緩和方法

自律神経失調症がおこる原因は、休息やリラックスを促す副交感神経よりも、活動や緊張を促す交感神経が優位にあることで、心や体の回復が追いつかないことによっておこります。交感神経を活性化してしまう要因には様々なものがあり、また感受性もひとそれぞれ違うため、自律神経失調症の原因を一概に定義することはできませ...

≫続きを読む

自律神経失調症は完治期間   自分で治す方法は?

何をもって自律神経失調症の「完治」とするのかは線引きが難しいですが、身体症状から完全に解放されて、精神面でも社会的に問題なく生活できるようになれば、自律神経失調症が治ったと考えてよいでしょう。しかし、一時的な回復後に再発することはよくありますし、根本原因である心理的要因を完全に取り除くことは、環境や...

≫続きを読む

自律神経失調症とうつ病の違い

自律神経失調症とうつ病はよく混同されます。いずれも、気分の落ち込みやイライラなどの精神疾患と頭痛・肩こり・倦怠感・動悸・睡眠障害などの不定愁訴を伴うなど、共通点が非常に多いからです。特に、一見うつ病に見えない「仮面うつ病」の場合、ゆううつな気分よりも肩こりや頭痛などの身体症状の方に目立ってしまうため...

≫続きを読む

その他の精神疾患(神経症とは?

神経症とは、器質的に問題がないのに心身に機能障害を起こす精神疾患のことです。統合失調症や躁うつ病よりも軽度なもので、「パニック障害」や「強迫性障害」が神経症に当たります。「不安神経症」や「強迫神経症」という呼ばれ方もしますが、精神医学の分野においては、現在は使われない用語です。神経症は表面に出てくる...

≫続きを読む

その他の精神疾患(不安障害とは?

不安障害とは、明確な対象を持たないのに不安や恐怖を感じてしまい、それに対して対処できないために、行動面や心理面に問題を起こす症状を総称したものです。強い不安やイライラ、緊張感などの精神症状を抱えるほか、動機・頭痛・下痢・発汗などの身体症状にあらわれることもあります。神経症や鬱病と症状が重なり合う場合...

≫続きを読む

その他の精神疾患(対人恐怖症とは?あがり症とは?

恐怖症とは、特定のあるものに対して、他の人からは理解できないほどの恐怖感を覚え、心理的・生理学的に異常な反応を示すことです。対人恐怖症はその中の1つで、対人場面に不当に強い不安や緊張を示し、他人との社会的接触を避けようとする症状をおこします。そのため、社会的生活に支障をきたすこともあります。対人恐怖...

≫続きを読む