骨盤 ゆがみ 症状

ダイエット 効果>ダイエット 骨盤>骨盤 ゆがみ 症状

 

骨盤ゆがみ>骨盤 ゆがみ 症状>骨盤 ゆがみ と低身長

 

骨盤のゆがみを正す骨盤矯正をすると、身長が伸びるって本当ですか!?とよく質問を受けます。骨盤がゆがんでいると、猫背やO脚になりますので、骨盤矯正をし、骨盤のゆがみを正すことで、猫背やO脚などの歪んでいる骨が真っ直ぐになります。歪んでいた骨が真っ直ぐになった分だけ、成長が終わった大人でも、身長が1センチ〜6センチくらい高くなります。骨盤矯正後に伸びる身長は、人それぞれで、骨盤のゆがみの正し具合や、以前にどれだけ歪んでいたかにかかっています。

 

骨盤の歪みをとる骨盤矯正メリットは、歪んでいた骨や筋肉を正すだけでなく、骨盤のゆがみにより分泌低下を引き起こしていた成長ホルモンの分泌が活発になり血液の流れもよくなるので骨端軟骨が刺激され骨の成長を促進することにより、成長期においては、背が伸びますし、成長が終わった大人においては、アンチエイジング効果,肩こりや腰痛の解消、骨を丈夫にする効果などがあります。身長を伸ばしたい場合は、下記の4点を継続して行いましょう!

  • 骨盤の歪みを正す骨盤矯正を最低数ヶ月間は続けると共に、
  • 栄養(特に カルシウム+ビタミンD)
  • 運動(特に、縄跳びや幅跳びなどの跳び運動でひざの骨に刺激を与えるものが効果的)
  • 睡眠(10時から7時間ねること)

 

骨盤ゆがみ>骨盤 ゆがみ 症状>骨盤 歪みと体の歪み

 

自分の身体が歪んでいるかどうか知りたい時、下記の5点をチェックするのが分かりやすいでしょう。

  • 左右のウエストのくびれの位置の違い、
  • お尻の左右の丸みの高さの違い、
  • 左右の膝の位置と形の違い、
  • 左右の足の長さの違い、
  • 生理痛の時に、お腹全体が痛むのではなく、左右どちらかだけが痛む

などです。自分でも分かるほど 身体が歪んでいる場合は、99,9%の確立で何らかの身体的不調を抱えています。女性は、筋力が少ないので、骨盤ケアは必須です。骨盤周りを支えているお腹周りの筋肉がないと骨盤を背骨だけで支えることになり常に緊張状態になります。また、骨盤周りを支えている左右の筋肉のバランスが悪いと、歪んだ状態で骨盤を支え続けることになり身体に過剰付加をあたえつづけていることになります。なんとか骨盤を支える力をカバーしようと、脂肪でカバーをしようと脂肪蓄積体質になります。下半身や下腹に脂肪ががっちり付いている人は、骨盤ケアをすることで解消することができます。

 

また、骨盤の底には、骨盤の中にある子宮や膀胱や膣や尿道などを下に下がらないように支え守る働きをしています。この骨盤底筋は、肥満,出産,便秘,加齢などによってホルモンバランスが崩れることで弱っていきます。骨盤底筋の筋力がなくなりゆるんでくると、内臓下垂がおこり、尿道を閉めにくくなることによって、頻尿や尿漏れを引き起こします。 出産後の骨盤ケアも必須ですね。

 

骨盤ゆがみ>骨盤 ゆがみ 症状>骨盤 歪みと肩こり

 

どうしても治らない肩こりがある人、肩こりが慢性化している人は、骨盤のゆがみを疑ってみましょう!!骨盤のゆがみを正す骨盤メンテナンスで、肩こりが治る可能性が高いです!!骨盤と肩甲骨は、二足歩行を始める前までは、“歩く”という活動の要である同じ働きをしていました。二足歩行となり、骨盤と肩甲骨の機能が変わり、骨盤と肩甲骨を支える骨や腱や筋肉の形が変わったとは言え、骨盤と肩甲骨は、密接なつながりを持っています。

 

骨盤が歪むと肩甲骨の動きも鈍り、肩甲骨と背骨をつなぐ筋肉も固まってしまいます。骨盤の歪みから、身体の前面を縮め、身体の背面を伸ばす猫背の姿勢をとるようになり姿勢の悪さによって更に拍車をかけて、筋肉の動きがなくなり、血流障害を引き起こし、慢性的肩こりとなります。肩こりの人は、更に、身体の背面の筋肉が固まって腰痛を併発し、背骨から伝わる全神経の歪みを生じさせ、あらゆる病気を引きおこします。

 

肩こりの人は、ガンになりやすい という統計も出ています。肩こりを放置するのは、命取りです。ストレッチや、姿勢を良くする事を心がけても、何をしても肩こりが良くならないという場合、骨盤の歪みを正す骨盤矯正をすることで、肩こりとそれに付随するあらゆる体調不調を改善する可能性が高いです。骨盤は、特に女性の健康の要なのです。

 

骨盤を支える股関節と同様に、肩甲骨も6方向の円運動をして身体を支えます。肩甲骨が固まると 骨盤も歪む、骨盤が歪んでいると、肩甲骨が固まる という悪循環になりますので、肩を動かすストレッチと共に、骨盤のゆがみを正す骨盤矯正を行うことが必要です。

 

骨盤ゆがみ>骨盤 ゆがみ 症状>骨盤 痛み

 

骨盤の痛みを訴え、「骨盤が痛い!!」と言って病院に駆け込む人は、医療現場では非常に多いメジャーな症状なんだそうです。骨盤や骨盤周辺の痛みの原因は、

  • 身体の要である骨盤に歪み(傾斜,ねじれ,関節のズレなど)がある
  • 骨盤の歪みにより、骨盤の上の背骨(脊椎)の配列が悪くなっている
  • 骨盤を支える股関節の角度が左右アンバランスになっていたり角度が悪い
  • 骨盤の歪みにより、骨盤周辺の筋肉が過剰緊張状態にあり、神経を圧迫している

いずれにしても骨盤のゆがみを正すことが必要です。骨盤のゆがみを放置すると、ガンをはじめとする あらゆる病気を引き起こします。骨盤と腹部の両方が痛む場合⇒内臓疾患が疑われるので、至急内科を受診すること。腫瘍(ガン)の可能性も高いです。骨盤の痛み で病院に駆け込んだ人の診断結果は、下記の通りです。

  • 婦人科臓器(頸部,子宮,子宮付属器)の病気発症
  • 非婦人科臓器に起因するもの
  • 原因不明なもの

骨盤の中に守られるように存在する子宮や頸部や子宮付属器は、骨盤の歪みの影響を受けやすく、骨盤の歪みは、流産や切迫早産や難産などのトラブルを引き起こします。骨盤のゆがみを取り除くことが、必要です。

 

骨盤ゆがみ>骨盤 ゆがみ 症状>骨盤 腰痛

 

身体の中心である骨盤が歪むと、身体の上部も下部も歪み、腰痛をはじめ、あらゆる病気を引き起こします。腰痛の原因は、2つのケースがあります。

  • 腰椎(背骨の一部)が原因で起こる腰痛⇒椎間板ヘルニア、脊椎分離症、腰椎すべり症
  • 骨盤が原因で起こる腰痛⇒女性の腰痛は99,9%が骨盤の歪みが原因です。

 

女性の骨盤と腰痛との関係

 

妊娠する
  ↓
リラキシン(靭帯をゆるめるホルモン)が分泌され、骨盤が急激にゆるむ。
  ↓
骨盤周りの筋肉が緊張し、骨盤を支える
  ↓
骨盤は、骨盤真ん中にある『仙骨』と、仙骨両側に広がる『寛骨』が靭帯によって連結しています。靭帯がゆるんだ状態で、左右バランスの悪い姿勢をとったり、無理な姿勢をするだけで、簡単に 骨盤(仙骨)が歪んでしまう
  ↓
骨盤周囲の筋肉や靭帯が、歪んだ骨盤を支えようと過剰緊張状態になる
  ↓
腰痛 発症

 

 

骨盤(仙骨)が歪んだ状態で立つ
  ↓
腰椎のカーブがきつくなる
  ↓
椎間板ヘルニア、脊椎分離症、腰椎すべり症 が起こりやすくなる
  ↓
神経が圧迫され、激痛 や しびれ

経産婦でなくても、男性と違って筋肉量が少ないので女性は、骨盤周辺の筋肉に無理な付加をかけ続けているので、骨盤メンテナンスをしない女性は、ほぼ間違いなく、骨盤が歪んでいます。また、横座り、ぺたんこ座り、足を組む、片方に体重をかけて立つ、片方にバックを持つなどの日常のちょっとした癖でも、骨盤(仙骨や腰椎)はずれ骨盤の歪みを引き起こします。

 

 

腰痛を放置
  ↓
腰椎周辺の神経は痩せやすいので、痛みすら感じなくなります。
  ↓
足のしびれ,
下半身の動きが感知できない,入浴時に片足だけ温度が感じられないなど無知覚症状
内臓機能の低下
  ↓
尿や便が自力排出できなくなる
立つことすらできなくなる

腰痛は、非常事態を教えてくれる 身体のアラート機能です!!女性には、骨盤のゆがみを正す骨盤矯正が必要です。

 

骨盤ゆがみ>骨盤 ゆがみ 症状>骨盤矯正と痩身

 

骨盤のゆがみは、毒素を溜め込んだデブデブ体質になります。。。。。。

 

骨盤にゆがみを正す
    ↓
本来あるべき位置に靭帯や筋肉がつく
    ↓
神経,血管,リンパ管の位置も正常になる
    ↓
血液の循環がよくなる
    ↓
新陳代謝が活発になる
    ↓
理想のプロポーションになる!!

 

骨盤の歪み⇒扁平骨盤(骨盤全体が横に大きく開いている)
    ↓
O脚,貧乳,大きな膝,太くて醜い脚,太いふくらはぎ、寸胴の足首、たぷたぷ二の腕,デカ顔など冷え性,肩こり,腰痛,生理不順,生理痛,便秘,肌荒れ,不妊,流産,切迫早産,難産,ガンなど

理想のプロポーションを手に入れるには、食事制限や運動だけでなく、骨盤のゆがみを正す骨盤矯正が必要です!!骨盤のゆがみを正せば、下半身痩せます!!

骨盤の歪み
   ↓
骨盤周りの筋肉が、部位によって不自然に ゆるんだり、緊張したりする
   ↓
内臓下垂(骨盤に守られている子宮などの臓器が下に下がる)
   ↓
下腹が出る=お腹ポッコリ,下半身デブ形成!!臓器機能の低下
   ↓
新陳代謝が落ちて ますます下半身デブに。。。

 

下半身痩せ 成功の秘訣は、食事制限や運動だけでなく、骨盤のゆがみを正す骨盤矯正が必須です!

 

骨盤ゆがみ>骨盤 ゆがみ 症状>骨盤ダイエット ゆがみ

 

骨盤のゆがみを治すことが、骨盤ダイエットの基本方針です。では、骨盤のゆがみとは、どんな状態でしょうか?
それによってどのような影響があるのでしょうか?骨盤は4つの骨から構成されています。それらの骨が左右、または前後にずれてしまうと、骨盤の形がゆがみます。これが、骨盤のゆがみです。骨自体が曲がるわけではありません。

 

では、どんな時に骨盤はずれてしまうのでしょうか?骨盤は基本的に左右対称にできていますが、重心が偏ると左右にずれが生じてしまいます。また、毎日長時間のデスクワークをしている人は、骨盤が後ろに傾いている人が多いのだそうです。骨盤のゆがみは以下のような悪影響を体全体に及ぼします。
 ・ 新陳代謝の低下、血行不良
 ・ むくみ、疲労蓄積
 ・ 体のたるみ、姿勢の悪化
 ・ 肩こり、腰痛
 ・ 生理痛、生理不順
 ・ 便秘

 

骨盤ダイエットは、たんにやせるだけでなく、これらの症状の緩和が期待できます。骨盤のゆがみを治す骨盤ダイエットは、なにも体操やストレッチだけではありません。むしろ、日常生活でいかに骨盤ダイエットを意識しているかが重要になってきます。

 

<日常生活でできる骨盤ダイエット>
 ・ 足を組まない
 ・ 片足体重で立たない
 ・ 片手だけに荷物を持たない
 ・ 歩く時はまっすぐ前を見る  
 ・ 高いハイヒールはなるべくはかない
 ・ デスクワークは時々休憩を

 

生活習慣とエクセサイズの両方から骨盤ダイエットに取り組めば、かなりの効果が期待できます。

関連ページ

骨盤矯正 効果
様々なダイエット方法を試しています♪巷にあふれる様々なダイエット方法やダイエット商品の本音の 口コミ 効果をリポートしています。
骨盤矯正 具体的 方法
様々なダイエット方法を試しています♪巷にあふれる様々なダイエット方法やダイエット商品の本音の 口コミ 効果をリポートしています。