ダイエット 効果

ダイエット 効果>デザート・お菓子でダイエット

 

ダイエットおやつの決定版【低糖工房の糖質オフシリーズ】なら!ダイエット中でも気兼ねなくお菓子が食べられます♪

 

ダイエット効果

ダイエット中はもちろんですが、ダイエット中じゃなくても糖化が恐くてお菓子を控えている方は、特に40歳以上の方に多いんです。もともと甘党の方にとっては、いくらダイエットと言っても、いくら老化防止の為と言っても、甘い物食べたいですよね〜。結局しばらく我慢していてもいずれ解禁してしまったり、ダイエット中おやつを我慢していた分、余計にドカ食いしてしまったり。

 

低糖工房の糖質OFFシリーズなら、糖尿病の人でも、ダイエット中の人でも、糖化を気にされる人でも、安心してお菓子が食べられます^^v

 

ダイエット効果

ダイエット効果

 

ダイエット効果

 

ダイエット効果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエット&アンチエイジング共に気にかけている41歳の私は、糖質オフのホットケーキMIXを使って、こんな風に簡単に材料を混ぜ合わせるだけてダイエットおやつ作り楽しんでます♪

 

忙しい時や面倒な時は、糖質オフ大豆クランチチョコや、糖質オフ豆乳クッキー糖質オフお得チョコレートセット糖類ゼロ・糖質オフのスイーツセットなどなど様々な手軽で便利な出来上がり商品もあるので利用しています♪砂糖不使用アイス&低糖質アイス 8種セットなんかもあって、とても助かっています^^ 子どものおやつにも最適です♪

 

ダイエット効果

ダイエット効果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖質0なだけあって、糖質オフホットケーキMIXで作った基本のホットケーキは、かなり甘さ控えめ。甘くしたい場合は、糖類ゼロシロップ<黒みつ風味>や糖質ゼロのジャムや糖類ゼロシロップ<メープル風味>を上からたっぷりかけたり、生地に練りこんで焼いてみてね。超甘党の私は、カロリー0羅漢糖を生地に練りこんで、激甘にしちゃっています^^v糖質オフホットケーキの袋に書いてある、ホットケーキの基本のレシピ通りに作ると、かなり固めなホットケーキになるので、私は豆乳を多めに入れて作って、フワフワにしています。

 

ダイエット効果

ダイエット効果

 

ダイエット効果

ダイエット効果

 

ダイエット効果

ダイエット効果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糖質オフホットケーキMIXは、かなり甘さ控えめなので、私は、完熟果物や糖質オフチョコや糖類ゼロシロップ<黒みつ風味>や糖質ゼロのジャムや糖類ゼロシロップ<メープル風味>などを、生地に練りこんで作ることが多いです。太るからo┤*´Д`*├o なんて理由で、甘い物 我慢しないで、糖質0シリーズでダイエットおやつ楽しみましょ(o^∇^o)ノ
ダイエットおやつ 糖質オフシリーズのお試しはこちらから☆

 

 

ダイエット 効果>デザート・お菓子でダイエット>ヨーグルトダイエット

 

ヨーグルトはダイエット中にぜひ取り入れたい食品です。ヨーグルトの「お腹に良い」という特徴は、ダイエットにも効果があります便秘の解消に効果があることはもちろん、腸の運動量が増えることで基礎代謝がアップします。また、乳製品を発酵させた食品ですから、たんぱく質やカルシウムが豊富で、しかも発酵によって吸収されやすくなっているのです。ダイエットへの取り入れ方はさまざまです。一般的なのが朝食で、フルーツとともに摂る方法です。その分、他の食事は控えめに。逆に、夜に食べて脂肪燃焼効果で寝ている時に体に脂肪がつきにくいようにするという方法もあります。少しハードなものは、プチ断食にヨーグルトを使う方法です。週末だけの断食によって胃腸を休ませ食生活をリセットするものですが、飲み物だけの断食は厳しいので、消化が良く栄養を補えるヨーグルトを摂ります。

 

◎ヨーグルトダイエットのメリット

  • 便秘解消に役立つ
  • 胃腸の活動が活発になる

 

▼ヨーグルトダイエットのデメリット
他の食事制限も必要

 

気をつけたいのが、ヨーグルトは乳製品ですので、けっこうカロリーもあるということです。普通のヨーグルトであれば1日の適量は120gと言われています。もっと多く食べたい時は、低脂肪のヨーグルトを選ぶとよいでしょう。

 

 

ダイエット 効果>デザート・お菓子でダイエット>クッキーダイエット

 

 

ダイエット中だからおやつや甘いものは厳禁!と決めてしまうと、どうしてもストレスが溜まり、リバウンドや過食の原因になってしまいます。無理なく長く続けるには、息抜きになるものを取り入れることが大切です。それにおすすめなのが「クッキー」です。砂糖や脂肪分が控えめなクッキーであれば、ダイエット中でもある程度食べて問題ありません。クッキーがおすすめである理由は、甘いお菓子なのでストレスを軽減してくれますこと。また、歯ごたえがあるので食べ応えがあり満腹感が得られます。さらに、食物繊維やミネラルなど、欲しい栄養素を含んだ食材を材料にすることができ、栄養バランスをとることができます。おやつにも食事代わりにもすることができ、使い方の幅があります。

 

◎クッキーダイエットのメリット

  • ストレス解消になる
  • 満腹感が得られる
  • 必要な栄養が含まれる者を材料に使える

 

▼クッキーダイエットのデメリット

  • 食事代わりにするには物足りない
  • 食べ過ぎると逆効果

手作りすると材料を自由に工夫できるので、いろいろな味を楽しむことができます。例えば、玄米、バナナ、豆乳、黒豆、米ぬか、ココアなど、好きな物や摂りたい栄養素に合わせて作ってみるといいですよ。また、市販のダイエットクッキーも美味しくて低カロリーのものがありますから、手作りが苦手な方は試してみてください。ただし、ダイエット用でもクッキーはクッキー。食べすぎは禁物です。

 

 

ダイエット 効果>デザート・お菓子でダイエット>寒天ダイエット

 

寒天ダイエットは、寒天を食前に摂る、または、食事の材料にするダイエット法です。一時期ブームになってからは完全に日本に定着しました。寒天はノンカロリーで食物繊維が多く、胃の滞在時間が長いため、食べ過ぎや間食を防げます。さらにコレステロールや血糖値を下げる働きもあるそうです。お茶やスープに入れたり、ご飯に入れてかさ増しに使ったり、ところてんやゼリーなどのデザートにしたり、サラダにしたりと、活用法は幅広く、レシピも多く紹介されています。寒天には糸寒天、棒寒天、粉寒天など種類がありますので、用途によって使い分けられます。また、寒天を使ったラーメンやそばなどのダイエット食品も販売されています。

 

◎寒天ダイエットのメリット

  • ノンカロリーで満腹感が得られる
  • レシピが豊富

 

▼寒天ダイエットのデメリット
摂りすぎると栄養不足になるおそれ

 

カロリーがないのでこればかりを食べればやせるのでは?と考えがちですが、寒天の摂りすぎには注意が必要です。他の栄養の吸収を妨げる働きがあるので、過剰摂取によって栄養不足に陥る危険性があります。また、料理に使ったことがある人は分かると思いますが、寒天は非常に多くの水分を吸収する性質があるので、体内の水分が取られて脱水症状のような状態になることもあります。1日の摂取量はだいたい15gまでにしておきましょう。

 

 

ダイエット 効果>デザート・お菓子でダイエット>ゼリーダイエット

 

ゼリーをダイエットに取り入れることで、余分な食事を減らし摂取カロリーをおさえることができます。1日3食のうち1食をゼリーに置き換える人が多いのですが、もう少し緩やかにやせたい人は間食の代わりでもかまいません。

 

 

 

ゼリーにはゼラチンを使った動物由来のものと、寒天を使った植物由来のものがあります。動物由来のものはコラーゲンが摂れますが、若干カロリーが高めです。寒天の主成分は海藻ですから、低カロリーで満腹感が持続します。ゼリーの分は食事を減らす必要がありますが、減らすのは炭水化物を主とした主食で、おかずはバランスよく食べましょう。

 

◎ゼリーダイエットのメリット

  • デザート感覚で食べられる
  • 意外とボリュームがある

 

▼ゼリーダイエットのデメリット

  • 歯ごたえがないので物足りない
  • 味をアレンジしても飽きる

1食をゼリーにしても我慢できる人はいいですが、歯ごたえがないため食べ足りないと感じる人が多いようです。欲求不満が溜まるとその後の過食につながります。忙しさや食欲不振から朝食がいつも控えめな人は、朝食ゼリーダイエットを試してみるといいかも知れません。また、ゼリーだけだといつか必ず飽きるので、他の食事ダイエットや運動ダイエットと並行して行うのが良いでしょう。

 

 

ダイエット 効果>デザート・お菓子でダイエット>チョコレートダイエット

 

ダイエット中にチョコレートなんてと、意外に思うかも知れませんが、方法と量を間違わなければ、チョコレートは有効なダイエットサポートになります。主に食欲抑制効果を目的としているのですが、その他ストレス解消、便秘改善、代謝アップなどが期待できます。チョコレートには血糖値をすばやく上げる働きがあり、血糖値の上昇は満腹中枢に作用するので、食べすぎを防ぐ効果があります。よって、食前に摂ることで余計なカロリー摂取を防げます。また、主原料はカカオには食物繊維やポリフェノール、ビタミン・ミネラルが多く含まれており、体内浄化や代謝アップにつながります。間違ってはいけないのが、必ず「カカオ含有率が70%以上」のチョコレートを食べるということです。普通のチョコレートには砂糖やミルクがふんだんに使われており、ダイエットには適していません。カカオ含有率70%以上のチョコレートは少しほろ苦く甘さは足りないかも知れませんが、これでないとチョコレートダイエットの効果はないので注意して下さい。

 

◎チョコレートダイエットのメリット

  • 食べすぎを防ぐ
  • 生活習慣病の予防につながる

 

 

▼チョコレートダイエットのデメリット

  • 甘さが控えめでほろ苦い
  • 普通のチョコレートよりも値段が高い
  • 食事を減らすことが前提

 

 

ダイエット 効果>デザート・お菓子でダイエット>ビスケットダイエット

 

ダイエット用のクッキーが数多く市販されていますが、ダイエット用のビスケットというものもあります。両者にはあまり大きな違いはないのですが、現在のところクッキーの方が素材や味において種類が豊富です。ただ、ビスケットの方が噛みごたえや満腹感が得られるように作られているものが多いようです。知名度の高い「パーフェクトプラス」というダイエットビスケットを例にとると、小麦粉の代わりにエネルギーになりにくい「アミロメイズスターチ(でん粉)」が使われています。また、砂糖不使用で、代わりに「還元麦芽糖水あめ」が含まれていますが、甘さはかなり控えめです。1枚17kcalなので、100gで400kcalです。あれ?普通のビスケットが400〜500kcalなので、あまり変わりませんね。カロリーだけならそうなのですが、成分に太りにくいものを使っていて、普通のビスケットよりも腹もちが良いのだそうです。食物繊維やビタミン類も含まれていますしね。

 

◎ビスケットダイエットのメリット

  • 噛みごたえがあり腹もちがする
  • お菓子好きのダイエットを助ける

 

▼ビスケットダイエットのデメリット

  • 食事代わりにするのは厳しい
  • それほど低カロリーではない

いくら腹もちが良いからと言って、これだけを食事代わりにするのはかなり厳しいです。牛乳や野菜とともに摂るのが良いでしょう。

 

 

ダイエット 効果>デザート・お菓子でダイエット>豆乳クッキーダイエット

 

ダイエットクッキーの中で現在最も人気を博しているのが「豆乳クッキーダイエット」です。食事のうち1回をクッキーに置き換える、置き換えダイエットの一種です。種類はメーカーによっていくつかありますが、牛乳の代わりに豆乳、脂分は少なめ、小麦粉の代わりにおからを使っているものも多く見られます。1食分で150kcalとカロリーが非常に少なく、これを実際にご飯代わりにすれば、確かにやせられると思います。

 

◎豆乳クッキーダイエットのメリット

  • 本当にやせられる
  • お菓子好きのダイエットを助ける

 

▼豆乳クッキーダイエットのデメリット

  • やめるとリバウンドの可能性が高い
  • 長期間続けるには厳しい食事制限

豆乳クッキーダイエットは、やせる効果はありそうですが、ずっと続けるには費用と食生活の面で厳しいものがあります。市販の豆乳クッキーは有名なもので1食500〜600円もします。また、いくら腹もちがすると言ってもボリュームに限界がありますから、夕食がクッキーだけの生活をどのくらい続けられるかは疑問です。一定期間試して成果が出たら、あとは自分で管理できる、という人なら試しても良いかも知れません。あと、豆乳クッキーダイエットを絶賛する口コミがやたらと多いのが気になります。絶賛する口コミを広めることで収入を得ている人もいますので注意が必要です。返金保証などもやっているようですが、空箱の保存や送料の負担、アンケートの回答など、条件がいろいろあって面倒です。

 

 

ダイエット 効果>デザート・お菓子でダイエット>カロリーメイトダイエット

 

カロリーメイトをダイエットに利用する人がいるようですが、カロリーメイトはダイエット食になるのでしょうか?そもそもカロリーメイトは健康維持の補助食品として作られたもので、ダイエット食として作られたものではありません。カロリーもひと箱400kcalします。脂肪や糖分も意外と多いです。よって、これを食べたからやせるというものではなさそうです。外食やコンビニ弁当などに比べると、カロリーも控えめで栄養もしっかり摂れます。食事制限をしていると毎食栄養管理をするのが大変なので、たまにカロリーメイトで代用する、くらいの使い方が良いと思います。ちなみに、カロリーメイトには牛乳がとても合うと思うのですが、この組み合わせではダイエットにはなりません。

 

◎カロリーメイトダイエットのメリット
食事制限中の代用品になる

 

▼カロリーメイトダイエットのデメリット

  • 意外と高カロリー
  • 毎日食べると飽きる
  • あまりやせない

1日2食や3食をカロリーメイトにすれば、一時的とは言え、かなりやせる効果はあるでしょう。栄養面も安心できます。しかし、こういったストイックなダイエットは長続きしませんし、リバウンドの可能性も高いです。あくまでも補助食品としての使い方が一番適していると思います。

 

 

ダイエット 効果>デザート・お菓子でダイエット>ガムダイエット

 

ガムをダイエットに活用する方法があるそうです。最近はノンカロリーやシュガーレスのガムが多数販売され、お菓子でありながらカロリーを気にすることなく食べられます。ガムを噛んでいる間は食事ができませんから、間食をしたくてうずうずしている時に噛めば食欲も心も落ち着きそうです。ガムは長持ちするので、その間は余計なものを食べる心配はなくなりますね。ガムを噛めば食欲が減退するという話もあります。ガムには多少の甘みが含まれているので、それによって脳内のセロトニンが分泌され、満腹感を感じるのだそうです。しかし一方で、中途半端にだ液や胃液の分泌も促すため、余計お腹がすくという説もあり、このあたりは気の持ちようで変わってきそうです。

 

◎ガムダイエットのメリット

  • 余計な間食が減る
  • 食欲が減退することがある

 

▼ガムダイエットのデメリット

  • 直接的にやせるわけではない
  • 食べ過ぎると下痢をすることも

「ガムを噛めば小顔になる」という話もあるようですが、甘くて小さいガムを噛んでも効果はなさそうです。硬くて大きなガムなら良いそうですが、あごが発達して逆に顔が大きくなる気がします。ガムを使ったダイエットは、余計な間食の予防とリラックス効果に注目して行うのが良いでしょう。

 

 

ダイエット 効果>デザート・お菓子でダイエット>アイスダイエット

 

脂肪分が多くてつい食べ過ぎてしまうアイスは、ダイエットの大敵と言われています。それでも食べたい人は、ダイエット中のアイスの選び方を知っておくとよいでしょう。どうやって選べばいいかは、商品の成分表数値を見るようにして下さい。アイスクリームにはさまざまな規格があり、それによってカロリーの目安を知ることができます。脂肪分が多いのは、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓、の順です。

 

<種類別100gあたりカロリー>

  • アイスクリーム(高脂肪、乳脂肪12%)・・・212kcal
  • アイスクリーム(普通脂肪、乳脂肪8.0%)・・・180kcal
  • アイスミルク(乳脂肪6.4%)・・・167kcal
  • ラクトアイス(普通脂肪、13.6%)・・・224kcal
  • ラクトアイス(低脂肪、2.0%)・・・108kcal
  • ソフトクリーム(乳脂肪5.6%)・・・146kcal

どうしてもダイエット中にアイスが食べたくなったら、かき氷やソルベを選びたいところです。ただし、練乳を使っているものはぐっとカロリーが上がりますから気をつけて下さい。あと、ラクトアイスは低脂肪なら問題ありませんが、普通脂肪なら高脂肪のアイスクリームよりも高カロリーになります。代表例が「明治エッセルスーパーカップ」です。なんと1個369kcalもします。アイスクリームでも小さいものであれば、ダイエット中でもたまには食べても良いと思います。選び方に気をつけて、ダイエットの息抜きにして下さい。

 

 

ダイエット 効果>デザート・お菓子でダイエット>ダイエット お菓子

 

ダイエットは短期よりも長期の方がリバウンドも少なく健康的です。その長期間のダイエットにおいて、お菓子を一切禁止するというのは、実はあまり得策ではありません。甘いものや好きなものを食べられないのはストレスですし、後で大きな反動がきやすいからです。もちろん、お菓子を無制限に食べて良いというわけではありません。ダイエット中のお菓子については、以下のようなポイントに注意してみてはいかがでしょうか。

 

★和菓子を中心に食べる
全体的に和菓子はカロリーが低めです。水ようかんや生菓子なら1個100kcal程度で、ケーキ類のほぼ半分です。また、たとえ同じカロリーでも洋菓子は脂肪を多く含み、和菓子は糖分があるものの脂肪は少なめです。脂肪と糖分を同時に摂ると体脂肪がつきやすいのです。また、和菓子にはあずき豆や寒天など、食物繊維を豊富に含んだものが多く、便秘解消や満腹感の持続に役立ちます。

 

★量を計って食べる
お菓子の中でも、好きなものとそうでないものがあると思います。カロリーが高くても自分の好きなお菓子が食べたいという場合は、摂っても良いカロリー分だけ計って食べましょう。例えば、100kcal以内の場合、ミルクチョコ4枚、ポテトチップ18gなどです。

 

★ダイエット用のお菓子を食べる
ダイエット用のスナック、スイーツは種類も豊富ですから、そこから選ぶのもよい方法です。カロリー以外の細かい表示もありますから、安心して食べられます。

 

 

ダイエット 効果>デザート・お菓子でダイエット>ケーキ ダイエット

 

ダイエット中にケーキは食べてはいけないと分かっていても、どうしても食べたくなることもあります。そんな時はどうせ食べるなら美味しく食べてしまいましょう。ただし、選び方を覚えておくと便利です。選んではいけないのが以下のようなケーキです。
これらはすべて1個400kcal〜500kcalもします。

  • 【パイ系のケーキ(ミルフィーユなど)】パイ皮はカロリーが高め。濃厚なクリームとセットなことが多い。
  • 【チョコレート系のケーキ】濃厚なものほど高カロリー。
  • 【モンブラン】栗のクリームはバターや砂糖が使われていてかなりの高カロリー。
  • 【生クリーム系のケーキ(ショートケーキなど)】生クリームが多いほど高カロリー。
  • 【タルト】あのタルト皮が意外と高カロリー。

では、ダイエット中でも食べて大丈夫なのはどんなケーキでしょうか?以下のものなら150kcal〜300kcal程度です。

  • 【シュークリーム】比較的カロリー控えめ。生クリームやジャンボサイズを避ければ問題なし。
  • 【シフォンケーキ】  卵が主原料で、よくふくらませてあるため、ボリュームの割には低カロリー。
  • 【プリン】 デコレーションやクリームがなければかなり低カロリー。
  • 【チーズケーキ】 ベイクドチーズよりもレアチーズの方が低カロリー。
  • 【ロールケーキ】  生クリームを使っている割には低カロリー。フルーツが多いものがおすすめ。
 カロリー控えめでもケーキはケーキですから、分量はしっかり調整しましょう。たまのケーキの時はゆっくり味わって楽しんでください。