子宮筋腫・子宮内膜症

健康維持&健康回復を願う貴方へ>子宮筋腫・子宮内膜症 の全て

 

子宮筋腫の発症率が高い年代は多い順に、40代、30代、50代、20代で、30歳以上の女性の30%が子宮筋腫を発病しています。女性にとっては、子宮筋腫は非常にメジャーな病気の一つです。今のところ最年少発症年齢は13歳、最高齢発症年齢は70歳です。

 

また、生活習慣が似ている事から、子宮筋腫を患った家族がいると子宮筋腫発症率は、子宮筋腫になった身内がいない人に比べて数倍です。

 

子宮筋腫は子宮に出来る良性の筋腫で命に別状はないと言われてはいますが、 固いグリグリがどんどん大きくなり妊娠しているかのような様になります。 コブ上にできる子宮筋腫と、有形漿膜下筋腫と言われるキノコの様な形に なる子宮筋腫の2種類があります。 1個だけ出来る場合も有れば、沢山の数が鈴なりにできる場合も有り 子宮筋腫は恐ろしい病気です。

 

あまりに筋腫を野放しにすると、筋腫の真ん中の「核」が壊死してしまい緊急手術で除去しなければ、悪性に変わる危険性大となり自己判断での子宮筋腫の放置は命にかかわります。きちんとした腕で尚且つ人間的にも信頼できる誠実な医者を選ぶことが何よりも肝心です。

 

このサイトでは自分が子宮筋腫になった経験から 健康を維持する予防方法や子宮筋腫の治療法や注意点など様々な情報を お伝えしたいと思います。 皆さまのお役にたてれば幸いです。

 

子宮筋腫・子宮内膜症記事一覧

子宮について

子宮とは、皆さんご存知のとおり、胎児が育つ場所ですね。 非妊娠時の大きさは上下に6〜8cm程度、幅が4〜5cm程度の 本当に小さな臓器です。その上に二つの小さな卵巣があり、 それが卵子を作る役割を果たす機能になっています。なぜに子宮は妊娠した時にあんなに大きくなれるのか?不思議ですね。そのなぞとは・...

≫続きを読む

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは、子宮の壁を形作っている平滑筋にできる瘤のような腫瘍のことです。 子宮筋腫は良性の腫瘍なので、他の臓器や筋肉・骨などに転移するこ とはほとんどありません。顕微鏡でやっと確認できる大きさのものが少しずつ 成長していって、数十センチにも達することがあります。子宮筋腫の色や硬さは様々ですが、ソ...

≫続きを読む

子宮筋腫の症状

それでは、子宮筋腫の症状を出来る限り挙げていきたいと思います。比較的軽い症状月経期間が長くなる月経出血量が多くなる不正性器出血が頻繁に起きる強い月経痛が起きる子宮筋腫が大きくなると・・・・・膀胱圧迫症状で、おしっこが非常に近くなる便秘になる下腹部が出っ張ってくるもっと怖い症状子宮の外に発育していくタ...

≫続きを読む

子宮筋腫の治療(病院の選び方

婦人科は誰もがあまり行きたくない病院のトップに入るんじゃないでしょうか? あの診察台に乗るのかと思うとゾッとしますよね〜 だからこそ、慎重に選ぶべきです。自分の体なのですから。私が今回の当たりのお医者さんを選んだ理由は、周りの人の評判でした。それに、兄のお嫁さんも出産のときはそこでしたので、 病室な...

≫続きを読む

子宮筋腫検査方法

子宮筋腫の検査ってどうするの?みなさんが一番不安で怖いのがこの検査ですね。 内診では子宮の状態がわかります。また、子宮の周囲の癒着や炎症、痛みのある部分なども、 患者さんの訴えた事に対しての確認ができます。 そう考えると内診は大変重要な診察ですね。筋腫などもこの内診で、子宮に硬いしこりがあるとわかり...

≫続きを読む

子宮筋腫の治療方法

子宮筋腫の治療は、進行具合や症状によって違います。 主たるものは、保存的療法(対症療法)、ホルモン療法、外科手術療法、手術以外の最先端医療が挙げられます。1)対症療法筋腫が小さめで無症状の場合は、「保存的治療」を行います。保存的治療と は、強めの月経痛や月経過多、貧血を和らげるための対処療法のみ行い...

≫続きを読む

子宮筋腫 手術

子宮筋腫 入院 入院期間入院期間を検査から手術、手術後帰宅を許されるまでの期間と考えると、通常の子宮筋腫手術の場合、約2週間といったところです。麻酔からは殆どすぐに覚めましたね。そして、背中の脊椎のところから管を通して鎮痛剤の点滴をつけます。私はこの点滴が効かず、他に座薬も使用しました。抜糸はしなく...

≫続きを読む

子宮筋腫 術後(治療後の生活

子宮筋腫の手術後の生活については、筋腫核のみに摘出であったのか子宮全摘出であったのか、または開腹手術であったのか腹腔鏡や膣式であったのかによって、気をつけるべき度合いや期間が変わってきます。ここでは例として、子宮筋腫治療として開腹手術で子宮全摘出を受けた後の生活について書いておきます。あくまでも目安...

≫続きを読む

子宮全摘出によって起こる症状

一番気をつけて頂きたいのが、手術後の体の変化です。私の場合は、子宮と両方の卵巣全部を採りました。女性ホルモンは、卵巣から作られます。 それが無くなると、ホルモンのアンバランスで、自律神経に支障をきたしてしまうおそれがあるのです。いわゆる更年期障害みたいなものですね。私ぐらいの年では、子宮のある人でも...

≫続きを読む

子宮内膜症

子宮筋腫も子宮内膜症も、ガンではない良性の婦人疾患で、成人女性に多く、すぐに命にかかわるような深刻な病気ではありません。この2つの共通点や違いについて見ていきましょう。まず、子宮筋腫というのは、子宮の筋層に発生した良性腫瘍のことです。そして、子宮内膜症は、本来子宮の内膜にあるはずの子宮内膜組織が、子...

≫続きを読む

子宮の病気の全て

一人目のお産が終わって、1カ月ぐらいたったころだったと思います。お腹が痛くて痛くて、我慢できなくて婦人科に行きました。私がお産をした病院ではなくて、臨月になるまで通っていたところで、すごく評判のいい先生だったんです。そしたら、「子宮内膜炎」と診断されました。お産の時の内容物が完全にきれいに取れてなか...

≫続きを読む

子宮筋腫と妊娠の関係

子宮筋腫手術 将来妊娠する可能性ってある?子宮筋腫の摘出手術をした後、将来妊娠できる可能性について心配な方が多いと思います。結論から言うと、子宮全摘出をしない限り、術後の妊娠は可能です。実際、不妊治療の一環として子宮筋腫核摘出手術を受けることがあるくらいです。子宮筋腫は、条件によっては妊娠を妨げる要...

≫続きを読む

妊娠中の子宮筋腫

子宮筋腫がある状態で妊娠してしまった場合、どうすればよいのでしょうか?子宮筋腫があっても問題なく自然分娩に至る人も多くいますが、 以下の2点に十分注意する必要があります。1つは、子宮筋腫は流産・早産のリスクを高めるということです。妊娠初期であれば、筋腫が血管を圧迫するため胎盤の栄養状態が悪くなり、受...

≫続きを読む

妊娠関連の子宮の病気

女性の体は、妊娠と同時に、いろんな症状を巻き起こします。特に初めての妊娠の場合は、身体が適応するのに時間がかかり、2度目や3度目の妊娠とは比べものにならないくらいに辛い時もあるでしょう。まずなによりも、身体と心の安定が必要になります。周りの人のささえも必要になるでしょう。これから10月10日、頑張っ...

≫続きを読む