カルシウム

骨粗鬆症とカルシウム

 

 

カルシウム

 

カルシウム

カルシウムとは、ラテン語で”石、砂利”を意味する「calx」に由来して付けられました。ヒトの身体の中で99%骨や、歯として存在し、人間の骨格を形成します。残りの1%は血液中や細胞内に存在して、心臓の機能調整や筋肉の収縮、また脳の活動を促す働きもあります。

 

カルシウムとは体内で作りだされるものではなく、排便や排尿によって少しずつ排出されている為、減少していきます。また骨や歯だけでなく血液中にもカルシウムは溶けだして働いているので、多量のカルシウムを食事やサプリメント等で補っていかなければ ならないのです。

 

カルシウム

しかし”カルシウム”は体内に吸収されにくいのが問題なのです。。。厚生労働省が、日本人のカルシウム必要量を1日700mgと定めています。 これは最低限の数値で、骨粗鬆症を予防する為には1日800mg必要と言われています。しかし厚生労働省が、国民健康栄養調査結果として発表しているデータでは、日本人の成人が1日当たり摂取するカルシウム摂取量は約550mg程なのです。

 

また、カルシウム摂取の上限は2300mgとなり、私たち日本人の通常の食事ではまず過剰になることは無いでしょう。成長の著しい子供においては、1日当たり700〜900mgも必要とされていますが、我が家の息子を見ている限り、相当量不足しています。。。吸収されにくいとされるカルシウムですが、最も吸収率が良いのは、乳製品や牛乳で、次に大豆製品、魚、野菜・海藻類となっています。最も良い牛乳でさえ、吸収率は40%程度なので本当にカルシウムを食物の みで必要量摂取するのは難しいようです。

 

カルシウム

カルシウムを摂取するには、基本的には食事ですが、食事制限のある方や好 き嫌いが激しい方、高齢で食が細くなっている方には健康補助食品として、 サプリメントがあります。薬局やコンビニでも手軽に買えるサプリメントですが、食事で摂取できるカルシウム量を計算して、足りない分だけ補うようにしましょう。昔は匂いにクセのあるサプリメントが多かったのですが、最近は飲みやすくなり、手軽にカルシウムがとれますね。

 

またカルシウムに必要不可欠なのが“マグネシウム”です。マグネシウムには、動脈を弛緩させて血圧を下げる働きがあり、動脈を収縮させて血圧を上げるカルシウムとでバランスよく働きあい血圧を正常に保つのです。カルシウムとマグネシウムの理想的な摂取バランスは、Ca2:Mg1の割合です。

 

他にもカルシウムは様々な物質と結合します。例えば、炭酸+カルシウムで、水に溶けにくくチョークや化粧品の原料、歯磨き粉などに利用されます。水酸化カルシウムは、やや水に溶けにくいのでグラウンドに引く白線に利用 され、塩化カルシウムは水に溶け易いので、凍結防止剤、食品添加物として 利用されています。

 

カルシウム>カルシウムの悪玉と善玉

 

カルシウム

体内の骨や歯を作るのに欠かせないのはカルシウムです。高齢化が進む日本では、カルシウム不足による骨粗鬆症が問題になっていてカルシウムの摂取が推奨されています。

 

カルシウムは、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品や、小松菜などの青菜野菜、頭から食べられる魚などから摂取できるのは皆さんご存知だと思います。何よりも食物からカルシウムを摂れるのが一番良いのですが、体内への吸収率の悪い栄養素であるカルシウムを毎日600mgも摂取し続けるのは難しいかもしれません。

 

そこで手軽にカルシウムを摂取できるように、健康補助食品としてカルシウムのサプリメントが世にたくさん出回っています。体内に取り込むわけですから、慎重に吟味しなくてはなりません。その際の参考にして頂きたいのが、カルシウムには善玉カルシウムと悪玉カルシウムがあり、悪玉は健康を害してしまうので注意が必要です。

 

カルシウム

悪玉カルシウムとは、市販のカルシウム剤で「イオン化カルシウム」と呼ばれ、カルシウム作用が激しく活性化している状態のものです。イオン化カルシウムは、体内に急激に激しいカルシウムが流れこんでくる為に、血液中のカルシウム濃度が著しく高くなります。すると体がびっくりしてカルシウムを排泄しようとします。 その反動でカルシウムが逆に不足してしまうのです。こうして濃度が濃くなったり薄くなったりと変動したカルシウムが正常になるには8時間ほどかかります。

 

善玉カルシウムとは、カルシウムを含む小魚や野菜、海草などの自然界にある食物から摂取できるカルシウムのことです。自然の食物からなので、カルシウムが激しく活性化することなく緩やかに体内に入ってきます。このような結果から、身体に良いカルシウムのサプリメントを選ぶには、
@血液中のカルシウム濃度を急激にあげないこと 
Aイオン化カルシウムでないこと
B骨塩量を増加させ骨になるカルシウムであること
を調べた上で摂取して下さい。

 

カルシウムや他の栄養素もそうですが、一度に沢山摂ればいいという事ではなく、自分の体と生活にあった補助食品を選び、毎日欠かさず摂取し続ける事が大切です。

 

カルシウム>カルシウム・パラドックスとは?

 

ルシウム・パラドックス

身体にとって必要不可欠であるカルシウムですが、カルシウム・パラドックスという言葉を聞いた事があるでしょうか?

 

”パラドックス”とは、「逆説」という意味があります。カルシウムを摂らないと骨がもろくなってしまうように思えますが、実はカルシウムの摂取が足りないと、脳や血管には逆にカルシウムが増えていくのです。これをカルシウム・パラドックスといいます。血液中にも存在するカルシウムですが、血管にカルシウムが増えると、管が硬くなっていきます。これが動脈硬化と呼ばれる恐ろしい病気を引き起こすのです。

 

カルシウムは血管の収縮に働きかける効果があるので、硬くなった血管を無理に通る血液、収縮が激しくなり血圧が上がるという仕組みになっていくのです。カルシウムの摂取量の少ない人には骨粗鬆症だけでなく、高血圧の人や動脈硬化の人が多くみられます。

 

ルシウム・パラドックス

また腎臓結石もカルシウム不足が引き起こす要因の一つであるといわれています。これらの人はカルシウムを摂取することで、それぞれの症状が軽減される事が分かっています。ではどのような仕組みでカルシウム・パラドックスが起こるのでしょうか?私たちの体の血液中のカルシウムは常に一定の濃度が保たれるようになっています。一定に保たれていないと、心臓や脳の働きに悪影響を与え、身体のバランスが崩れ命の危険にさらされることもあります。ですから血液中のカルシウムが不足すると、骨からカルシウムを補うようになっています。

 

そして体内には副甲状腺といって、甲状腺の後ろに内分泌腺があります。そこから出る副甲状腺ホルモンは、血中のカルシウムが足りないと骨に働きかけてカルシウムを取り出し、血中のカルシウム濃度を一定に保つ働きがあります。この副甲状腺から常に、カルシウムが足りないというサインが出ていると、骨から過剰にカルシウムが取り出され、血液中で余分に余ったカルシウムは骨に戻ることなく、脳や軟骨などカルシウムの存在しない部分に入り込んでしまいます。これがカルシウム・パラドックスを引き起こすのです。

 

また骨から過剰にカルシウムを引き出すことで、骨のカルシウムも不足してしまうので骨粗鬆症にもなってしまうのです。先ほども述べた腎臓結石ですが、これも骨から過剰に引き出したカルシウムが行き場を失い結石になったことが研究でわかりましたこのような結果からカルシウム不足が引き起こす病気は、骨や歯だけで なく生命を脅かす恐ろしい病気を招く事がわかっています。日々のカルシウムの摂取量を今一度確認して病気を未然に防ぐようにしたいですね。

 

カルシウム>カルシウム 効果

 

カルシウム 効果

幼い頃、母からよく「牛乳飲んで大きくなれ」と言われて育ちました。”大きく”とは大ざっぱな意味で言っていましたが、成長期には沢山のカルシウムを必要とします。身長も伸びるので骨の為に必要なのはもちろん、歯も生え換わりますし、情緒を安定させる為にもカルシウムが必要なのです。

 

厚生労働省で発表している1日のカルシウム摂取目標量は成人で600mg、 成長期の子供だとさらに増え900mgとまで言われています。牛乳をコップ1杯(200cc)飲んでもカルシウムは40%程度しか体内に摂りいれられないそうです。カルシウムは体内で摂取しにくい物質なのです。

 

カルシウム 効果

カルシウムは一般的に、体内の骨や歯の形成や維持に欠かせない栄養素ですが、他にもたくさんの働きをしてくれます。例えば高血圧の予防。。。カルシウムが体内から不足すると血液中のカルシウム濃度をあげようとして、副甲状腺ホルモンなどが活動を始めます。すると心臓や血管の収縮が盛んになり血圧が上昇してくる場合もあります。(塩分の過剰摂取も原因ですが。。。)

 

有名なのが骨粗鬆症。。。カルシウムが不足すると骨の量が減って、骨の中身がスカスカのスポンジのような状態になります。加齢と共にカルシウムは不足します、また女性の場合閉経すると女性ホルモンの分泌が減少し、骨を作り出す体内機能が低下します。骨がスカスカになると、腰痛などを招き、ちょっとした作業や軽く転んだ程度で骨折してしまいます。骨粗鬆症にならない為にも、日頃から十分にカルシウムを摂取しておく事が大切です。

 

カルシウム 効果

私が妊娠中によく言われましたが、妊婦さんは多量のカルシウムが必要にります。おなかに赤ちゃんが誕生すると、母体から胎盤を通して赤ちゃんに栄養素が送られます。その中にもちろんカルシウムも含まれていて、赤ちゃんの骨や歯を作るのに必要不可欠です。母体からは1日当たり150mgのカルシウムが赤ん坊に送られていくと言われています。通常でも不足しがちなカルシウムですから、必要以上にカルシウムを摂取することが 大切です。

 

またカルシウムは筋肉の収縮にも大事な役割をしています。筋肉が円滑に収縮する為には、カルシウムとマグネシウムをバランスよく摂らなければなりません。息子がイライラしていると、「カルシウムが足りないんだよ!」と言ってしまう私ですが、神経伝達にもかかわるカルシウムは興奮や緊張を緩和して、イライラを抑える作用があります。

 

このように様々な分野で必要とされるカルシウムです。なかなか通常の食事で摂るには難しい量ですが、大人の場合サプリメントで補っていけますが、子供には、小魚やチーズなどをおやつにあげるなどして積極的に補っていきたいものですね。

 

カルシウム>カルシウムを含む食品

 

カルシウム 効果

人間の骨や歯、血液中や細胞内にも存在して、神経伝達機能にまで深くかかわるカルシウムですが、カルシウムを体内で作り出す事は出来ません。カルシウムは外部から体内に摂りこまなければならないのです。

 

カルシウムは食事で摂り入れるのが一番理想的です。カルシウムの代表と言えば「牛乳」です。他にはチーズ、ヨーグルトなどの乳製品が一番カルシウムの吸収率が良いのです。頭から食べられる小魚や、海草類、お豆腐や納豆などの大豆製品もカルシウムを含んでいます。大豆製品は大豆イソフラボンも含まれているので、女性には効果的ですね。小松菜やホウレン草などの青菜類もカルシウムがあります。

 

カルシウム 効果

カルシウムは食べた量の割に、体内に吸収されにくい栄養素で、吸収率が 最も良いとされる牛乳でさえ40%程度です。そこでカルシウムと組み合わせて摂る事でカルシウムの吸収をよくするのが、ビタミンDなのです!

 

ビタミンDは干ししいたけやきくらげなどのキノコ類、サケなどの魚類に豊富に含まれています。例えば魚と牛乳を一緒に摂取した場合、魚のビタミンDが体内で活性化され、この活性化ビタミンDがカルシウムの吸収を高めて、血液中のカルシウム濃度を一定に保つなどの働きをしてくれます。ビタミンDとは、ビタミンとは言いますが、働きをみるとビタミンAなどとは違ってホルモンのような性質をもっています。

 

ビタミンDは食物から摂取するだけでなく、紫外線を浴びることによって、皮膚で合成されます。ですからカルシウム不足、または骨粗鬆症の改善には、日光浴や軽いウォーキングが推奨されるのは紫外線を浴びてビタミンDを活性化させることが重要だからなのです。私の母は昔からスキムミルクをシチューやカレーを作る時にこっそり入れていました。

 

カルシウム 効果

魚の干物、丸干しやちりめんじゃこ、干し桜エビなどは、天日干しをされて紫外線を浴びているのでビタミンDも含まれていてカルシウムを摂るにはもってこいの食品です。牛乳の苦手な人は豆乳もお薦めですし、アイスクリームやチーズケーキなどのおやつでもカルシウムは摂取できます。小松菜や青梗菜もいいですね。ごまもカルシウムが含まれています。いつものごはんにゴマを振りかけるのも有効ですし、おにぎりや、おひたし などにも積極的にごまを使うのは健康上良いのは皆さんもご存知ですよね。

 

このように毎日の積み重ねでカルシウムを摂るように心掛けるだけでも今まで以上にカルシウムを摂取する事ができます。是非頑張ってカルシウムの貯蓄をしましょう。。。

 

骨粗鬆症と大豆イソフラボン

 

大豆イソフラボンは更年期障害や骨粗鬆症に効果的だと言われていますが、いったいどのような関係なのでしょうか?まず骨粗鬆症とは何か?といいますと、体内の骨の量が減ってしまい骨が弱くなることで、骨折しやすくなる病気の事です。骨は、身体を支え臓器を守るだけでなく、カルシウムを蓄えて、血液中や細胞内にカルシウムを送る役割もあります。また骨には骨髄と呼ばれる赤血球や、白血球、血小板などを作る部位もあり大変重要な役割を果たしています。骨粗鬆症は古代エジプト文明時代からある病気で、日本のように平均寿命の長い国は、特に患者が多く問題になっている病気の一つです。

 

私たちが母親の胎内にいる時から形成されていく”骨”。骨は”リモデリング”という新陳代謝によって、古い骨を壊して新しい骨を作るというサイクルを繰り返しながら、骨の強さを保っているのです。骨は「皮質骨」という硬くて綿密な骨と、「海面骨」という小さな骨がジャングルジムのように細かく組み立てられたような構造で、スポンジのようにも見えますが、この2種類から成り立っています。

 

この海面骨で特にリモデリングが活発に行われます。その時にリモデリングにかかわる「破骨細胞」と「骨芽細胞」のどちらの働きがより活発になるかにより、骨が減っていくのか、増えていくのかが決まります。破骨細胞と骨芽細胞の働きに影響を与えるのが“ホルモン”なのです!

 

女性は、閉経すると女性ホルモンの分泌が急激に低下します。その為、ホルモンのバランスが崩れ、破骨細胞の働きに骨芽細胞の働きが間に合わなくなり骨量が減少しやすくなります。加齢に加え、女性ホルモンの減少でリモデリングが活発に行われなくなった体は、骨量が減り骨折しやすくなったり、腰が曲がり痛みを生じます。ですから骨粗鬆症の為にカルシウムを摂取するだけでなく、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きを持つ大豆イソフラボンを一緒に摂取することで、体内に摂り入れたカルシウムが存分に働ける環境を作る事が大切なのです。

 

骨粗鬆症予防=カルシウム摂取=乳製品を摂取となりがちで、確かに牛乳やチーズはカルシウムが豊富に含まれていて手軽に摂取できますが、大豆製品の凍り豆腐や、油あげ、がんもどき、きなこなどにもカルシウム、大豆イソフラボン共に含まれていて一石二鳥です。ただ摂取するだけでなく、一緒に摂る事でより身体に効果が期待される食品はたくさんあります。また、日光浴も骨には大変重要なので(紫外線予防しながら)天気の良い日にウォーキングもお勧めです。