ダイエット 効果

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)

 

 

ダイエットに効果があるとされるドリンクにはさまざまな種類があります。タイプがシェイク系、ジュース系、お茶系とあれば、効果には満腹感が得られるもの、脂肪燃焼作用があるもの、酵素で体内を活性化するものなどがあります。また、1食まるまる置き換える、普通の食事にプラスするだけ、断食ダイエットに使う、など方法も多様です。ドリンクダイエットは本当にやせるのでしょうか?と問えば、「その人による」としか答えようがありません。多くの宣伝や口コミで成功者の声が紹介されていますが、それは販売側の情報であることが多いので、信憑性に問題があります。もちろん、本当にやせた人もたくさんいるでしょう

 

ダイエット 効果

◎ドリンクダイエットのメリット
カロリーがおさえられ栄養価がはっきりしている

 

▼ドリンクダイエットのデメリット

  • 価格が高い
  • 中には下剤が入っているだけの商品も
  • 長期間続ける必要
  • 厳しい食事制限が必要

ものにもよりますが、例えばよく宣伝されている『マイクロダイエット』1食当たり約1200円とかなり高額です。これを少なくとも数ヵ月は続けなければいけませんから、それに値する減量がドリンクだけでできるかは不明です。ブランド力のないものや、自作できるものはもう少し安くなります。良質の酵素ドリンクを使うことで、医療機関で行うのと同等レベルの断食ダイエットが可能になりました。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>ダイエットティー

 

ダイエットティーとは、脂肪の過剰摂取の予防や、新陳代謝アップなど、ダイエットの助けになるような成分が含まれたお茶のことです。ひと口にダイエットティーと言っても、さまざまな種類があります。

 

★体脂肪をつきにくくする・・・びわ茶、杜仲茶、黒ウーロン茶、など
★糖分の吸収を防ぐ・・・ギムネマ抑糖茶、ゴボウ茶、タンポポ茶
★便秘を改善・・・茯茶 (フーチャ)、シモン茶、減肥茶 、黒豆茶、など
★新陳代謝を高める・・・ルイボスティー茶、パパイヤ茶、アフリカ椿茶、など
★利尿作用がある・・・スイカ茶、ウーロン茶、アーティチョーク茶、など

 

まず、ダイエットティーは医薬品ではないので、「○○に効果」という文言があったとしても、薬ほどは実証がされていません。実際に効果があったとしても、価格に比べれば微々たるものということも。なので、はじめからあまり高額なダイエットティーを購入するのはリスクがあります。また、ダイエットティーは習慣化してはじめて効果があるものなので、即効性はありません。量を増やしたり濃いお茶を入れたりしても、効果が高まるものでもありません。好みや体質によって合う、合わないがあると思うので、自分の好きなものを見つけるようにして下さい。ただし、妊娠中や持病のある方は説明をしっかり読むようにして下さいね。口コミでけっこう長い間人気があるのが、ダイエットに成功した97%の人が大満足と絶賛している【飲まなく茶】というお茶があります。

 

ところで【飲まなく茶】って一体なに!? ホントに痩せんの!??

 

私は、飲まなく茶を飲むようになってからドカ食いが無くなり、凄すぎる食欲が減りました!

 

ダイエット 効果

飲み方も簡単。マグカップに飲まなく茶 PLUSのティーパックを入れてお湯を注いで2分くらいほったらかしにして飲むだけ。

 

変な健康茶みたいな味ではなく癖もなく美味しい^^ 時間が経つほどほんのり甘みが多く出る感じ。  

 

1包みでマグカップ3杯は楽にいけます。飲みすぎると危ない成分とかも入っていないので 読書やネット閲覧しながら安心して飲めちゃいます♪

 

飲まなく茶 PLUS】の ここが凄い!!

  • 便秘やむくみ解消etcに古くから民間薬,漢方薬として使われている夷草の種子
  • 脂肪や老廃物,体内の毒素を排出する美容痩身の健康茶として古くから親しまれ世界三大美女の「楊貴妃」が愛飲していた蓮の葉
  • 世界中で数千年前から不老長寿薬、メディカルハーブ、薬膳料理、漢方薬として利用され強い抗酸化力と消化促進作用を持つ美容ダイエットの強い味方さんざし果実
  • 脂肪吸収阻害と脂肪燃焼促進作用で美容痩身に良いと昔から中国で人気なウーロン茶
  • 中性脂肪の低下、整腸、美肌、老化防止の漢方薬として昔から使われてきた麻の実
  • 昔から中国で糖尿病、肥満予防に使われてきたプーアル茶
  • 高いリラックス,デトックス,若返りで、1977年に一躍有名になったアマチャズル茶
  • 原産国南米パラグアイで古来から先住民に深山の妙薬として珍重されてきたデトックスできるステビア
  • 香りだけでなく、ホルモン分泌調整、若返り、リラックス目的でも人気の高いローズ
  • 古来より中国で不良長寿の仙草として珍重されている霊芝
  • 健脳食品や高い脂肪燃焼目的で人気の高いL-カルニチン

飲まなく茶のおためしはこちらからできます。

 

中年太りに【飲まなく茶】が良い理由

 

【飲まなく茶】は、古来から、抗酸化作用があると言われ 民間薬、漢方薬、薬膳料理として愛用されてきた夷草の種子,蓮の葉 ,さんざし果実,ウーロン茶,麻の実,プーアール茶,アマチャズル,ステビアの葉,ローズ,霊芝,L-カルニチンのブレンド茶です。

 

体内酸化を改善&STOP!!
老化(=中年太り)や病気の90%は、呼吸をする度に発生する活性酸素が原因と言われています。30代以降、活性酸素を毒性の低い物質に変え消去してくれる酵素が減少していきます。 中年太りを解消するには、意識的に抗酸化物質を摂取すること、消去酵素の減少スピードを極力抑えることが必要です。

 

抗糖化で!老化促進と脂肪蓄積をSTOP!!
体内のタンパク質と糖が結びついた糖化タンパク質は、肥満や老化の元凶です。 抗糖化を「防ぐ」「排出」「分解」する抗糖化成分を積極的に摂取することが、中年太りの解消には必要です。

 

DHEA(=若返りホルモン)の低下をSTOP!!
中年太りとは無縁で若々しく元気な人は、DHEAホルモン量が、20代とほとんど変わりません。DHEAホルモンは、基礎代謝量アップ、内臓脂肪減少、免疫力の維持&強化etc若々しさを保つのに重要な役割を果たすことから 若返りホルモンもしくは長寿ホルモンとも言われています。DHEAホルモン低下の原因は、ひとえにストレスです。 よってストレスをためない事が中年太りの解消には不可欠です。

 

ダイエット効果

飲まなく茶は、1包みでマグカップ3杯は飲めます。 私はテレビやネットサーフィーンや読書などしている時に、飲んでいます。 ティーパックをマグカップに入れて、ほったらかしにして2分くらいで飲み頃に。 時間が経ってお茶の成分が出るほど甘みが増してきます。美味しいですよ♪

 

1週間で4Kgとか痩せるダイエットをし、結局リバウンドして、またダイエットするという事を しょっちゅう繰り返していた私ですが。。。40歳になってしまった今、中年という事を認め、 中年太りにあったダイエット方法を研究して探しに探し、ついに見つけたのが【飲まなく茶】でした。

 

ダイエット効果

大好きな甘い物も食べたい時に食べたいだけ普通に食べています。 それでも1週間飲んでみて体が軽くなったような気がします☆ アンチエイジングにも良さそうなので、ダイエット成功しても継続して飲まなく茶を飲んでいきます。 ありえないですよね〜〜〜。自分でもビックリしています。

 

1包みでマグカップ3杯はいけますので、1杯あたり25円です。短期間で数キロとかいう無理なダイエットには向かない【飲まなく茶】ですが、 ゆっくりじっくり体質改善をし、体に負担なくリバウンドもなしでダイエットが出来る 飲まなく茶は、中年太りを解消するのに最適なダイエットティーです。しかも天然成分ONLY!! 完全に無添加なので安心して飲めます♪

 

飲まなく茶の成分を詳しく調べてみました

 

夷草の種子(エビス草の実)
エビス草の実は、古くは、中国の明の時代の「本草綱目(=薬学本」に万病に効果的な薬草として記載がある薬草で、民間漢方薬として、疲労回復から高血圧症まで万病に効果的と珍重されていた秘薬草です。便秘解消、緩下,整腸,健胃作用、高血圧予防、眼病予防、口内炎、喉の渇き、むくみ解消、利尿、強壮、視力の回復、神経痛、リウマチ、疲労回復などに利用され続けています。

 

蓮の葉
世界三大美女の「楊貴妃」が、美容痩身の為に愛飲していた美容に特化した健康ダイエット茶として有名で、血液中のコレステロール減少、脂肪や老廃物や体内毒素を排出し美容,美肌に良いと古来から有名です。新陳代謝が促進され、便秘やむくみの解消、抗菌,熱射病予防、血行促進、高血圧,脳梗塞,動脈硬化の予防の健康ダイエット茶として古くから利用されているものです。。

 

サンザシ果実
中国では数千年前から"不老長寿"の食用とされていて、 ヨーロッパでは、メディカルハーブ治療薬として利用されていて、 世界各国で古くから薬膳料理や漢方薬や治療薬として利用されています。強い抗酸化活性や活性酸素消去活性や免疫力アップ、疲労回復、 消化器系統や循環器系統、利尿作用、 末梢血管への血流の増加、冷えやむくみ 不整脈、血栓症の予防、整腸作用、消化促進作用、健胃作用、抗菌作用、解毒作用。最近では、サンザシ果実が、アルツハイマーに高い予防効果があることが発表され注目が高まっています。その他、メタボリックシンドロームの改善でも有名です。

 

烏龍茶(ウーロン茶)
古くから中国で美容痩身に良いと愛飲され続け、日本でもお馴染みのお茶ですね。神経沈静作用があると言われ、高いリラックス効果と共にアンチエイジングも期待できるとして有名で、脂肪燃焼効果と脂肪吸収阻害効果、抗酸化作用や抗菌作用、心臓病など循環器系の成人病の予防、に効果があると言われ万人に愛飲されているお茶。

 

麻の実
麻の実は、昔から胃腸を潤す漢方薬として愛用されてきました。漢方の世界では、美肌効果、老化防止でも有名で、中性脂肪の低下、整腸作用を期待しても利用されています。

 

プーアール茶
プーアル茶は、古来から中国で、糖尿病、肥満予防に効果があると言われ愛飲されて続けている健康茶です。抗酸化作用、脂肪燃焼作用、脂肪吸収抑制作用、新陳代謝促進、美肌効果、アンチエイジング、デトックス効果、ダイエット効果、便秘の予防と解消、ストレス解消、 健胃作用やむくみ、血圧上昇抑制作用、強心作用、動脈硬化予防、血管壁強化作用、花粉症の予防と改善、抗菌作用、利尿作業、発がん抑制作用、脳の活性化、消臭作用などもあると言われていることで有名で日本でも人気の高い健康茶です。

 

アマチャズル
中国では、古来から生薬として愛用され続けている有名な薬草です。朝鮮人参や鹿角霊芝と同じ有効成分サポニンを含むという研究発表がされてから一躍人気となった健康茶で、非常に多くの効能が報告されています。70種類以上のサポニンを含み、鎮静作用があり、神経の興奮やストレスを鎮める効果があります。薬理試験では、ガン細胞に対しての制ガン作用も確認されていますし、 老人性慢性気管支炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の予防と治療、滋養強壮剤、動脈硬化などの生活習慣病予防、としても用いられています。 又、便秘、下痢、偏頭痛、肩こり、高血圧、リウマチ、神経痛、肌荒れ、口内炎、不眠症などの改善報告もあります。 動物実験では、高脂血症の予防に効果ありとの報告があります。

 

ステビア
砂糖の約300倍の甘さがあり、カロリーは砂糖の90分の1である天然甘味料として甘味代替によるカロリー抑制で有名なステビアですが、 原産国の南米パラグアイでは、古来から、深山の妙薬として先住民に珍重され、 ダイエット効果、アンチエイジング、癌や糖尿病や肝臓病(C型肝炎)の症状緩和など、 アルゼンチン大学のクルーガー教授の文献にもステビアの様々な効果が記述されています。

 

又、佐藤直彦氏(現JBB免疫植物研究所所長)の研究により、ステビアには、緑茶カテキンの6倍もの強い抗酸化活性、食中毒菌を殺菌、アレルギーや胃潰瘍の原因物質であるヒスタミンを解毒、エイズウイルスを抑制することなどが学会発表されました。又、本村博士により、アトピー治療薬ステロイドホルモン剤の有害な副作用を抑制する効果があることなどが発表され、(株)住化分析センターの研究所より、ステビアがダイオキシンを96%分解するという研究結果が発表されました。

 

ローズ
ローズは昔は、ハーブ,薬草として治療などに利用されていました。ホルモン分泌の調整作用があるので更年期障害の症状緩和に効果があると言われています。美肌効果、鎮静・緊張緩和・抗不安、精神安定、リラックス効果もあることが研究結果として報告されています。

 

霊芝
古来よりその優れた薬効の高さから、漢方薬の中でも貴重なキノコとして 【不老長寿の薬】や【幻の霊薬】などと珍重され、古代中国では、霊芝を発見すると採取して皇帝に献上することが義務付けられており、官吏などへの賄賂としても使われてきました。学会や大学などの研究結果でも、霊芝には、強い抗ガン作用、免疫力の調整作用、血糖値の調整作用、血圧降下、血栓を防ぐ、高脂血症やB型肝炎の改善などがあると発表されています。

 

L-カルニチン
肝臓で合成されるアミノ酸の一種であり、高い脂肪燃焼効果で知られるL-カルニチンは、30歳を過ぎると合成される量が減少し、L-カルニチン不足の体は中年太り直結であることでも有名です。ダイエット目的の他に、アルツハイマーなど痴呆の予防や、心不全、腎不全などの慢性消耗性疾患でも利用されています。
完全無添加だから安心♪飲まなく茶のおためしはこちらからできます。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>ダイエットスープ

 

「7日間脂肪燃焼ダイエットスープ」というダイエット法がありますね。このダイエット法は、7日間ダイエットスープを中心に決められたメニューを食べるというものです。ダイエットスープのレシピから、その日食べて良いもの(ダイエットスープと野菜のみの日、ダイエットスープとフルーツの日、など)、アルコールや炭酸飲料は禁止など、すべきこと・すべきでないことが細かく指定されています。時々こういうストイックなダイエット法が流行するのですが、これもその一種です。

 

ダイエット 効果

◎スープダイエットのメリット

  • 実際にやせる
  • やることがシンプルで指示が細かい

 

▼スープダットのデメリット

  • 栄養に偏りがみられる
  • リバウンドの可能性が高い

さて、ダイエットスープに脂肪燃焼効果があるためかどうかは分かりませんが、このダイエット法は実際にやせるでしょう。何しろ1日600kcal〜700kcalくらいしか摂取できませんから。しかしやせた後はどうなるのでしょうか?食生活を戻せば体重も戻る気がします。栄養面も、たんぱく質が少ないなど心配な面があります。野菜中心のダイエットスープを使うため、健康的な感じがしますが、どちらかと言うと断食ダイエットのような効果とリスクがあります。実行する場合は、正攻法でないことを理解して、あまり多用しないようにしましょう。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>コーヒーダイエット

 

コーヒーがダイエットに効く、という話を聞いたことはありませんか?コーヒーには、脂肪分解効果、利尿作用、基礎代謝アップ、リラックス効果など、ダイエットに役立ちそうな特徴がいくつかあります。コーヒーにはカフェインが多く含まれていることはよく知られています。カフェインは妊娠中にひかえるように言われるため悪いイメージがあるかも知れませんが、実は良いところもたくさんあります。まず、カフェインには脂肪分解効果があります。脂肪は分解が遅い成分なのですが、その燃焼を助ける働きがあるのです。

 

また、利尿作用があるため老廃物の排出に効果がありますし、交感神経を刺激して代謝が高まるので、やせやすい体質になり、冷え症などの改善につながります。また、ストレスがたまりやすいダイエット中は、リラックス効果のあるコーヒーでホッとすると良いでしょう。

 

ダイエット 効果

◎コーヒーダイエットのメリット

  • 脂肪分解効果がある
  • 基礎代謝が高まる
  • リラックス効果がある

 

▼コーヒーダイエットのデメリット

  • コーヒーだけではやせない
  • 飲みすぎると胃が荒れる

「脂肪が燃焼する」と言いましたが、何もせず体脂肪が落ちていくわけではありません。コーヒーは運動の前に飲むと脂肪燃焼効果が高まります。しかし、飲みすぎは胃酸過多につながりますから気をつけて下さい。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>ダイエット 水

 

ダイエット中はあまり水を飲まない方が良いのでしょうか?飲んだ分体重が増えますし、「水太り」という言葉も聞いたことがあります。結論から言って、ダイエット中に水を制限する必要はありません。確かに水を飲むと一時的に体重は増えますが、水はカロリーもなく脂肪や筋肉として体に定着するわけではありませんから、しばらくすれば自然に排出されます。

 

「水太り」とは、端的にいうと「むくみ」のことです。リンパの流れが悪いと組織内の水分が回収されずに細胞内にたまるため、むくんでしまいます。これが慢性化することを「水太り」と言うのです。ダイエット中にはむしろ水分を積極的に摂った方が良いです。それは以下のような理由からです。

 

ダイエット 水

<ダイエット中の水の効果>

  • むくみの解消
  • 便秘の予防
  • 食欲の軽減

水をよく飲むと、体内の水分の循環が良くなって代謝が活発になります。水分をよく摂って出すことがむくみの解消につながります。水を飲むと同時に、排尿や発汗を促す活動をするようにしましょう。また、便秘の予防・解消に水はとても大切な要素です。ダイエット中は特に便秘になりやすいので気をつけたいところです。さらに、水を飲むことである程度は食欲を軽減することもできます。このように、ダイエット中の水には重要な役割があります。しかし、極端に飲みすぎると「低ナトリウム血症」になりますので、1日2リットルくらいにしましょう。

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>酢 ダイエット

 

酢 ダイエット

健康やダイエットのために、「お酢」を飲む人が多いのはなぜでしょうか?実は、お酢にはダイエット中の人に嬉しい効果があるのです。

 

<ダイエット中のお酢の効果>

  • エネルギー燃焼を上げる
  • 脂肪がたまりにくい
  • 抗菌作用がある

お酢の酸っぱさの成分は「酢酸」です。酢酸には体内でエネルギーを燃焼させるサイクルを活発化する働きがあります。脂肪をエネルギーとして燃やすため体脂肪が減少しますし、体が元気になります。また、お酢にはアミノ酸が豊富に含まれており、アミノ酸には脂肪の合成を防ぎ、細胞に脂肪がつきにくくする作用があります。さらに、昔から消毒に使われてきたように、お酢には抗菌作用があります。この抗菌作用によって、腸内の有害細菌を減らし代謝をアップさせ、ついでに口臭予防にもなります。

 

ダイエットに良いと分かっても、あのツンとくるお酢をゴクゴク飲むのは抵抗がありますよね。しかし最近は、「デザートビネガー」と呼ばれる飲むためのお酢が多種多様に売られています。フルーツの味わいのものや、バルサミコのような風味のものもあります。それでも飲むのは厳しいと感じる方は、サラダやカルパッチョなどの料理に使ってみてください。なお、空腹時にお酢を大量に摂取すると、酸度が上がった胃酸とまざって胃が荒れる原因になることがあるので、食中か食後が良いでしょう。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>緑茶ダイエット

 

ここでは、緑茶がダイエットにどのように役立つかを解説していきます。よくCMなどで「体脂肪が燃える」などと宣伝されていますが、本当に緑茶はダイエットに効果があるのでしょうか?緑茶はダイエット中でなくとも毎日飲みたいものです。お茶自体は糖分もカロリーも含まれておらず、ビタミン類が豊富です。抗菌効果があるので美肌や虫歯予防に役立ちます。お茶に含まれているカフェインは、エネルギー源として脂肪を優先的に使うように促す効果があります。また、カテキン類にはブドウ糖の吸収を抑制する作用があり、体脂肪の増加を防ぎます。さらに、タンニンは脂肪分解酵素の働きを高めます。

 

緑茶ダイエット

<ダイエット中の緑茶の効果>

  • 無糖・ノンカロリー
  • 糖の吸収を抑制する
  • 脂肪を分解する効果を高める

ただ、気をつけたいのが、緑茶は脂肪を燃焼する“効果を高める“のであって、何もしないで脂肪が燃えるわけではありません。CMなどではゴクリと飲んでお腹の脂肪がボッと燃えるようなイメージがありますが、そこまで直接的な効果はありません。しかし、運動も取り入れたダイエットをしている人は、その成果アップが期待できます。また、毎日ジュースだった人が緑茶に置き換えるだけでも、ずいぶん違うと思います。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>ココアダイエット

 

ココアダイエットとは、朝夕の食事にココア1杯を飲むという、かなり穏やかなダイエット法です。ココアは甘いだけの子供の飲みものと思っていませんか?ココアはミネラル、食物繊維、ポリフェノールなどの栄養素が豊富で、代謝を高めて体を温める働きがあります。また、脂肪蓄積の抑制や便秘解消など、ダイエットに嬉しい効果もあります。

 

ココアダイエット

◎ココアダイエットのメリット

  • 脂肪の蓄積を抑制する
  • 便秘解消につながる
  • ストレス解消になる

 

▼ココアダイエットのデメリット

  • ココアを飲むだけではやせない
  • 砂糖を入れすぎるなどすると逆効果

ココアに含まれるカカオポリフェノールは、脂肪分解酵素の働きを妨げ、体に脂肪がたまるのを防ぐ効果があります。したがって、脂っこい食事をした後などに飲むのがおすすめです。また、つい頑張ってピリピリしがちなダイエット期間中は、リラックス効果のある飲みものは気持ちを落ち着かせてくれます。ただ、ココアを飲みさえすればやせる、というわけではありません。むしろ砂糖などを入れすぎてしまえば、間食が増えたのと同じことになります。ココアは、食事制限や運動などで疲れた心身を癒すために飲んで良いもの、という位置づけくらいが良いと思います。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>炭酸水ダイエット

 

炭酸水でダイエットができるというのは本当でしょうか?確かに炭酸を飲めばお腹が膨れる気がしますが、実際はどうなのでしょうか。そのとおり、炭酸水にはガスが含まれているので、水よりもさらに満腹感を得ることができます。それで食べすぎを防ぐことができれば、摂取カロリーが減ってダイエットになるというのが主目的のようです。また、それ以外にも、ミネラルなどが含まれた硬水であれば、排泄機能が高まってデトックス効果が得られます。さらに、水と同様、水分の摂取は体の代謝や循環を高め、加えて炭酸水には血管拡張効果があるので、血行も良くなって健康にもダイエットにもプラスに働きます。

 

炭酸水ダイエット

◎炭酸水ダイエットのメリット

  • 満腹感が得られ食べすぎを防ぐ
  • 排泄機能が高まる(硬水の場合)
  • 代謝や血行が良くなる

 

▼炭酸水ダイエットのデメリット

  • 水にしては値段が高い
  • 十分飲まないと逆に食欲が増すことも

しかし一方で、「コップ1杯飲んだくらいでは食べすぎは防げない」という声もあります。実は炭酸水は胃のぜん動運動を活発化させる働きがあり、逆に食が進むこともあります。確かに肉類などを食べている時に炭酸飲料を飲めばたくさん食べられる気もします。500ml飲めば満腹感を得る効果はあるそうですが、市販の炭酸水は500mlで約150円しますから、ちょっと高いと感じる人もいるかもしれませんね。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>白湯ダイエット

 

「白湯(さゆ)」とは、お湯をぬるくなるまで冷ましたもので、「湯冷まし」とも呼ばれます。お薬を服用する時に飲むイメージがありますが、白湯は昔から日本だけでなく中国やインドでも健康に良いという理由で飲まれてきました。白湯ダイエットとは、少し温かめの湯冷ましを飲むことで、体の循環をよくしてやせ体質になるというダイエット法です。水分を摂ることはもともとダイエットにもプラスに働くのですが、水ではなく温かいお湯にするとさらに嬉しいメリットがあります。白湯で胃腸が穏やかに温まると、胃腸は体の中心にありますから、全身の血流が促されます。すると老廃物の排出が活発になり、基礎代謝がアップします。また、内臓機能が高まり、体内浄化につながります。白湯ダイエットの方法は、朝の目覚めの1杯から。あとは昼や夜の空腹時や入浴後に、少しずつ飲むのが良いでしょう。1日800mlが目安です。

 

ダイエット効果

◎白湯ダイエットのメリット

  • 体を温め、代謝や脂肪燃焼効率を上げる
  • 胃腸に優しく、内臓機能を高める

 

▼白湯ダイエットのデメリット
白湯を飲むだけではやせない

 

もちろん、白湯だけ飲んであとは何もしない、では劇的なダイエット効果はありません。しかし健康体になることはダイエット効果を高めることになるので、そういう意味では白湯ダイエットはダイエット法と言うより健康法と言った方が良いかも知れません。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>黒酢ダイエット

 

お酢が体にいいことはさまざまなところで言われていますが、中でも黒酢の人気が高いのは何故でしょうか?他のお酢とどのような違いがあるのでしょうか?お酢には黒酢の他、米酢、穀物酢、りんご酢、ビネガー、バルサミコなどがあります。お酢がダイエットに良いと言われているのは、主にアミノ酸とクエン酸が含まれているからです。アミノ酸は脂肪蓄積をおさえる効果があり、クエン酸には脂肪燃焼や疲労回復の効果があります。黒酢や香酢、もろみ酢はこれらの含有量が他のお酢よりも豊富なのです。よく出回っているのは黒酢ですね。ダイエット効果のほか、高血圧予防、むくみ解消、抗酸化作用などの健康面への効果も期待できます。

 

ダイエット効果

◎黒酢ダイエットのメリット

  • 脂肪燃焼効果が高まる
  • 脂肪蓄積を抑制する
  • 疲労回復につながる

 

▼黒酢ダイエットのデメリット
お酢を飲むだけではやせない

 

黒酢は脂肪を燃焼しやすい状態にはしてくれますが、実際に脂肪が燃えるにはそういう運動をする必要があります。つまり、お酢を飲むだけではあまり効果がないのです。最もおすすめなのは有酸素運動です。クエン酸サイクルがうまく機能して、ダイエット効果が上がります。あとは活動的で規則的な生活をするだけでも効果はあります。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>豆乳ダイエット

 

豆乳ダイエットが話題ですが、本当にやせるのでしょうか?豆乳とは、大豆をすりつぶして煮詰め、濾した飲み物です。大豆の良い成分がふんだんに含まれており、液体なので豆腐などに比べて吸収が良いのが特徴です。豆乳ダイエットは、この豆乳の良いところを活かすダイエット法です。まず、豆乳に含まれる「大豆サポニン」は、脂肪や糖質の吸収を遅らせ、満腹感が得られる効果があります。また、基礎代謝が高まる「大豆ペプチド」、コレステロールや中性脂肪を減らす「大豆たんぱく質」などの成分がダイエットの効果を高めます。さらに、いまや有名になった「大豆イソフラボン」は、植物由来のエストロゲンと言われるほど女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするため、美肌などの美容・健康効果があります。

 

ダイエット効果

◎豆乳ダイエットのメリット

  • 食べすぎ防止効果がある
  • 基礎代謝が高まる
  • 体脂肪の燃焼を促進する

 

▼豆乳ダイエットのデメリット

  • 豆乳を飲むだけではやせない
  • 飲すぎると下痢になることも

「飲みにくい」と思われがちな豆乳は、「無調整豆乳」のことです。何も手を加えられていないので有効成分は最も豊富なのですが、人によっては苦手なことがあります。一方で「調整豆乳」や「豆乳飲料」の場合は、糖類や果汁などが加えられており、ずいぶん飲みやすくなっています。豆乳ダイエットだけでやせるのは難しいかもしれませんが、美容と健康にはとても良いのでおすすめしたい食品です。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>ダイエットドリンク

 

ダイエットドリンクには、お茶やお酢、シェイクなど多くの種類がありますが、一般的にダイエットドリンクとは、「置き換えダイエット」型のように比較的短期的にやせることを目的として、体に必要な栄養素や美容成分、脂肪燃焼効果などのダイエット有効成分を配合したものを指します。ダイエットドリンクを使ったダイエットは、どのような人に適しているのでしょうか?

 

ダイエット効果

<ドリンクダイエットに向いている人>

  • 短期的にやせたい人
  • 期限や目標体重がはっきりしている人
  • 自己管理しっかりしている人

ダイエットドリンクによるダイエットは、1食を飲み物に置き換えるというやや極端な方法であり、値段も比較的高価なものが多いので、長期間するにはあまり適していません。「同窓会までにやせたい!」という明確な期限や目標がある人には便利ですまた、短期的なダイエット法には必ずリバウンドというリスクが伴います。目標達成後も食事や運動などの自己管理をしっかりできる人でないと、もとどおりになる可能性が高いのです。

 

あとは、基本的に自由に始めて自由にやめられるので、飽きてしまったり、他の食事を摂りすぎてしまったりすることがありますそういった挫折やリバウンドを避ける管理能力がある人にとっては、カロリーや栄養成分がはっきりしているダイエットドリンクは、ダイエット成功の強い味方になります。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>牛乳ダイエット

 

牛乳には「太る」というイメージがありますが、最近「牛乳ダイエット」というダイエット法を耳にするようになりました。果たして、牛乳で本当にやせられるのでしょうか?牛乳には意外とダイエットに適した特徴があります。まず、みんなが思っているほどカロリーは高くありません。100gあたり、普通牛乳で67kcal、低脂肪乳で46kcalと、豆乳とほとんど変わらないのです。また、カリウム、たんぱく質、カルシウム、鉄など、ダイエット中には欠かせない栄養素がバランスよく含まれています。さらに、ほどよく満腹感があるので、食べすぎを防ぐ効果もあります。

 

ダイエット効果

◎牛乳ダイエットのメリット

  • 意外とカロリーは高くない
  • 栄養バランスが優れている
  • 満腹感が得られる

 

▼牛乳ダイエットのデメリット

  • 飲みすぎは禁物
  • 食事制限や運動と合わせないと効果がない

ダイエット中における牛乳の効果は、「骨や筋肉を減らさずに体脂肪を減らせる」ことです。体重が減るとつい無条件に喜んでしまいますが、骨や筋肉が減っても意味がないのです。1日200mlの牛乳を飲むことで、健康的にやせられます。ただし、牛乳をコップ1杯飲んだからと言ってやせるわけではありません。牛乳はしっかりダイエットする人のサポート飲料なのです。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>野菜スープダイエット

 

野菜スープダイエットとは、野菜スープを食事の中心にすることで、低カロリーで体に良い野菜をたくさん摂り、食べすぎや脂質の摂りすぎを防ぐダイエット法です。味や具をアレンジしやすく、自由度が高いのが野菜スープダイエットの特徴です。量をしっかり管理できるなら、野菜だけでなく肉類も加えて構いません。もちろん野菜もたっぷりと。

 

キャベツ、玉ねぎ、にんじん、セロリ、トマト、大豆などがおすすめです。味付けもコンソメ一辺倒ではなくて、時にはスパイスを効かせたりするなど、飽きないようにアレンジすることができます。スープは残さず飲むようにしましょう。ビタミンBやビタミンC、カリウムなど水に溶けやすい栄養素がたくさん含まれています。

 

ダイエット効果

◎野菜スープダイエットのメリット

  • 低カロリーで満腹感が得られる
  • レシピを工夫できる

 

▼野菜スープダイエットのデメリット

  • 野菜スープだけだと物足りない
  • 付け合わせるメニューによっては食べすぎることも

なお、一時期「7日間脂肪燃焼スープダイエット」という野菜スープダイエットが流行しましたが、これは1週間細かく決められたものだけを食べるというかなり極端な方法です。リバウンドの可能性が高く、たんぱく質が不足するなどの栄養面にも心配な点があります。あくまでも野菜スープをうまくダイエット中のレシピに取り入れることによって、健康的で長続きするダイエットをおすすめします。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>味噌汁ダイエット

 

「味噌汁って日本の味だよね!これなら毎日でも飽きない!」という人には、味噌汁ダイエットがおすすめです。具を入れたスープを飲むことで食事全体の量をセーブする方法は、スープダイエットと似ていますが、味噌汁ダイエットの場合はそれに大豆の良さが加わります。大豆にはビタミンB群や大豆サポニン、レシチン、イソフラボンなど、体の燃焼効率を高め、脂肪の吸収をおさえ、美容にも関連の深い成分が豊富に含まれています。味噌は大豆の発酵食品ですので、発酵の効果でこれらの成分の吸収がスムーズです。日本人の舌に合うと同時に、具のアレンジがしやすいのも味噌汁ダイエットのうれしい特徴です。特に大根、きのこ類、もやし、さつまいも、じゃがいも、こんにゃく、キャベツなどがダイエットに適しています。野菜類だけでなく、オルニチンが基礎代謝をアップしてくれるしじみなどもいいですよ。

 

ダイエット効果

◎味噌汁ダイエットのメリット

  • 摂取カロリーをおさえる
  • 基礎代謝を高める
  • レシピが豊富

 

▼味噌汁ダイエットのデメリット
普通の食事に足すだけではやせない

 

味噌汁ダイエットの方法は、1食を置き換えるのでも、いつもの食事を味噌汁分やや控えめにするのでもかまいません。ただ味噌汁を足すだけでも食べすぎ防止になるので構いませんが、運動などと組み合わせないと、
大幅にやせるのは難しいかも知れません。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット>ウーロン茶 ダイエット

 

ウーロン茶がコンビニや自動販売機で気軽に買えるようになったのは20年ほど前です。当初はウーロン茶が一大ブームになりました。きっかけは「ダイエットに良い」という評判です。緑茶を発酵させると紅茶になるのですが、ウーロン茶はその発酵を途中でストップさせたものです。ウーロン茶がダイエットに良いとされるのは、特有のポリフェノールが含まれているからです。ウーロン茶ポリフェノールには脂肪の吸収を抑制する働きがあると言われています。よく脂っこい中華料理と一緒に飲むとよいと言われていますよね。また、老化防止や自律神経を安定させる効果もあるということなので、ダイエット中の人におすすめなお茶なのです。

 

ダイエット効果

◎ウーロン茶ダイエットのメリット

  • エネルギー代謝が高まる
  • リラックス効果がある
  • 脂肪の吸収を抑える

 

▼ウーロン茶ダイエットのデメリット

  • あくまでも補助的な効果
  • 飲みすぎると下痢をすることも

ウーロン茶はあくまでもダイエットの補助的な位置づけです。ウーロン茶を飲んだからと安心してカロリーや脂質の高いものを食べすぎたり、逆にウーロン茶だけを摂ったりするのは禁物です。いつもジュースやお酒だったものをウーロン茶に置き換え、食事制限や運動の成果が出やすい体質にすることが重要です。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット>ホットヨーグルトダイエット

 

「ホットヨーグルトダイエット」というダイエット法を知っていますか?その名のとおり、温かいヨーグルトを食べるのですが、冷たいヨーグルトよりもダイエットに効果的であると言われています。ヨーグルトにはコレステロールや中性脂肪を減らし、腸内環境を整える働きがあります。ホットヨーグルトダイエットの効果はだいたいのところでヨーグルトダイエットと同じなのですが、温めて食べるとヨーグルトの有効成分がより効率的に吸収されるのだそうです。胃腸は冷えるとその機能が低下します。また、乳酸菌の活動も弱くなります。ホットヨーグルトなら体も温まり乳酸菌も活発になり一石二鳥ですよね。

 

ダイエット効果

◎ホットヨーグルトダイエットのメリット
ヨーグルトの良い点がさらに活かされる

 

▼ホットヨーグルトダイエットのデメリット
これだけではやせない

 

ホットヨーグルトダイエットの実践方法は簡単です。ヨーグルトにはちみつや水を混ぜて、電子レンジでチンするだけです。ヨーグルトの種類は問いませんが、できれば低脂肪や無糖が良いでしょう。いつもの食事にホットヨーグルトをプラスするだけでは、健康にはなるかもしれませんが、劇的にやせることはありません。食事は腹八分目、アルコールは控えめ、を心がけましょう。

 

 

ダイエット 効果>飲み物ダイエット(ドリンクダイエット)>禁酒ダイエット

 

禁酒してダイエットする方法が口コミで広がっています。口コミでは男性の体験者が多いのが特徴です。禁酒はダイエットだけでなく健康にも良さそうですね。ところで、お酒は飲むと太るのでしょうか?まず、アルコールにもカロリーがあります。コップやグラス1杯程度なら気にする量ではありませんが、ジョッキや瓶でがぶがぶ飲む人は大変なカロリーになります。例えば、

  • ビールジョッキ1杯200kcal、
  • 日本酒1合200kcal、
  • 焼酎コップ1杯250kcal、
  • グラスワイン100kcal

です。さらに、アルコールで食欲が増進してしまい、味も油も濃いおつまみをつい食べすぎてしまいます。さらに、内臓の機能が低下して基礎代謝が落ちます。これらの理由から、お酒は太る原因になると言えるでしょう。すると、当然お酒をやめれば単純に摂取カロリーが減り、やせることが考えられます。また、内臓への負担が減ることで、健康面でもメリットがあります。

 

ダイエット効果

◎禁酒ダイエットのメリット

  • 健康になる
  • お酒の量が多い人ほど効果が高い
  • 節約になる

 

▼禁酒ダイエットのデメリット

  • 精神的にキツイ
  • もともとあまり飲まない人には効かない

しかし、ダイエットが目的であれば、1滴も飲まない禁酒まで厳しくすることはないのかもしれません。少量のお酒は血行促進などの効果があり、何より気分転換になります。ただし、「ほろ酔い手前」でやめましょうね。