子宮の病気の全て

子宮筋腫・子宮内膜症 の全て>子宮の病気の全て>子宮内膜炎

 

 

子宮内膜炎

一人目のお産が終わって、1カ月ぐらいたったころだったと思います。お腹が痛くて痛くて、我慢できなくて婦人科に行きました。私がお産をした病院ではなくて、臨月になるまで通っていたところで、すごく評判のいい先生だったんです。そしたら、「子宮内膜炎」と診断されました。お産の時の内容物が完全にきれいに取れてなかったんです。そこから感染したようでした、すぐに子宮の中を綺麗にして頂いて、抗生物質のお薬いただきました。幸い悪化せずに済みました。やっぱりお産をする病院は選ぶべきですね。。。

 

子宮内膜炎とは、子宮内腔をおおっている内膜に炎症が起きる病気で、細菌感染が原因です。主な症状は、下腹部の不快感、下腹部の痛み、微熱、不正出血などなど・・・子宮内膜炎は、急性と慢性とがあり、急性子宮内膜炎は、子宮内膜の機能層に感染が起こっているもので、月経時に機能層が剥離(はくり)することにより細菌も排出されて、自然に治ることもあります。慢性子宮内膜炎は、感染が子宮内膜の基底層までおよび、月経時に基底層が排出されないため感染は慢性化します。基底層に残る細菌は、再生されてくる機能層でふたたび感染するため、経過は慢性化してしまうんです。

 

子宮内膜炎

子宮内膜炎の予防は、とにかく子宮内への細菌の侵入を防ぐこと!通気性のある下着を選び、局部を常に清潔にしておくことですね。特に、出産後は特有の出血が起こり、血液などが付着するから要注意です。また、性行為も原因になりますので、充分に気をつけて下さい。子宮内膜炎は、進行すると 不妊症の原因になることもあるので、早期発見 ・早期治療を心がけましょう。結核性子宮内膜炎や老人性子宮内膜炎では慢性に経過します。老人性子宮内膜炎では、子宮頸管の狭窄や閉鎖を伴うと子宮瘤脳腫を形成することもあります。

 

治療法としては、抗生剤を使用します。元になっている菌が特定されるまでの間は、どんな菌にでも対応する抗生剤を使用します。また、消炎薬を併用することもあります。流産後や分娩後では子宮収縮薬を併用することで子宮内腔に残った組織の排出を促すこともあります。 子宮瘤膿腫(膿の塊ですね)を形成している場合には、頸管を開大し、膿を出さなければいけません。

 

 

子宮筋腫・子宮内膜症 の全て>子宮の病気の全て>卵巣膿腫について

 

子宮内膜炎

卵巣膿腫は発見が難しく悪性に変化する事もある大変怖い病気です。一般的に卵巣の病気は、症状が出ないため、本人も気付かないうちに相当悪くなっているケースが多いです。現に、私と病室が一緒だった何人かの人は、卵巣膿腫でしたし、かなりの長期入院を強いられていました。卵巣膿腫はいくつかの種類に分けられます。皮様のう腫・漿液性のう腫・偽粘液性のう腫などです。

 

卵巣膿腫 皮様のう腫とは、ドロドロした脂肪や髪の毛、歯、皮下組織などが入っているのう腫で、卵巣に含まれる細胞が変化し、成長ホルモンによって発育したものだというから驚きですね〜(゜ロ゜)ギョエ!!
ほとんどが良性で大きさは数センチ大から子供の頭くらいまで。卵巣腫瘍の約1割強を占め、20代〜40代に多い病気です。鶏卵以上の大きさなら摘出したほうがいいですよ。大きくなったまま放置すると茎捻転を起こして卵巣自体が壊死することもあります。

 

 

子宮内膜炎

卵巣膿腫 漿液性のう腫とは、卵巣膿腫の中で、最も多く発症する病気です。黄褐色の液体が内部にたまった症状です。それが一つの袋で形成されるものといくつかの袋で形成されるものがあるそうです。 大きさは平均して、人のこぶし大。10代〜30代の人がかかりやすいです。これも多くは良性ですが、稀に悪化する場合がありますから要注意です!皮様のう腫と同じく、茎捻転を起こすこともあります。

 

卵巣膿腫 偽粘液性のう腫とは、ゼラチンのようにドロッとした液体がたまるのう腫で、中高年の女性に多いそうです。 腫瘍の中でもっとも大きくなるもので、一番大きいのはなんと大人の頭大になりますΣ(゚ロ゚;) よくこんなのがあの小さい卵巣にと思いますよね・・・・いずれにせよ、ほっとけない病気の一つです。

 

卵巣膿腫 検査は、内診・超音波(エコー)・CT・MRI・腫瘍マーカー(癌の進行と共に増加する生体因子?)といわれる血液検査
などで、症状に応じてやります。卵巣膿腫 治療方法は、卵巣の場合は、良性と悪性の区別が難しいので、手術でとってしまうのが一番安心できます。

 

子宮筋腫・子宮内膜症 の全て>子宮の病気の全て>子宮下垂、子宮脱

 

子宮内膜炎

普通ならば、子宮の位置は骨盤の中央部にあります。それが下がってしまったものが、「子宮下垂」で、下がり過ぎて膣口からはみ出したものが「子宮脱」なんです。それによって、膀胱や直腸も一緒に下がってきます。そうすると、便秘や腰痛、腹痛を起こしたり、排尿が困難になったり、逆に失禁したりしてしまいます。女性は大変ですね(〃´o`)=3 フゥ  主に多産の人や重労働の人に多いそうです。あとは高齢の人にも多いです。筋力が衰えるからですね。エネルギー不足の人にも起こります。虚弱体質や運動不足、疲れやすい人なども。

 

子宮下垂、子宮脱の治療法としては、ペッサリーを用います。ペッサリーを挿入することによって子宮が脱出しないようにするのです。ペッサリーは入れたままには出来ないので3ヶ月に1回ほどは診察をうけ交換します。また、手術によって治療を、子宮そのものを摘出して膣を縫う方法や至急頸部を切除して子宮を温存する方法もあります。

 

女性の体は、男性の体と違い、運動をして筋肉をつけるようには出来ていないんです。女性の体には、膣という開口部があるため、極端に動いてしまった場合、上にある物が下に落ちてしまう危険性があるんですね。女子中高生がマラソン中に突然死するのはこれが原因です。運動中に子宮が下がりすぎて、膣の外まで出て、急激に、食道、気管 をひっぱるので、細くなった気管に酸素が入らなくなり、呼吸が出来 なくなって死に至るんです。死後いくら調べても、死後硬直のため、子宮は元にもどり、原因不明の突然死、急性心不全という診断しかなされません。「女の子は足を閉じて座りなさい」というのは、単なる躾け、作法ではなく、体をいたわるために、昔から女性に言われ続けてきた事です。でも他の部分は男性よりも優れているところが沢山ありますから悲観しないでください。子供が産めるのは女性の特権です。しかも、あのつらい分娩に耐えるのですから、凄いことです!

 

 

子宮筋腫・子宮内膜症 の全て>子宮の病気の全て>子宮後屈

 

子宮後屈

子宮の通常の位置は前屈で、お腹の方に広がっていますが、子宮後屈とは、逆の背中側に広がってしまう事です。普通では何の支障もないし、病気でもないのですが、子宮後屈の原因に子宮内膜症が関わってくると、いろんな症状が出てきます。月経痛がひどくなったり、月経以外のときでも痛みがあったり性交痛があったり・・・・・・こうなると、手術で治さなければいけません。でも、こうしたケースは稀ですから、いくら「貴女は子宮後屈です。」と言われたとしても、そんなに心配する事はありません。

 

子宮後屈の手術治療とは、腹部を4〜5p切開し、マイクロサージェリーで子宮を正しい位置に戻してあげ、体内で溶ける糸で縫合して終わりです。炎症や感染症の合併症が起きないように、治療は無菌室での治療になります。

 

注釈:マイクロサージェリーとは、マイクロスコープを使ってする手術の事です。顕微鏡で拡大した部分を見ながらの手術なので、肉眼での手術よりも安全です。

 

子宮後屈/手術治療の注意点
@手術後1週間は安静です!
A手術後4週間は運動や重いものの持ち運びは禁物です。
B手術後50日ぐらいは性行為もダメです。

 

子宮筋腫・子宮内膜症 の全て>子宮の病気の全て>子宮頸管炎

 

子宮頸管炎

子宮頸管炎とは、子宮の下部にある子宮頸管に細菌が感染して起こる炎症の事です。原因は、タンポンの入れ忘れ、避妊具の挿入時、妊娠中絶時に傷が出来た場合などなど・・・・・その他に、クラミジア、淋菌などの性感染症によって起こる場合もあります。症状は、おりものが多くなる、排尿痛がある、発熱などです。

 

子宮頸管炎の治療方法は、抗生剤、点滴、それから消炎剤を膣内投与するなどです。炎症が激しいと、不妊の原因になったり、慢性化することがあります。性感染が原因の場合は、パートナーの方の受診も必要になってきますので、ちゃんとお話しして下さいね。女性の病気はどうしても恥ずかしさから、ひどくなってから来院する方が多いですね。婦人科の医者はそれが専門なのですから、大勢のそういった患者さんを診ています。どうか、恥ずかしがらずに、ちょっとでもおかしいと思ったら診察を受けて下さいね。

 

子宮筋腫・子宮内膜症 の全て>子宮の病気の全て>子宮奇形

 

子宮奇形とは、先天的に子宮の形に異常があることです。普通の子宮は楕円の形をしています。

  • 双角子宮=子宮底部が角のように分かれて子宮の中に壁を作りハート型をしているもの
  • 重複子宮=子宮と子宮頸管が2つあるもの。

などがあります。

 

子宮奇形の状態のまま妊娠した場合は、厳重な安静が必要です。出産時も、 帝王切開になる事が多いので、大きな病院での検査や受診が不可欠です!子宮に奇形 があっても、出産している方はたくさんいますから、日頃の生活に気をつけていれば、大丈夫です。また、非妊娠時に手術を受けられる場合もありますから、医者とよく相談してくださいね。

 

子宮筋腫・子宮内膜症 の全て>子宮の病気の全て>子宮膣部糜爛

 

子宮膣部糜爛

子宮膣部糜爛(しきゅうちつぶびらん)とは、子宮の下の膣の周辺にただれができることを言います。宮膣部糜爛(しきゅうちつぶびらん)の原因は卵胞ホルモン(エストロゲン)の活性化に関係があり、月経のある女性の約7割、または出産経験のある女性の場合は、そのほとんどの女性に、偽糜爛があるようです。普通のただれでは、病気とは言えませんが、子宮頚癌の初期症状の場合もあるので、検査を受けるべきです。性交後の出血や、おりものがある場合もありますが、特に治療を必要としないこともあります。

 

ただし、糜爛(びらん)部分の大きいものや、性交後の出血、ただれを繰り返す場合は、一旦、びらん組織を破壊し、新たに組織を修復させることが唯一の治療となります。その方法としては、薬物焼灼、電気焼灼、冷凍凝固、円錐切除などがありますが、外来で手術が可能で、再発の可能性の少ない高周波凝固法が最も適していると言われています。膣分泌物の量を減らし、かつ癌の予防の意味からも糜爛を治療することをお勧めします。

 

注釈
高周波凝固法とは、100℃の高周波で組織を蛋白凝固することで、時間は10分程度、痛みも生理痛程度で、麻酔もいりません。術後は、4〜6週間は通院が必要で、許可が出るまでは、性生活は慎まなければいけません。

 

 

子宮筋腫・子宮内膜症 の全て>子宮の病気の全て>子宮頸管ポリープ

 

子宮頸管ポリープ

子宮頸管ポリープとは、粘膜から発育したイボです。子宮内に出来るものは、 頸管と内膜にできるものです。大きさは3ミリ〜5ミリ程度で、大きいものでも1センチほどです。子宮頸管ポリープに痛みはないのですが、簡単に出血するようになります。たとえば、性行為の後や内診した後です。内膜にできるポリープの場合は、稀に不正出血や重い生理痛、貧血を伴うこともあります。子宮頸管ポリープとなるはっきりした原因はまだわかっていませんが、細菌感染によるものだと考えられているそうです。子宮頸管ポリープの治療は、小さいものであれば、外来で鉗子で取り除くことができますが、大きいものは、出血量が多くなるので、手術室で取り除きます。短時間でできる簡単な手術です。内膜の場合は、簡単な内膜掻爬手術を行います。約20分程度の手術で、生活に支障をきたすようなものではありません。

 

子宮頸管ポリープの摘出手術は妊娠中でも影響はないとされています。子宮頸管ポリープを取るとすれば、安定期に入ってからですが、医師によって見解が異なります。ポリープだと思っていたものが、まさかの癌だったってこともあるので、組織検査は必ずします。また、子宮頸管ポリープは、不妊の原因の一つでもあります。受精卵は内膜に着床して成長するのですが、このポリープが邪魔をして、着床出来ない事がよくあるからです。しかし、見落とされがちな原因の一つです。

 

関連ページ

子宮について
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
子宮筋腫とは?
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
子宮筋腫の症状
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
子宮筋腫の治療(病院の選び方
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
子宮筋腫検査方法
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
子宮筋腫の治療方法
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
子宮筋腫 手術
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
子宮筋腫 術後(治療後の生活
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
子宮全摘出によって起こる症状
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
子宮内膜症
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
子宮筋腫と妊娠の関係
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
妊娠中の子宮筋腫
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
妊娠関連の子宮の病気
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。