疲れ

疲労克服体質改善サイト>疲れを取る方法

 

疲れを取る方法

多くの現代人が、疲れを解消する方法を求めています。そして、それに応えるかのように、さまざまな疲労回復の方法が紹介されています。ヨガ、ジョギング、半身浴、ツボ、ニンニク、黒酢、梅、日光浴、安眠枕・・・でも、一体どれから始めればよいのでしょうか?

 

疲れを取る方法をさぐる前に、まずは自分の体(や心)と対話してみてください。自分のどの部分が疲れているのか(目?体全体?脳?精神?)、いつから疲れているのか(最近?慢性的?)、原因と思われるものは何か(過労?ストレス?病気?生活習慣?)、そこから自分に適した疲労回復法を見つけるヒントを得るのです。

 

たとえば、何をしても体の疲れが取れないときは、肝臓病や糖尿病が原因となっている場合があります。また、慢性的な疲労感はうつ病や自律神経失調症との関係が疑われます。病気以外で多いのは不規則な生活習慣です。睡眠、運動、食事の質は、疲れに大きく影響します。こうやって自分の疲労の種類や原因をさぐり、効果がありそうな方法を試します。

 

しかしここでひとつ逆説的な提案を。もし、疲労の原因を探ることさえ面倒と感じるほど疲れている場合は、「何もしない」というのも立派な解決法です。「疲れ=悪」と考え、早く治そうとアレコレ手を出してしまいがちですが、疲れは「休みたい」という体からのサインなので、意欲的に疲労回復に努めなくても、決して悪いことではないのです。

 

疲労克服体質改善サイト>疲れにくい体にする方法

 

疲れを取る方法

ハードな生活をしているのに、ちっとも疲れない人がいます。そういう人は、疲れにくい体質の持ち主なのです。どうやったら疲れにくい体質を手に入れることができるのでしょうか?疲れにくい体とは、「疲労回復力のある体」のことです。疲労回復力を高めるには、“ちょっと疲れる”→”回復する”という活動を日頃から繰り返しおこないます。つまり、筋力を鍛えるように、疲労回復力を鍛えるのです。ここでは、疲れるのは「ちょっと」であることと、必ずその後に「回復する」ことがポイントです。

 

回復不可能なほど疲れてしまっては、疲労がたまるだけで疲れない体質にはなれません。では、適度に疲れる方法と、その回復方法をみていきましょう。 肉体的に程よく疲れるには、運動が一番です。ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を30分程度おこないます。マラソンなどの激しい運動はダメージが大きすぎて逆効果です。運動の後はしっかり休みます。栄養豊富な食事と質の高い睡眠があれば、ほとんどの疲労は解消するでしょう。

 

人間は体だけでなく、脳、つまり頭も疲れます。脳の回復力を高めるのも、普段から“ちょっと疲れる”→”回復する”というトレーニングをすることをおすすめします。趣味など自分が楽しめることで頭を使って軽く脳を疲れさせ、しっかり回復させます。脳の疲労回復に良いのは、深呼吸、音楽鑑賞、マッサージ、好きな香り、笑い、そしてやっぱり睡眠です。

 

関連ページ

疲れやすい人・ストレス    体の疲れ・目の疲れ
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
疲れをとる栄養素・サプリメント
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
疲れがとれるツボ
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
慢性疲労症候群        慢性疲労症候群 治療
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
サジージュース
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。