ストレス 人間関係

健康維持&健康回復を願う貴方へ>ストレス 人間関係

 

あらゆる病気や心身の不調の原因は、ストレスであることが分かっています。ストレスがかかってそれをうまく発散できない時に心身の免疫力が衰え病気や不調を引き起こします。よってストレスフリーな生活ができれば健康にそれだけ近づくことになります。ストレスの一番の原因は、人間関係であることが分かっています。現に大抵の人の悩みは、人間関係であることがほとんどです。ここでは人間関係が苦手お悩みの方がどうしたらストレスフリーに生きられるか人間関係の特集コーナーといたしました。人間関係が苦手でお悩みの方は是非読まれてみてください。何かのお役に立てれば幸いです。

 

生きていくうえでの必須スキルともいえる人間関係。誰でも一度は 人間関係で悩んだことがあると言っても過言ではないでしょう。人間関係で悩んでいる渦中にいる時は、孤独を強烈に意識したり、ただ人知れず思い悩んだり、出口を探して八方塞になったと感じる時もありますよね。このサイトが人間関係で思い悩む方の解決の糸口になれば幸いです。

 

 

ストレス 人間関係>人間関係が苦手な原因

 

そもそも、人間関係とは空気のようなものです。存在していますがその実態は目に見え無い物。それゆえ状況によって内容がさまざまに変化します。よかったと思った関係が、ちょっと環境が変わっただけで全く別のものに変貌します。ここで、人間関係とは…?と考えているあなたは、少なからず人間関係が苦手だと思って、人間関係に悩んでいるのでしょう。

 

残念なことに、人間関係に悩みがない方もいます。全く、人間関係というものに無頓着か、人間関係をうまくコントロールしているか、この二つに分かれます。全く無頓着な人は、ストレスになる物に対して自己防衛的に無意識に自然回避している場合が多くみられます。時に、こういった方の無神経さに悩まされて、あなたの人間関係の悩みの一つになっていることもあります。
この場合は、この相手はそういった性格、本質であることが多いので、改善を図ることは非常に難しいといえます。また、その相手がまず、改善したいと思わない限り、それはあり得ないのです。

 

苦手だと思うことは、そういった複雑な関係に気づき、悩んでいることの始まりの証拠です。悩んでいない人には、無い、お悩みです。(悩んでいない人は気付いてもいないのですから。)悩んでいる方に、気付くな、というのは無理な話でしょう。すでに、もうお悩みなのですから。それなら、もう一つのケースのうまくコントロールをする、ということを考えていくことが効果的になってくるかと思います。

 

どうしても、人との関係がぎくしゃくする、人と打ち解けて話をするのが苦手、何を話していいかわからない、優しい人がいれば話ができるが、ちょっとせっかちな人は話ができない。初対面の人が苦手。様々なケースがあると思います。しかし、ほとんどの方が誰でも初対面の人と交流を始める瞬間は、ドキドキします。初めての人と仲良くするのが得意!なんて人は、まず独りよがりな考えの持ち主では、と思います。相手はほとんどがドキドキしているのですから、その相手が得意!と思っていても波長が合わずその場の空気が良くなるか疑問が残ります。ほとんどが、なんだか変な空気になってしますでしょうね。

 

誰しも、多少は人に対して苦手意識があって、話をしている、人間関係に苦手意識を持っているのは、自分だけではない、と思ってかかった方がよいでしょう。「相手も、びくびくしてる。そう見えないけど…」でも、みんな自分と同じ、と思って、接し始めればおのずと相手を思いやる気持ちでやり取りを始めることが出来るでしょう。はっきり言って、人間関係に一つの答えはありません。一つの答えを出そうとすることが自分の首を絞めていきます。ますます苦手になるばかりです。その場その場で、どういった対処をしてくか、未知なるケースに、その時にどう判断するか。

 

苦手意識の改善は、コントロールする数々の経験を数多く持っていくという事にあります。悩んで怖がっている必要はありません。だって、みんな苦手なんですから。それが、普通なのです。

 

 

ストレス 人間関係>人間関係が苦手な人の特徴

 

さて、私は人間関係がうまい!とは自分で思っていません。でも、友達もたくさんいますし、楽しくお出かけしたり、お茶をしたり、趣味の教室でみんなと和気あいあい楽しく過ごし、冗談など行ったり大笑いしたりしています。さらに、なんと接客業で全くの初対面のお名前も知らない方とお話しし、物を買っていただいたりしています。人間関係が得意じゃない、と言っている人なのに普通に人とやり取りしていて、自称苦手な人で悩んでしまっている人と何が違うのでしょうか?

 

私も、時折もう何もかも嫌だ!どこも行きたくないし、だれにも会いたくないし、だれとも話したくない!と滅入りきってしまう事もあります。そんな時私は、何か1つの絵画を見つめて、答えのない答えをその絵画の中にずっと求めてしまって、その絵の前から離れられないような気分になります。大きな美術館の中で、たくさんの名画がある中、ただその絵にだけ執着している自分。客観的にみて、そんな私をどう思いますか?なにも、それだけ見なくても、いいじゃない。と思えると思います。

 

悩み切ってしまっている人は、それ以外の事に目を向けられなくなっているのです。でも、いくらその絵画の事を調べて、じっくり見て、理解したように思えても別に大したことではないと囚われ過ぎてしまって、気付けないのです。その状況から抜けられなくなっているのです。

 

また、気付くことに勇気が出ないのです。人を理解しきるなんて、できないと割り切ることもできずにいます。さらに、自分自身もすべてを理解するなんて出来る物ではない、という事にも気づかなくています。私は、自分の事なんて全て解ってなんていません。そもそも、わかっていたら、悩みなんてないでしょう。それよりも、美術館には、世間には、ありとあらゆる絵画が、事実がある事に目を向けるべきです。

 

作家も違う、作風も違う、時代も違う。それぞれ、対人と同じで、自分がどう感じるか、人がそういう風に感じるんだ、という自分の考えとの違いに素直になればいいのです。人との違いに、臆病になる必要はないのです。違って当たり前だし、それを隠す必要もないのです。話したり、理解しあったり、違いを認め合う事が出来ると、人と人の関係や、絆というものが出来たりします。

 

信頼関係は、決してうわべだけのわかりやすい良い部分だけでは得られないようにできているのです。また、うわべだけの関係は長続きすることもありませんので、そんな関係を持っていたら、後でまたがっかりするだけでしょう。正直に、誠意をもって気持ちを表す事が出来るか、人は黙っていてわかってくれるなんてないと思った方が良いです。きちんと伝えるべきことは伝えるべきです。

 

ただ、それをちゃんと客観的に自分を見つめて伝えられるかそうでないかでも伝わり方は変わってきます。自分に正直に!という事を「感情的に」と勘違いする人が多いのも事実です。相手に、納得させなければ、せっかくいいたかった事も無駄になってしまいます。相手にとって、どうしたらうまく自分の考えが伝わるのか、「感情的」になる事は伝える事の障害となる事を念頭に置いておかなければいけません。どれだけ、冷静にみられるか。うまくいくか行かないかの差は、ここに有ると言えるでしょう

 

 

ストレス 人間関係>人間関係 苦手意識

 

それでも、「もう人間関係は苦手なんだもの!」と、すっかりはまり込んでしまっているあなた。苦手意識を克服、ってどうすればいいのよ。と思うのではと思います。でも、見方を変えて考えると、人って、自分が一番ですね。自分の人生の主役って、皆さん自分です。意外と、人が思う事と自分が感じたこと、思っている事と違う事が多い、と感じる事が多いと思います。

 

ということは、自分が理不尽な思いや、「そうじゃないのに」という気持ちにならないために自分の気持ちを伝えたり、人の考えていることを理解することを、あえてしなければならない、という事に気付くと思います。人は意外と、自分以外の事にいい加減だったりします。きちんと意思疎通できていなければ相手の事を理解してもらうということは難しいのです。

 

さらに、勝手なことに相手は自分の良い方に理解したがります。反対にそれは、自分にもいえることです。苦手意識は、その自分のジレンマと相手に対する障害の意識から生まれてくる物でもあるのです。苦手だという気持ちでそれを解決していますが、解決できていないジレンマが、自分を辛くさせています。

 

まず、相手に自分を理解してもらうことが必要、と思いがちですが、実は理解してもらうのは相手を理解しようとすることよりも難しいことなので、まず相手を理解することから始めることをお勧めします。相手を理解するのに、自分の好き嫌い、そういった直観的感情から一歩引いたところから相手を見つめてみてください。本当にこの人は、どう思っているのか。人は本当に複雑です。それを前提に考えたほうがよいでしょう。口ではなんとでも言います。気持ちも、正直にしているといっても本音も、建前もあります。正直にしたくても裏切る、ということもあります。

 

ただ、行動はおおむね正直だといっていいでしょう。人間、共通に 行動や、身体の動きで本当の意識が出るものです。それ以外は、反対に信用できないと思って相手の話を聞いているくらいでいいと思います。でも、自分の気持ちによこしまな気持ちがあると、後で痛い目にあいます。でも、こちららがちゃんとした気持ちでいて、向き合っていれば後々裏切られたとしても後悔はないでしょう。そうして、自分の行動を正していけば、人と対峙することの経験値が良いものになってきます。

 

しっかり付き合っていけば、どういったケースでどういった反応が返ってくるか、結果どういった結末になるか、人間共通した結果が表れることが多くあります。そういった意味では、歴史の事実を見てみるのも一つの手だともいえるかと思います。苦手意識は、経験値で克服するに越したことはありません。そうして、ようやく自分が言いたい、伝えたいことをどうしたら伝えられるのか、わかってくるものです。決して、苦手だ!と開き直って解決することではありません地道に、素直に取り組んでいけば、今まで知らなかった面白いケースなどにも出会うかもしれません。そのうち、苦手な人に対しても「そんな言い方もするかな」と、ごく当たり前のことになっていくと思います。

 

ストレス 人間関係記事一覧

人間関係 苦手 克服

ストレス 人間関係>人間関係 苦手 克服>人間関係がうまくいかない理由そもそも、なぜ人間関係がうまくいかないのか。まだ納得できないと思います。社会の中で、その状況下でうまくいく、行かないかは決して1通りのシナリオではありません。誰もが、パーフェクトに人間関係を築いてきているわけではありません。「自分...

≫続きを読む

苦手な人との付き合い方

人間関係の中で苦手な人との付き合いも避けられないものです。相性がいい人ばかりではありませんので、必ずそういった嫌な人との関わりがあり、関わることはどうしてもつらいものがあります。また、苦手な人との関係で、ただ、合わないな、と思うだけでしたらいいのですが、あなたにとって実社会の中で障害や被害をこうむる...

≫続きを読む

人間関係〜友達と人脈

ストレス 人間関係>友達がいない人の特徴友達がいない人の特徴には、いろいろな種類があります。とはいっても、人それぞれ価値観の基準が違うので、その人が少ない、と思う事が、いない人と言えるのか、一人しかいなくても自分はそれでいい、と思っている人が一般的にいないと言えるのか、他者が他者の基準で決めつけるこ...

≫続きを読む

婚活〜結婚したい貴方へ

こんな事で悩んでいませんか?「いくら婚活しても良い相手にめぐり会えない」自分が理想とする人はどの漁場にいるのか、戦略的に考える必要が有り安心安定した生活がしたい⇒公務員など行動的で勢いのある冒険的な人生を送りたい⇒自営業や経営者や芸術家など静かでとにかく優しい人が良い⇒保育や介護や看護や農業や接客業...

≫続きを読む

自衛隊員と結婚したい

自衛官は、国家を守るという高い志を持った国家公務員で、結婚のパートナーとして最適!【自衛隊クラブ】では、こんな女性を探しています日本国籍の18歳から32歳の独身女性で、自衛官 又は 防衛省職員の男性と真剣に結婚したい方※【自衛隊クラブ】の登録男性は、20代自衛隊員・防衛大生のみ【自衛隊ブライダル】で...

≫続きを読む

有利な離婚/離婚後の生活

離婚を考えたら・・・・・今や結婚したカップル3組中に1組が離婚しているという時代です。確かに周りを見渡してもシングルマザーはそこかしこに普通に存在している時代になりました。シングルマザーは何となくお洒落で自由でトレンディー♪という響きがあるように感じている人もいることでしょう。このサイトは、子どもの...

≫続きを読む