ストレス 人間関係

ストレス 人間関係>苦手な人との付き合い方

 

人間関係の中で苦手な人との付き合いも避けられないものです。相性がいい人ばかりではありませんので、必ずそういった嫌な人との関わりがあり、関わることはどうしてもつらいものがあります。また、苦手な人との関係で、ただ、合わないな、と思うだけでしたらいいのですが、あなたにとって実社会の中で障害や被害をこうむる相手になりかねないのが非常に厄介です。

 

苦手であるがゆえに、悪い噂を立てられたり、嫌な思いをさせられたり、そう言った困った事になるケースが多々あります。そうならないためにも、相手に対して慎重に越したことはありません。ある種共感が得られる人でない場合、または共感が得られると感じたとしても端的に、早急に相手を理解したと判断するのは軽率だと言えると思います。あなたの素直な気持ちや、正直な反応も違った意味でとられて違った伝え方をされたり、相手によって、相手の気持ちによってさまざまに形を変えて伝わっていったりします。

 

始めは、できるだけ相手の情報を得られるように心がけることもしておかれる方が良いと思います。自分の利害によって、その人の中で自分が変わるという事は、その嫌な関係になる傾向があるというサインを発していると想定できるかと思います。そして、相手にやたらと合わせた話をする人。合わせすぎるのは自分の本心を語りたがらないサインです。それなら、たわいもない事でも「こんな事があったのですが、どう思いますか?」という事を、あえて聞いてみるだけでも、相手に言わせることで隠した本音が見え隠れしてきますので、なるほどそう思っていたか、と思える情報を獲得できると思います。

 

2つ目に、苦手な人の情報、自分が感じた相手の印象をほかの第3者には伝えないようにした方がいいという事。口は災いのもとと言いますが、内緒にできる人はかなり稀です。ほぼ最終的にはいないと言えるほどだと思っていた方がいいでしょう。第3者と情報を共有し、同意しあうと、間違った情報でも、本当の事実という物になってしまします。自分がそうならないためにも、苦手な人に関する情報は出来るだけ人と共有しない方が賢明です。人から聞いてもそ知らぬふりをして情報収集するくらいにしておいた方がよいでしょう。

 

出来れば、極力苦手な人とはかかわらない方が良いのです。相手が悪く言っている、という噂を耳にしても、「私はあの人と親しくないです。あまり関わりがないです」と言えば相手の言葉も信憑性がなくなります。それくらいにできる方がいいのです。仕事などで関わっていても、それくらいの隔たりがあれば被害も最小限に抑えられると思います。また、攻撃したいと思った時も、遠い人のダメ押しの方が実際効果があるのです。ガッツリ泥沼になっている人の言い分は、どっちもどっちでお互い様、になってしまいますから。苦手な人とは、程よい、遠めの距離をしっかり取りましょう。

 

 

ストレス 人間関係>職場の人間関係 コツ

 

職場においては、特に人間関係は繊細になります。乗り越えるコツが必要になってきます。それぞれの立場や、役職、予算やお給料、評価、昇格、時には処分や失敗の責任など、心にも負担になる事がいっぱい。ただ、その人のプライベートと仕事はまた別ものだという事も念頭に置かれているべきだといえます。それゆえ、プライベートではよい人でも、仕事では嫌な人であったり、その逆だったり。その人の本性がどうであれ、仕事でのその人の人格で対峙しなければいけないという、公私混同はしない状況で考えたほうが良いと思います。

 

だれでも、いい人になりたいと思うのは当たり前ですが、仕事の組織の中では立場によって時にはよい人でも憎まれ役にならなければいけないこともあります。また間違っていなくても責任を取らなければいけない時もあります。上司であれば、部下の責任も取らなくてはいけなかったりします。一概に、その人の人間性の当たり前で仕事は立ち行かない事例が、仕事という環境の中には乱立してくるという世界です。

 

ただ、会社がどういった体質を持っているかにもよりますが、基本一つの目標に向かって、どういった仕事をするか、という大きな命題が会社の中にはあります。その中で、自分がどういった役割を担うのか、それをしっかりと見極めて邁進することが必要になってきます。決して、会社、職場、社会の中では自分の利害だけが優先されるものではないという事が大切です。残念ながら、中には自分の利害を優先させて周りを混乱させる人もいますが、仕事においては自己中心的な選択は、結果良い事にはならず、間違いの原因となる事をあらかじめ肝に銘じておいていただいた方が良いでしょう。

 

自分がどういった役割を担っているのか、周りの人たちの立ち位置、役割を理解した上で相手を理解していく事がコツになってきます。そして、よほど仲の良い人以外は、公私混同しないことがベストです。家庭を持っている人なら家族の為に我慢もして、辛い仕事もするでしょう。でもそれも触れてはいけない部分であったりもしますので、あえて職場での人となりの判断材料にしないようにするべき項目です。

 

また、自身もプライベートは持ち込まない方が傷つかなくて済みます。中にはプライベートに寛容な職場もあり、これからの時代の働き方のポイントにもなってきますが、あくまで現場ベースでは影響を与えない範囲での会社との人事的、法務的やり取りにする方が良いでしょう。会社の中では実績も、自身の力になりますので、決して口だけの強さにならない事が自身を守ることになる、という事も重要視しておいてください。

 

弱く実力もなければ、少しずつでも小さな仕事から、しっかりと具体的な実績を作っていくが大切になります。小さい仕事が出来なければ大きな仕事もできなのですから、小さいことをしっかりしていれば見ている人は必ず見ています。少しずつでも、会社の役に立っていれば堂々としていていいと思います。会社の中の、自分の地位を少しずつ、確実なものにしていってください。

 

 

ストレス 人間関係>女同士の人間関係のコツ

 

女性同士の人間関係はまた、少し性質が変わってきます。女同士の独特の連帯感と意思疎通の方法があるため、それをはき違えない事が人間関係のコツになってきます。わかりやすいことから言うと、あからさまに自分自身の自慢は、嫌悪されます。でも、褒めてもらうことに至上の幸せを見出します。意識していないように見えても、相手の持ち物など自分と比較します。全部ではなくても、どこか相手よりもよい、と思えることを発見して、満足感を持ちます。相手にちょっと劣る点を見出して、優越感に安心感を見出したりします。

 

こうして羅列すると、酷い事ばかりですが、実際体質的に女性には備わっている要素です。良くも悪くも、こう言った事をうまくコントロールして使いこなすことがコツで、女性との関係の肝になるのです。そういった女性の裏の面を分かっていなければ、わからないまま最悪な状態に陥り、泥沼につき落とされることになり痛い目に会います。そうならないためにも、本能的にある女心を理解しておきたいものです。

 

どこにも、女性の集団の中で既存の力関係はありますので、こと女の方相手には、初めから頭ごなしに否定することはやんわりと避けるべきです。見るからに、お局さまや大御所様のトップが君臨している中で、無理に上位の位置を確保したいと思っても、最初からそれを狙うのは得策ではありません。いい状況獲得するための戦術は、状況判断してから焦らず練るべきです。集団の構造を理解し、初めは助けてもらえる立場になる事もソフトな戦略です。徐々に必要とされていけば、おのずと自分の力を発揮する機会に恵まれてくるようになってくるでしょう。あくまでも、見栄を張りすぎたり背伸びをせず、自然なラインで自分らしい付き合い方を心がけるのが本当の良い友達としての関係づくりになると言えるでしょう。

 

また、一方で集団だけでなく、個人的な付き合いの場合、女同士だとわがままが友情と思う方も多いと思いますが、それは勘違いです。何でも話せるのが親友でも、自分勝手が通用するのが友達というのは間違った勝手すぎる考え方です。いずれ、呆れられてさよならされてしまうでしょう。大切な友達は、いかに相手をほかの人よりも思いやれるか、理解して他の人よりも深い話をできるか、本音を話せるか。 それは、他の友人よりも、より信頼できるという特別なつながりがあってこそですので、それゆえ他の人たちよりも特別な存在になるのです。

 

何かあった時には、助けよう、と常に思っている、思ってもらえる相手。そんな関係は、一方的な我儘な関係では成り立たないのです。女性同士は、本音と建前がとても強く交錯します。その中で、その垣根を乗り越えた友情は特別ですが、それゆえ しっかりとした礼儀と信頼が、不可欠であると言えるのです。相手を思いやる力が、ちゃんとした女同士の人間関係の構築につながってくると言えると思います。

 

 

ストレス 人間関係>ママ友の付き合い方

 

子供を軸として、ママ友の付き合い方も大変複雑で、悩ましいものとなります。子供が中心とはいっても、ママ同士の仲も相性が良い事を願わずにいられないのですが、子供同士仲好くてもママ同士も100%良いとは言い切れません。あくまで、ママとして、子供の生活のフォローとしての関係づくりという面が大前提での付き合いになればいいのですが、多数のお友達集団や、お教室の中での付き合いとなってくると、どうしてもその中でのママ同士の力関係が出てきてしまいます。集団では仕方がない事でもありますが、その場合でも、子供同士の友達関係を無視する事になるのは避けたい状況です。ママ同士の都合が優先されるケースが多くなる場合は多々見られます。

 

どうしても、徐々に子供がきっかけで、ママ同士が子供の社会を抜きにしてプライベートを楽しんで仲良くなるという傾向がありますが、できれば本来のきっかけを見失わないという事になれるのがベストです。子供をないがしろにするのは、その関係自体を壊しかねない要因となってくる恐れがあります。

 

また、仕事の様な繋がりではないので、子供が中心であれば家庭の事も関わりが出てくることも避けられません。家と家の繋がりも出てきますので、もし悪い関係になれば、家庭も絡んで、精神的にもかなり深刻な状態になってしまいます。あくまでも子供のお友達としてのママ同士ですので、基本助け合い、仲良く楽しく子供が健やかに過ごせるか、成長できるかが大前提ですので、同じ気持ちでいられることが肝要だと言えると思います。

 

多くの場合、ママにとって子供に注がれる労力は肉体的にも物理的にも負担が甚大なものです。それらを助け合い、補い合い、ねぎらいあってママ同士もよい関係をはぐくんでいく事の方が、ママたち同士のつながりの良さにつながり、加えて負担が重いものにならないと思われます。同じ苦労を共有しあい、相談しあうなどママ同士でなくてはできない繋がりや知識もたくさんあり、多いのですから、そういった側面を大いに活用していただきたいと思います。

 

ママ同士の関係も、子供の成長によっても随時変わってきます。子供が大きくなった時の先々の事も想定し、長い目で、今だけに没頭しない事も無視できない、必要な想定になってくるでしょう。同級生ママだけでなく、先輩ママの経験談も、今後必要になってくるためになる知識がたくさんあると思います。子供の成長はずっと続きます。子供が大人になってからもお付き合いがあるのは、子供の間ではよくある事ですので、その中でママ同士も続くことは想定できることです。

 

そうなったことも考えて、いろいろな方面から長い目で信頼関係を作っていただきたいものです。苦労を共にする、本来持っているママの力を発揮できるようになればこんなに強い事はないと思います。ママ友同士の関係が、決してお互いに負担にならないように助け合っていってください。

 

 

ストレス 人間関係>異性の友達との付き合い方

 

同性同士仲の良い間柄を普通友達と言いますが、こと異性との関係となると、その区別は難しく、異性の友達との付き合い方は、どうしてもナイーブな面が否定できません。そもそも、異性どうして友情は成り立つのか。よく、議論の対象となる課題です。しかし、要は異性と友達としてどの様に付き合うか、という事だと言えると思います。

 

こじれれば、それはもう友達とは言えなくなるのが異性同士だと、あらかじめ認識しておく必要もあると思います。お互い、どういう付き合い方をするのか、という事を確認しにくいのも異性同士です。異性同士、お互いに気がない、恋愛感情はない、と言ってもはたして本心なのか。確認できる確証はありません。謎の多い世界ですお互い、恋愛感情があっても、友達の域を決して超えない。惹かれあう男女間でそういう関係もありますが、そういった場合、すっきりと友達ともいえないのも事実です。

 

結局着地点はありませんが、お互いが納得する形が、異性との付き合い方、ではないかと思います。例えば趣味の共通点でのグループの中での友達。学校の同級生で仲が良い関係。仲の良いグループで楽しく過ごす、飲みに行く、レジャーに行く、旅行に行く。男女の間に、恋愛の感情ではない他の要因が存在し、それがつながりとなって仲が良い、恋愛ではなく気心知れていることが友達と呼べる関係なのかもしれません。

 

しかし、何か理由がわからず、でも特定の異性と仲良くしたい、一緒にいたい、具体性に欠ける内容での好意と、友達関係は男女の関係になってくるのではないでしょうか。また、この何か理由がわからない好意を、具体的な趣味や環境でごまかしているのであれば、友達という関係を築いていく事は上辺だけで、その先の関係継続は難しいと認めなければいけないと思います。二人の関係をはっきりとさせて決着をつける、白黒つけなければいけない、という場面ではなくても、遅からずそうせざるを得ないと潔く認めなければ、どう付き合っていくか悩むことになるのでしょう。反対に、人として尊敬しあえて人として行為を保っていられる、そういった異性同士は貴重な稀な存在と言ってもよいと思いますので、ぜひそういったよい関係を継続できるように頑張っていただきたいと思います。

 

しかし、生物学的に言っても男女はそもそも違う生き物ですので、同性の友達と、異性の友達は同じと考えない事が自然だと、基本が違う事をしっかりわかった上でそれぞれのちょうど良い関係を別に作っていく必要があるのではと思います。また相手が異性なだけに、それぞれ恋愛の相手もできるでしょうから、相手のパートナーへの配慮も怠らずトラブルがないようにするのも肝心です。相手のパートナーが、素直にまったく気にならない、とは限りません。理解してもらえる事は、まず難しいと思っていた方が良いと思います。性別の垣根を越えた付き合い、それが理想の異性の友達づきあいではと思います。

 

 

ストレス 人間関係>近所付き合いのコツ

 

ご近所とのお付き合いのコツ。日々の生活を間近に接しているご近所。双方の騒音であったり、ゴミだしのルールや、家庭の日常の姿をお互いに見なければいけない、デリケートな問題です。時には喧嘩の声をきいてしまったり。時にはお隣のご主人のお風呂の鼻歌をきいて、ほほえましかったり。ワンちゃんの鳴き声にびっくりしたり。いいものもあれば、悪いものもあります。ありのままを垣間見ることが多いだけに、基本お互い様という寛容な気持ちがとても必要とされます。

 

人のいい面は、はなかなか人は認めたくなく、悪い事に敏感になりがちです。また、人のうちの芝生は青く感じたり、人の気持ちは裏表、自分の感情にも両面があるという事を自分で自覚するのも、相手を理解する上で必要になってきます。人とお付き合いするという事は、自分の甘さや弱さも自覚しつつ、相手をリスペクトする気持ちを持つことが重要です。

 

大人の付き合いが、近い関係だからこそ重要になってくるとしっかりと肝に銘じておきましょう。助け合いは、お互い様で、していただいた分は、どこかで必ずお返ししよう、と同じ分量になるように日ごろから心がけたいものです。何か頂いたら、何かの時にお土産を買ってお返しする、お留守のときは気を配る。お互い負担になったり、過剰にならない程度に、「こうしましょうか?」とお尋ねしたり、先方からのご厚意も、受けられるならありがたく遠慮しないでお受けするのも、よこしまな気持ちがなければ大丈夫で、大切なやり取りになっていくでしょう。

 

地域で何か災害があった時などは、周辺のご近所様同士での助け合いは不可欠となります。地域での町内会や、お祭りなどの行事も、楽しい事だという側面だけでなく、いざという時の有事の時のため、と思っていれば決してめんどくさい、という事には なりませんので、時代遅れと思われがちなお付き合いも、少しずつでも参加できるようになっていければベストです。

 

最近は、なかなかご近所付き合いも多くなく、幅広くたくさんのお付き合いは難しいですが、たとえば近くの商店や商店街のお店での顔見知りになっていくことも、きっかけの一つに出来ると思います。あそこに新しく引っ越してきた人なのね、と、その周りの地域の情報を、お買いものしたお店で教えてもらえる事もあります。何も繋がりがない場合よりも、お買いものするお店の人とお客さんの立場なら聞きやすかったりします。おいしいお店はここ、とか野菜はここで、魚はここがおすすめなど。病院はここが良いとか。

 

また、「お店のおかみさんからこんな事を教えてもらった」、とそういった情報をお隣さんとお話ししても話のきっかけになると思います。情報はいろいろな所から集めて役立ていただきたいです。ご近所様は、頼って、頼られて、助け合ってよいと思います。ぜひ程よい距離感と、温かい地域の関係を作っていただきたいものです。

 

関連ページ

人間関係 苦手 克服
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
人間関係〜友達と人脈
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
婚活〜結婚したい貴方へ
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
自衛隊員と結婚したい
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
有利な離婚/離婚後の生活
子連れ離婚を考え、人生の岐路に立っている女性の方へ〜離婚の現実と有利な離婚の勧め方