ダイエット 効果

ダイエット 効果>話題のダイエット方法

 

ダイエット 断食

 

断食ダイエットとは、文字通り「食」を「断つ」ダイエット法です。一定期間の断食を行うことは、内臓に休息を与え、体内の不要な老廃物を排出する効果があります。

 

ダイエット 断食

◎断食ダイエットのメリット

  • デトックス効果がある
  • 内臓を休めることができる
  • お金がかからない
  • 食習慣の見直しにつながる

 

▼断食ダイエットのデメリット

  • 健康に問題がある人には難しい
  • 水分補給など、安全に行うには知識が必要

 

全身に効果の高いダイエット法である反面、やや極端な方法でもあるため、実際に行うには注意が必要です。まず、体に負担がかかるため、妊娠中や仕事が忙しい人、健康に問題がある人などにはおすすめできません。また、初心者がいきなり3日も4日も自己流で断食するのも心配です。正しい方法で断食ができたとしても、その後のリバウンドを防ぐという難関があります。頑張って断食をした後は気の緩みもあるでしょうし、一定期間食事をしなかった体は、以前よりも消化吸収力が上がっています。断食後は軽い食事からスタートしたいものですが、つい食欲に負けて食べすぎることが多いのです。

 

このように、健康に問題が生じない正しい断食をして、その後のリバウンドを防ぐためには、できれば専門家の指導のもと、そういった宿泊施設などで行うのが良いでしょう。うまく取り入れられれば、生活や体質の改善、ダイエットにも大きな効果が期待できます。

 

 

耳つぼダイエット

 

耳つぼダイエットは、耳にある食欲をコントロールするつぼや、むくみに効くつぼを刺激することでやせることを目指すダイエット法です。激しい食事制限や運動をしなくて済むので、ストレスが少ないことが特徴です。

 

耳つぼダイエット

◎耳つぼダイエットのメリット

  • つぼ刺激だけなので、続けやすい
  • 運動や厳しい食事制限が苦手な人でもできる
  • リバウンドしにくい
  • つぼによっては冷えやむくみ、美肌に効くことも

 

▼耳つぼダイエットのデメリット

  • 治療院で行うとお金がかかる
  • 効果がみえにくい

 

耳つぼダイエットのやり方は、自の指や棒で刺激する、治療院に行くなどです。最近では専用のシールを貼るのが主流になりつつあるようで、見た目もピアスのようでオシャレなものが売られています。自分できればお手軽で安上がりなのですが、耳のつぼは小さくて、正しい位置も分かりにくいので、治療院でやってもらえると確実です。しかし、治療院は提示されている価格が千差万別で、どれが適正か分かりにくいのが難点です。目安は、一回の施術で1000円〜2000円ですが、低下した食欲を補うためにサプリメントを処方されることがあり、これが院によっては異様に高かったりするのです。

 

さて、肝心の食欲がなくなるという効果についてはどうでしょうか?やはりこれも個人差があります。耳つぼダイエットは、劇的にやせる効果があるというよりは、それを補助する位置づけなのだと思って実行するのが良いと思われます。

 

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>ためしてガッテン ダイエット

 

ためしてガッテン ダイエット

NHKの情報番組『ためしてガッテン』では、これまでにさまざまなダイエット法が紹介されてきました。それぞれのテーマについて深く掘り下げられ、裏付けのしっかりした作りになっています。スポンサーのつかないNHKとあって、信憑性も一段高く感じますよね。『ためしてガッテン』で放送されたダイエットに関連する番組は、低カロリーダイエットは本当に効果があるか、ゆっくり筋トレする「スロートレーニング」とは、フルーツダイエットとは何か、揉みだしマッサージは本当にやせるのか、女性がダイエットに失敗する理由と対策など、多岐にわたります。

 

中でも『ためしてガッテン』で紹介されたことで有名になったのは、「計るだけダイエット」です。毎日朝と夜に体重を計って記録するという、いたってシンプルな方法ですが、とても話題になっています。公式ホームページには「ためしてガッテンダイエットクラブ」という特設サイトもあります。目標や実績の管理ができ、アドバイスがつくので参考になります。

 

昔、『あるある大事典』という民放の番組がやらせ問題で廃止になりましたが、『ためしてガッテン』は今のところそういった不祥事はおこしていません。実験のサンプル数が少なく、あまりにも都合のよい結果が出るのが怪しいという見方もありますが、解説がしっかりしていることと、反響が大きかった場合、再度検証番組を作っているところが支持されているのでしょう。

 

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>韓国 ダイエット

 

韓国 ダイエット

韓国は美容に関心の高い国で、ダイエットの手法もさまざまです。日本のダイエット事情とはどう違うのでしょうか?日本と韓国のダイエットにおける大きな違いは、日本では摂取カロリーや食品を制限するダイエット法が主流で、韓国は体に良いものを積極的に摂ることが重要視されていることです。韓国料理にはダイエットに適したメニューが数多く存在します。

 

例えば、定番のキムチですが、キムチには唐辛子がふんだんに使われており、唐辛子の主成分であるカプサイシンには、発汗・脂肪燃焼作用があります。また、ビタミンC、E、B群などの栄養素が豊富で、ダイエット中に多い肌荒れを防ぐ効果があります。さらに、キムチには乳酸菌が含まれていて、腸内環境を整え、便秘の予防につながります。韓国料理と言えば焼肉?そんなことはありません。韓国食は野菜中心で低カロリーなのです。また、にんにく、しょうが、ネギなどの香味野菜やゴマなど、栄養価が高く抗酸化作用がある食材を多く使っていることが知られています。

 

韓国の人は、代謝を促して健康に良い食べ物をたくさん取ることにって、体内バランスを整えて健康的にやせることを目指しているのですね。とはいえ、最近は韓国におけるダイエットも多様化して、黒豆だけを食べるという過激なダイエット法が流行することもあるようですが。

 

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>ダイエット アプリ

 

ダイエット アプリ

ダイエットに失敗する人が多いのは、「続けられない」ことが原因だそうです。それを補助する役割があるのが、スマートフォンなどで使えるダイエット関連のアプリです。iPhone版やAndroid版があり、さまざまな種類が提供されています。使える機能はアプリによって違いますが、基本的に体重や摂取カロリーを管理するものが主流です。例えば、以下のような機能があるアプリがあります。

 

<ダイエットアプリの使用例>

  • 毎日の体重を記録、データをグラフで確認
  • 毎日の食事を記録、カロリーを自動計算
  • 毎日の運動を記録、推定消費カロリーを計算
  • 身長、体重、年齢、性別、職種などから基礎代謝を自動計算
  • その日はあと何カロリー摂取して良いか表示

データを記録することで成果や目標が視覚的に分かることは、ダイエットを続けるのにとても役に立ちます。また、面倒なカロリー計算などをアプリがやってくれるので、記録するのが楽しくなります。ダイエット関連のコミュニティサイトやTwitterで仲間と共有して、「頑張ったね!」「一緒にやせよう!」と言ってもらえると、励みにもなりますよね。数あるアプリの中でもダイエットアプリはとても人気があって、種類もたくさんあります。楽しくやせるのに強力なアイテムになると思います。ただし、アプリをダウンロードしたからって体重がダウンするわけじゃないですよ、念の為。ちなみにわたしは「もぐたん」というダイエットアプリを高校生の娘から教わりダウンロードして使っています。これを使うようになってからカロリーを気にするようになり体重が増えなくなりました。

 

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>ダイエットグッズ

 

ダイエットグッズ

これほどたくさんの人達がダイエットに興味があるのか、と感心するほど、世の中にはダイエットグッズに関連する商品であふれています。分類すると、以下のようになります。

 

<ダイエットグッズの分類>
エクセサイズ系
ウェア、サポーター系
食品、飲料系

 

 

やはり商品が充実しているのは“エクセサイズのダイエットグッズ系“です。エアロバイクやルームウォーカー、ステッパー、グリップ、ダンベルなど、トレーニングに使用する時に使用するものは相変わらず豊富です。しかし、最近はウエストなどに巻いて電気刺激で筋肉を鍛えるEMSグッズが人気を集めています。“ウェア、サポーター系“ダイエットグッズは、例えばサウナスーツなどです。最近は加圧が流行っているのか、加圧サポーターやパンツがランキングによく登場します。骨盤ベルトなども売れていますね。“食品、飲料系“は、低カロリーのダイエット食品やお茶などです。ダイエット食は昔に比べてメニューも多彩で、味も良くなっているといいます。

 

上記以外の分類のダイエットグッズは、例えばヨガや体操のDVDやマッサージオイルなどの化粧品があります。どのジャンルに置いても共通しているのは、「付けているだけで運動になる」、「食べてやせる」といった、どこか逆説的で、頑張らないダイエットを目指すグッズほど人気があるようです。

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>ダイエット 食事制限

 

ダイエット 食事制限

「ダイエットなんて、食べなきゃ勝手にやせるんじゃないの?」と思っていませんか?実は、食事制限だけに頼ったダイエットは、リバウンドしやすく、健康を損なう危険性があるのです。

 

なぜ食事制限のみのダイエットはリバウンドしやすいのでしょうか?それは、人間の体は入ってくるエネルギーが減ると基礎代謝の低い体質が変わるようにできているからです。食事制限によるダイエットをして体に吸収される栄養が少なくなると、体は大量のエネルギーを必要とする筋肉を減らしてしまいます。筋肉が減って基礎代謝が低下するということは、太りやすい体質になるということです。頑張って努力してダイエットした結果、太りやすくなるというのは皮肉ですね。

 

また、ダイエット中だからと言って、極端にタンパク質や脂質、炭水化物を摂らない食事制限は、健康を損なう恐れがあります。タンパク質が不足すると筋肉が減って脂肪が燃えにくい体質になります。また、抜け毛や貧血、むくみの原因になります。脂質が不足すると骨密度の低下や肌荒れにつながります。炭水化物が不足すると脳や肝臓の働きが低下し、疲労がたまりやすくなります。このように、食事制限によるダイエットは気をつけないと思わぬ落とし穴にはまります。食生活の見直しは大切なことですが、運動などとうまく組み合わせて、リバウンドや不健康のないダイエットを心がけましょう。

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>巻くだけダイエット

 

「巻くだけダイエット」というダイエット法があることを知っていますか?2010年ごろからブームになっているので、聞いたことくらいはあるかも知れません。一体何をどこに巻くのでしょうか?そして、本当にやせるのでしょうか?巻くだけダイエットは、伸縮性のあるバンドを骨盤部分に数分巻きつける、という実にお手軽なものです。骨盤のゆがみを矯正することで、下半身のスリムアップ、便秘や生理痛の改善、姿勢の改善が期待できます。他の部分にも応用できますが、基本的には骨盤まわりが主なので、一種の骨盤ダイエットとも言えると思います。

 

巻くだけダイエット

◎巻くだけダイエットのメリット

  • 1日数分で済み、時間を取られない
  • バンドを使うだけなので器具などのお金がかからない

 

▼巻くだけダイエットのデメリット

  • もともと骨盤にゆがみがない人は効果が薄い
  • 長期間続けることが重要

どのダイエット法にも言えることですが、巻くだけダイエットも効果には個人差があります。骨盤のゆがみが体重や体脂肪の多さの原因でなかった人や、もともと肥満ではない人には効果が薄いかもしれません。しかし、たいして時間もお金もかからないので、ダメもとでやってみるのも良いと思います。簡単な体操になりますし、やせられなくても生理痛や便秘に効果があればラッキーですよね。また25歳以上の人のほとんどが骨盤がいびつにゆがんでいるというデーターもありますので試してみる価値もありますね。

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>炭水化物抜きダイエット

 

炭水化物抜きダイエットとは、毎日の食事から糖質・デンプンなどの炭水化物を抜き、体内で脂肪が作られるのを抑えようというダイエット法です。効果が高い反面、正しいやり方と厳しいルールを守る必要があり、安易に炭水化物を抜くことには危険性を訴える声が多く聞かれます。

 

炭水化物抜きダイエット

◎炭水化物抜きダイエットのメリット

  • 効果が高い
  • 肉や魚が食べられる

 

▼炭水化物抜きダイエットのデメリット

  • 正しく行わないと、危険が大きい
  • リバウンドの可能性が高い

炭水化物抜きダイエットは、もともとは糖尿病をアレンジしたものです。本来正しく行うためには、栄養面で知識や工夫が必要です。主食である炭水化物を抜くのですから、それを他のおかずや補助食品で補わなければいけません。ただ単に「今日はご飯抜きでおかずだけ食べよう」では良くないのです。炭水化物を完全に抜くことは健康に心配な面もあります。例えば、糖質は脳にとって必要不可欠な栄養素であり、不足すると思考力の低下や無気力を引き起こします。また、肝臓では不足した糖質を補うためにグリコーゲンを分解して糖新生を繰り返し、大きな負担がかかります。もし炭水化物抜きダイエットに興味があるなら、炭水化物を「抜く」のではなく「減らす」低炭水化物ダイエットに挑戦してはどうでしょうか?ただし、くれぐれも注意事項をよく確認して下さいね。

 

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>計るだけダイエット

 

計るだけダイエットとは、朝晩2回体重を計り記録することで、常にダイエットを意識し、ダイエット効果を上げるという方法ですNHKの情報番組『ためしてガッテン』で紹介され、一躍有名になりました。生活習慣病の治療法である「自己評価管理法」がもとになって考案されたものだそうです。

 

計るだけダイエット

◎計るだけダイエットのメリット

  • 成果がグラフで実感できる
  • 運動や食事のコントロールへの意欲がわく

 

▼計るだけダイエットのデメリット

  • 毎日測定や記録をするのが面倒
  • 短期的な効果は期待できない

計るだけダイエットは、ただ体重計に乗れば良いというものではありません。記録をグラフ化することが大切なのです。体重の変化を視覚的に確認することができ、増えたら頑張ろうと思いますし、減ったら嬉しく思います。また、間食など自分の食生活の反省点を「言い訳欄」に書くことで、ダイエットにおける問題点が浮き彫りになり、対策をたてることができます。計るだけダイエットは、一般的なダイエット法とは違い、ダイエットを継続させ成功させるために役立つ補助ツール的存在です。最近はパソコンやスマートフォンで簡単に管理できるアプリケーションが多数開発され、多くの人が利用しています。

 

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>アミノ酸 ダイエット

 

アミノ酸ダイエットは、アミノ酸を摂取することで何もしなくてもみるみる脂肪が燃焼してやせる、というものでは残念ながらありません。CMや情報番組を見ているとどうしてもそういうイメージを抱いてしまうのですが、アミノ酸自体が脂肪を分解する働きはないので、覚えておいて下さい。

 

では、なぜ「アミノ酸ダイエット」という言葉が流行しているのでしょうか?実は、アミノ酸ダイエットとは、基本的には運動によるダイエット法です。運動することによって基礎代謝をあげ、やせやすい体を作るのですが、その時アミノ酸を摂取することで、筋肉の疲れを翌日に残さない効果があるのです。

 

アミノ酸 ダイエット

◎アミノ酸ダイエットのメリット

  • 運動やダイエットのストレスを軽減
  • 基本的に食事制限の必要はなし

 

▼アミノ酸ダイエットのデメリット

  • 運動をすることが大前提
  • ドリンクなどでは逆に太ることも

アミノ酸は、運動を伴うことで筋肉を増強し、疲労を回復するのには効果的です。筋肉が増えれば基礎代謝がアップしますから、やせやすい体質になります。しかし、アミノ酸を摂取すればやせるということはありません。むしろ、たんぱく質のもとですから、太りやすい物質と言えます。運動を伴うダイエットの効果を高めるのは間違いなさ

 

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>ダイエット デトックス

 

「デトックスダイエット」とは、体内の老廃物や有害物質を排出することで健康になり、やせやすい体をつくるというダイエット法です。「デトックス(detox)」とは、「解毒」という意味です。直接的に体重や脂肪を減らすダイエットと言うよりも、体内の不要物のダイエットと呼ぶ方がふさわしいかも知れません。

 

ダイエット デトックス

◎デトックスダイエットのメリット

  • 便秘の解消、美肌効果
  • 心身ともにリフレッシュできる

 

▼デトックスダイエットのデメリット

  • やせる効果は不透明
  • あやしい商品が多い

 

 

ダイエットの方法も様々ですが、デトックスの方法もさまざまです。一般的に、発汗、便通、運動、特定の食事、マッサージなどがデトックス効果のあるものとされています。発汗を促す入浴や岩盤浴はよく耳にしますね。ヨガやストレッチはデトックスでなくとも健康には良さそうです。マッサージも同様ですね。水を良く飲むことや、便秘解消に効果がある食品を摂ることも良いでしょう。その他、腸内洗浄や断食という少しハードな方法もあります。

 

デトックスは聞いているだけでもすっきりするイメージがありますが、デトックス商品の中には、科学的根拠の乏しい効果をうたっていたり、さもすべてもの人工物や金属類を有害物質であるような煽り方をしているなど、疑問の残るものが少なくありません。高額な費用がかかるようなら、よく調べてから購入するようにしましょう。

 

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>ステッパー ダイエット

 

ステッパーダイエットとは、家庭用足踏みマシンを使って自宅でトレーニングを行う運動系のダイエット法です。手軽に有酸素運動ができ、同時に筋肉を鍛えることができます。全身に効果がありますが、特に下半身に高い効果があります。しかし運動がメインなので、運動が苦手で飽きっぽい人にはキツイダイエット法です。

 

ステッパー ダイエット

◎ステッパーダイエットのメリット

  • 自宅で有酸素運動ができる
  • 下半身のスリムアップに効果がある
  • トレーニング器具の割には場所を取らない

 

▼ステッパーダイエットのデメリット

  • すぐに飽きてしまう、疲れる
  • 運動が苦手な人には続ける事が難しい

最近のステッパーは通販でも気軽に買うことができ、デザインも優れていて場所も取りません。単純に上下に足踏みするタイプのものや、サイドにスライドするもの、ねじりを加えたスイングステッパーなどの種類があります。安定感が欲しい人は、すこしかさが増しますが、ハンドル付きのものもあります。いずれにしても、ルームウォーカーやエアバイクよりも場所を取らず、値段もお手頃です。運動で消費カロリーを増やし、有酸素運動で脂肪を燃焼させ、筋肉を鍛えることで基礎代謝をあげることができる優れたダイエット法ですが、効果を出すには毎日続けることが重要です。

 

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>misono ダイエット

 

misonoダイエットとは、倖田來未の実の妹である歌手のmisonoさんが、音楽番組でおこなった公開ダイエットのことです。もともと太りやすい体質と言われるmisonoさんが、体重や体脂肪、3サイズなどを公開してダイエットに取り組む様子は、多くの女性の中で話題になりました。misonoさんがダイエットに本格的に取り組んだ期間は3ヶ月です。結果は大成功だったそうです。

 

misono ダイエット

<misonoダイエットの効果>

  • 体重:56.2s → 48.5kg(−7.7kg)
  • 体脂肪:32.1% → 22.7%(−9.4%)
  • ウエスト:70cm → 62.2cm(−7.8%)
  • ヒップ:95cm → 90.3cm(−4.7cm)
  • 二の腕:28.7cm → 25.5cm(−3.2cm)

ダイエットをプロデュースしたのは「たかの友梨ビューティクリニック」だそうです。サロンでは頭皮マッサージや大量発汗エステ、ぜい肉揉み出しに光痩身、セルライト除去と小顔エステなどが施されました。しかし、ただサロンに通っただけではなく、ご本人の努力もありました。ジム通いやォーキング、半身浴などを続け、栄養バランスを考えた11品目の食事をしっかり噛んで食べる、どの生活習慣の改善もダイエットの成功に寄与したことは間違いありません。有名人のダイエット方法をそのまま取り入れれば誰でも成功する、というわけではもちろんありませんが、misonoさんのダイエットへの意気込みや感想は、多くの共感を呼び、励ましになったことでしょう。

 

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>ダイエット セルライト

 

ダイエット セルライト

ダイエットに取り組むにあたっては、「セルライト」という言葉についても知っておきましょう。セルライトとは、皮下脂肪が溜まって肌の表面が凸凹になっている状態で、お尻、太ももによくみられます。エステ業界などでは「脂肪組織に老廃物や水分が溜まったもの」とされていますが、医学的にはまだ諸説ある状態で、そこまでは解明していません。ダイエットしても下半身にまったく効果がない!なんて経験はありませんか?

 

セルライトは普通の脂肪とは違って代謝が非常に悪い状態にあり、肪細胞が線維化してなかなか減らないのだそうです。ダイエットをしても効果が出ない原因には、セルライトが挙げられています。また、セルライトは見た目が悪いだけでなく、冷えやむくみとセットになっており、健康面にも影響します。

 

まずはセルライトができないようにすることを心がけましょう。セルライトは脂肪がつきやすい所にできるので、そもそも太らないようにすることが大切です。また、血液やリンパの循環が悪くなることもセルライト発生の原因になりますので、運動不足や不規則な生活は避けたいものです。それでもできてしまった場合は、セルライト除去も視野に入れたダイエットに挑戦しましょう。除去の方法はさまざま紹介されています。例えば、美容体操、サプリメント、超音波マッサージ、レーザー治療などです。エステだけでなく、鍼灸やあんま院でも相談に乗ってもらえます。

 

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>内臓脂肪 ダイエット

 

内臓脂肪 ダイエット

内臓脂肪は、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの生活習慣病を引き起こすと言われています。内臓脂肪をダイエットすることは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)などの予防につながります。自分はやせ型だから脂肪とは無関係、などと安心してはいけません。内臓脂肪は、体重は標準なのに全身の筋肉に対して脂肪の比率が高い「隠れ肥満」の人に多いのです。しかも、内臓脂肪は皮下脂肪よりもダイエット効果が出にくい、やっかいなものなのです。

 

内臓脂肪は基本的に肝臓に蓄積しますが、肝臓がそれ以上脂肪を蓄えられないとなると、他の臓器にも蓄積し始めます。コツコツと蓄積された内臓脂肪は、皮下脂肪よりもさらにダイエットで減らすことが困難です。内臓脂肪は腹筋などの筋トレでダイエットすることはできません。内臓脂肪を減らすには有酸素運動が必要です。ウォーキングやスイミングやジョギングなど、じっくり時間をかけて全身の血液循環を良くし、肝臓の働きを良くすることによって脂肪の分解を促すのです。食事療法で摂取カロリーを抑えることも大切ですが、内臓脂肪ダイエットにおける過度の食事制限には注意が必要です。極端な食事制限は血糖値の上昇につながり、血糖値を下げるために大量のインスリンが分泌されるからです。インスリンは血中の糖を脂肪に変えて体内にため込む作用があります。

 

ダイエット 効果>話題のダイエット方法>リセットダイエット

 

リセットダイエットが話題になっていますが、どのようなダイエット法なのでしょうか?リセットダイエットとは、1週間食品や調味料などの食事制限を行い、体重減らすと同時に、味覚や食事の量を見直す(リセット)する効果があると言われています。基本的には炭水化物抜きダイエットや脂抜きダイエットに似ていますが、7日間という短期集中であることが最大の特徴です。

 

リセットダイエット

◎リセットダイエットのメリット

  • 短期的に効果がある
  • NG食品以外は量を気にせず食べてもいい

 

▼リセットダイエットのデメリット

  • 栄養バランスが崩れる心配がある
  • リバウンドの可能性が高い

厳しい食事制限を延々と続けるのは誰でも辛いでしょうが、「1週間なら何とかなるかも」と考えてしまう人が多いのが人気の理由ではないでしょうか。食事制限の内容は、基本的に炭水化物と脂肪は厳禁。野菜でも糖質が一定以上あるものは食べられませんし、イモ類・豆類も禁止です。肉類や魚類にも厳しい制限があります。摂取カロリーがずいぶん低くおさえられているので、確かにやせる効果はありそうです。しかし、リセットダイエット後はどうでしょうか?以前の食生活に戻るようでは意味がありませんし、かといってずっと継続させるには栄養面で無理があると思います。リセットダイエットは、「その後どうキープさせるか」が非常に難しいダイエット法だと思います。