ストレス 人間関係

ストレス 人間関係>人間関係〜友達と人脈

 

 

ストレス 人間関係>友達がいない人の特徴

 

友達がいない人の特徴には、いろいろな種類があります。とはいっても、人それぞれ価値観の基準が違うので、その人が少ない、と思う事が、いない人と言えるのか、一人しかいなくても自分はそれでいい、と思っている人が一般的にいないと言えるのか、他者が他者の基準で決めつけることは出来ません。ここでは自分が少ないと思っていて、今よりも多くしたいと思っているという想定でお話しします。

 

おそらく、なかなかたくさんの友達と現在交流がない自分の境遇に満足できず、改善をしたいと考えているのではないかと思います。あなたにとって、友達のシェアーの割合が実生活の中でよいバランスではなく感じていると思われます。つまり、自分が望む状態ではないと感じていると思われるのと同時にどうしたらそれを解消できるのか、わからず悩んでいる状態ではと思います。

 

友達がいない人の特徴として、自分の中で不確定な理想がありつつ、現実の中でそれを実現できていないという空想の範囲で答えを探してしまっている、という事があります。友達ときっちり区分けをしても、現実の社会の中で関わる人たちがたくさんいる中、友達になる人はこうでなければいけない、これ位いなければいけない、と決めてかかって、理想通りの友達が必要だ、と思ってしまっているのです。

 

友達は、そんなに決められたものではありません。理想で決められるものではありません。10代の若い人と、60代のおじいちゃんだって何かの趣味で仲良くなり、お友達になっていたりもします。既成概念を小さく作り、自分の考えで相手を友達か、そうでないか、決める物ではなく自然にそうなるという物です。理想を追いすぎると、本当の意味の友達ができにくくなります。肩書ではなく、あなたにとって、良い友達であれば、周りの人が「あの人が友達?」と言っても気にすることはありません。相手と自分が、ちゃんと意思疎通のある一方通行ではない関係があるのであれば、堂々と友達だ、と言っていいのです。

 

ただ、一方で友達だと思っても違った、という結果になってしまう、という人の特徴はこの一方通行の考え方で意思疎通がはかれていなかったという場合があります。友達と言える人がいたとして、あなたに本当のことを言われて素直に受け取る覚悟が日ごろからちゃんとあるのかどうか。相手を思いやって言いにくい事を言われてもちゃんと聞く素直な気持ちがあるか。あなたに心地よいだけが友達関係ではありません。友達がいない人は、自分のダメな面を人から指摘されることに対して素直に心を開く事が出来ない閉鎖的な自尊心を持っている傾向があります。

 

まず、自分で自分自身を問いただす勇気があるか、ダメな部分を自覚する事が出来てるか。友達がいないと嘆いているなら、まず自分を問いただすことが出来ず、でもうすうすそれに気づいている時なのではないかと思います。まず、心を許せると思った人に、または自分で自分自身に、ダメなところを語れるようになってみてください。形ではなく、本当の気心知れた友達の意味を知ることが出来るようになれば、あなたの友達に対する満足感が得られると思います。いるか、いないかの悩みが解決されることになると思います。

 

 

ストレス 人間関係>友達がいない原因

 

友達がいない原因は、どういった物があるでしょうか。友達同士でも、信頼関係が必要です。友達だから、何を言ってもいいというのはかなりの傲慢です。明るいノリの大人数のグループであれば、その中の空気やノリにちゃんと順応でき、楽しさを共有することが出来なければいけませんし、それはちょっと無理、というなら、静かな自分に合った事を共有できる相手やグループを選択すればよいと思います。

 

でも、ここでお悩みなのはそんな趣味など自分に合う集団を見つけても、その中でどうしてかうまくかない、作ろうとしているし、いろいろな所に積極的に参加しているのにダメなんです、という方だと思います。でも、相手があっての人間関係ですから、ちゃんと伝わっていなければ意味がないのです。お互いにちゃんと実りがあってこそ、よい関係だと言えます。時々、何でも言い合える人だし、友達だから、相手も言ってくれればいいのに、絶交されてしまった。という方がいます。友達だから何を言ってもいいという物ではありません。多くを満たしてくれるのが、友達であり親友であるとは、ちょっと勘違いであるといえます。

 

反対に友達であれば、くだらない事でもなんだか大笑いしてしまう、そんなばかになれるこの感じが好き、という漠然としたものでもいい友達になってしまえるのです。多くを期待して、もらえるだけなのが友達ではありません。なんだか、この人とお茶を飲むと美味しい。そんな事でも「お茶に行かない?」と思えるきっかけですし、反対にそう思ってもらえるような自分であれば誘ってもらえるでしょう。

 

また波長が合うから何か特別説明しなくてもいいんじゃないか、と思う人も多くいますが、自分の伝えたいことをちゃんと伝えずにいるのも傲慢です。相手がわかりやすいように、思いやりをもって説得力があるように伝えるのも信頼関係を築く上で重要です。友達は、それ自体は何の拘束力もありません。仕事の仲間の中の友達でも、友達を解消すればただの仕事仲間になってしまいます。それゆえ、本当は関係を維持することは難しい存在なのです。

 

また友達は、自分を映す鏡でもあります。自分が自分でわからない時、見ていてくれているのも友達です。だからこそ大切にすべき存在であり、お互い思いやる気持ちがあってこそ、維持できる関係ですので、自分の都合の良い相手が友達だ、と考えるのは間違っています。多くの場合、そういった勘違いから友達は去っていくと言えます。相手に対して、甘える事が友達関係だと思う気持ちがある人は、それは間違っているという事に気付いていただく必要があると思います。

 

友達同士でも、お互いを束縛しない、ソフトなルールがあります。信頼関係の中のルールを、親しき中でも守る事が出来てこそ、お互いに得るものがある関係になれるのです。友達だと思う相手に、過剰に期待をしていないか、自分を見つめてみてください。

 

 

ストレス 人間関係>友達の作り方

 

では、実際友達はどうやって作ればいいのか、友達の作り方ってどうしたらいいのか。具体的な例として、例としては適切ではなさそうなナンパを紐解いていきます。ナンパする際、まず自分の好みの人を探します。かわいい人、きれいな人、好感が持てる人、感じがいい人という点では、友達も この人いい人そう、と思える人に話しかけたい心理は一緒です。

 

そうして、この人いいかも、という人を選びます。さて、その人は忙しそうでしょうか。時間がなさそうでしょうか。暇を持て余してそうでしょうか。話しかけるタイミングを相手の邪魔になっては嫌な印象を持たれてしまいますので、そのあたりは見極めが必要です。相手の状況を理解した上で、話しかける内容、タイミングを決めましょう。

 

もし忙しそうであれば、「時間無いと思うけど、どうしても素敵だったから話したくて」などと言えば悪い気がしないかもしれません。友達なら、「忙しそうだけど、何か手伝おうか?」という感じになるかもしれません。見返りを必ず求めていない感じにした方がベストです。

 

時間を持て余してそうな人でも、気付いていない、そうじゃない風に「待ち合わせですか?」などと聞きます。「暇そうでしょ」などと決して言ってはいけません。(ただ、相手が強者そうできついやり取りが楽しそうな相手であれば、自信があればそう言ってもいいケースもあったりします。相手によって、変幻自在に対処できれば効果あります。)

 

その時、一つ重要なのは、自分の見られている印象です。どうしても容姿に自信がない、という人が多いと思います。かっこいい人も、そうでない人も、びくびくしている人は不思議と嫌がれるものです。かっこよくても、そうでなくても、堂々と(できなければ自然な感じで)いることが決め手です。なぜなら、相手が見たときに、相手の人もしっかり(瞬時に)判断をしたいと思うからです。びくびくしていると、相手の人は自分を受け入れてくれない、受け入れる余裕がないと判断してしまいます。 基本、相手を思いやった気持ちで接してあげてください。

 

装いのセンスや、趣味も同じ傾向な人が無難です。安心という点と、こういう人とお近づきになりたいと思うなら、同じ傾向の見た目になっておくこともポイントです。初対面の人にも、相手を思いやる気持ちで「はじめまして」というと好感が持たれる傾向があります。上から目線でなく、温かい気持ちでいると、1対1の面接などでも意図していなくても好感が持たれている事が多くあります。

 

そのあとは、具体的に自分がどうしたいか、相手はどうしたいか、ちゃんと聞いてあげてください。今でなくても、今度こうしたいけど、どうですか?と具体的に尋ねるのもいいと思います。なみに、接客業の達人は、相手の様子で何を考えているか察知して、心の中のつぶやきに対して話を始めます。はたから見ると、唐突なことを話しかけるように見えた次の瞬間、ちゃんと会話が成り立っています。受け入れる側が、どれだけ奥行きを持っていられるかによって入ってくる人が増えてくるという事です。器と言ってしまえばそれまでですが、受け入れる側がどれだけの理解を深くすることが出来ているかによって、人が入ってくる量が増えてくると言えると思います。

 

あなたが、まずその人に対しての理解を深めるという事を実践していけばいいと思います。なにも、ナンパを積極的にしなくても、小説や映画を見ていろんな事例を多く取り入れることもできますので、労をおしまず、いろいろ興味を持って探ってみてくださいいろんな人がいますが、意外と人は共感が持てる同じパターンの行動を持っています。人は共感を持つことによって絆が出来たりします。

 

あるあるネタなど、お笑い芸人さんのネタが、知らない事だと面白くありませんが、みんなが経験のある知っている事だからこそ面白く感じます。共感できる感覚を人間同士は必ず持っていますので、相手もこれはいいと思う事を、日ごろからチェックしておき、頭の中にとどめておいてぜひ使てみてください。

 

 

ストレス 人間関係>人脈を広げるメリット

 

時々、地球上の中で、「自分はひとりで生きていける」と豪語する方がいます。若い人に多いですが、そういってしまう人のほとんどが自分の力で生きていない人ばかりです。地球上で生きるためには、空気を吸って呼吸をするだけでも植物の光合成での酸素の供給を受けています。誰の恩恵も受けていないという究極の盲目は、この宇宙で存在しない事実です。人とのつながりも、この世界に生を受けた時点で、ないはずがない現実です。人とつながって生きていくのがめんどくさいという考えは、持っていてもいいですが観念して今すぐわきに置いていただきたいと思います。

 

人は、人と相対して自分の存在価値を確認することが出来ます。どこまで枝を伸ばすかは、個人の個性と違いがありますが、そうしていく構造が、自然とあるという事をちゃんと見つめてみることが必要です。どこまで先を見つめられるか、それがあなたがどうしていきたいか、一つ一つこなしていって、少しずつ先に進んでいけるのです。

 

社会で人がかかわらない事はありません。物だって人の手を介して手元にやってきます。常に人とつながっているという事実をちゃんと見つめて、その先に誰がいるのか、どういった意味があるのか、考えるだけで物でもなんでも存在の意味の重さが違ってくるでしょう。多くの人とつながり、多くの感情と向きあい、あなた自身が多くの感情を理解し多くの人と人脈を広げられるという事は、あなた自身の人格の大きさを広げられているという事に比例するのです。

 

人脈を広げるメリットは、あなたの利害という観点での成果はなく、自然の中でのあなたの枝の長さ、人生の中でのあなたの枝がどこまで伸びていくかの結果の現われなのです。はたから見ると、人脈という言葉は羨望的比較対象的扱いをされがちですが、それは結果論だけだということを、自信が枝を伸ばしていただくことで自ずと実感していただけたらと思います。

 

様々な物から恩恵を受けて生きている分、自身の存在も必要とされるのが人生です。人脈が増える毎に、他から自身が必要とされる、という状況の方が増えてきます。自分のメリットの為につながろうとすると無理があり増加することはなく、反対に必要とされる自分の役割がわかっている人ほど人脈は多くなります。狡猾な人には、多くの恩恵はもたらされない、所謂昔話そのままです。

 

自分が、どうしたら役に立てるのか。自身が得意なことは何なのか。自身のできることは何なのか。本当に必要とされているのか、どういったとことが足らないのか。そういった答えを求めるとき、他者との対峙が、必ず必要になってくるのです。人に見てもらわなければ、天才ですら宝の持ち腐れになります。人の評価があってこそ、才能も能力も世の中に出てくることが出来るのです。何事にも、人とのつながりは必要不可欠の要素だと言えることを常に念頭に置いていただけたらと思います。自分の能力を世間に反映させていくために、人脈という道筋を有効活用してください。

 

関連ページ

人間関係 苦手 克服
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
苦手な人との付き合い方
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
婚活〜結婚したい貴方へ
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
自衛隊員と結婚したい
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
有利な離婚/離婚後の生活
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方