疲れ

疲労克服体質改善サイト>疲れやすい人

 

疲れ

世の中には、疲れやすい人と、疲れにくい人がいます。両者の違いは何でしょうか?

 

まず、肉体的な疲れの話をしましょう。肉体的に疲れやすい人は、端的に「体力がない」ということだと思います。疲労を感じる原因物質がすぐにたまり、その疲労物質を取り除くはたらきも不足しています。肉体的に疲れやすい人は、まず体力をつけることを心がけてください。

 

具体的には持久力(=スタミナ)をつけることです。それには有酸素運動が効果的です。週2〜3回軽い運動でいいので、深い呼吸を意識しながら続けてみてください。すると疲労物質がたまりにくくなり、身体的ストレスへの抵抗力がついてきます。そして、食事や睡眠で十分休息を取るようにしてください。

 

つぎに、精神的な疲れの話をしましょう。精神的に疲れやすい人は、周りに気を使うタイプの人に多く見られます。他人に配慮できる分、自分を責める傾向があります。しかし、こういった人に「明日からポジティブになれ」と言うのは無理があります。生まれ持った性格は個性であり、そう簡単に変えられるものでもなく、また無理をして変える必要もありません。性格はそのままでいいので、自分なりにリラックスできる時間を持つようにしてください。ゆったりするのでも、好きなスポーツをするのでも構いません。それが精神的疲労の回復につながります。

 

疲労克服体質改善サイト>ストレス

 

疲れ

疲労とストレスは、切っても切り離せない関係にあります。ストレスは疲労の原因になり、疲労はストレスの原因になります。お互いに悪影響し合うのです。でも、ストレスって一体何なのでしょうか?

 

ストレスとは、「脳や体を緊張させる刺激」のことです。たとえば、不安や不満をおぼえたとき、身構えるような緊張感がありますよね?困ったことに、不快であろうが快感であろうが、ストレスは疲労を引きおこします。疲労には休息が必要ですが、ストレスは自律神経を刺激して体を興奮状態にするアドレナリンの分泌を促すので、リラックスすることができません。ストレスで疲れて休みたいのに、ストレスがあるせいで休めない、そんな悪循環が続けば、深刻な慢性疲労になります。

 

ストレスのない生活というのは不可能ですが、ありすぎると大問題です。上手く付き合うには、自分のストレス耐性を知っておくことと、解消法を見つけることです。

 

疲労克服体質改善サイト>体の疲れ

 

体の疲れ

体が疲れを感じると、「だるい」、「動きたくない」、「面倒くさい」と感じるようになります。動作は緩慢になり、行動量が低下します。なぜ人は疲れると、体にこのような変化が起こるのでしょうか?

 

体の疲れの正体は、活性酸素と疲労物質です。活性酸素は脳や筋肉で酸素が大量に消費された時に体内で発生します。活性酸素は細胞を傷つけるため、活性酸素が増えるほど強い疲れを感じます。 疲労物質とは、FF(ファティーグ・ファクター)と呼ばれるタンパク質です。この疲労物質は細胞死を増やすので「疲れた」「だるい」という症状を引き起こし、心臓病や糖尿病の原因となることもあります。

 

FFが発生するのは活性酸素と深い関係があります。活性酸素が細胞を傷つけたときに老廃物が発生し、その老廃物がFFの増殖を促すのです。FFが疲れの原因だと発見されたのは2008年、つい最近のことです。それまでは乳酸が悪者扱いされていましたが、実は乳酸は疲労を回復させるはたらきがあることが分かってきました。

 

疲労のメカニズムをおさらいしておきましょう。
激しい運動やデスクワーク→細胞で大量の酸素を消費→活性酸素が発生機能低下(疲労)

 

活性酸素や疲労物質FFがいつまでも居座っていると、体は疲れたままです。睡眠や食事でリフレッシュが必要なのは、疲労の原因となるこれらの物質を体内から追い出すためです。

 

疲労克服体質改善サイト>疲れ目

 

疲れ目

長時間デスクワークをしたり、パソコンを使ったりすると、目がしょぼしょぼする、視界がぼやける、首や肩がこるなどの症状が出てきませんか?それは、疲れ目の症状です。

 

疲れ目は典型的な現代病です。近代社会では目を使う仕事が主流なので、多くの人が疲れ目に悩まされています。特にパソコンやテレビなどのビジュアルディスプレイは、目を酷使する上にまばたきを減らすため、画面を見ない作業に比べてはるかに重い負担が目にかかります。

 

人間は、目を開けている、景色を見たりするだけでは疲れ目にはなりません。疲れるのは、近いものを長時間見続けたときです。なぜ、近いものを見ると目が疲れるのでしょうか?疲れ目の原因は、「筋肉疲労」です。私たちが物を見ることができるのは、眼球や水晶体を調節する筋肉のはたらきがあるからです。眼球を動かす、水晶体のピンと調節、瞳孔を絞る、これらの動作はすべて筋肉がおこなっています。筋肉を使いすぎると疲労物質がたまり疲れを感じます。これが疲れ目です。ひどくなると治療が必要な眼精疲労を引きおこします。

 

疲れ目の原因は、「筋肉疲労」です。私たちが物を見ることができるのは、眼球や水晶体を調節する筋肉のはたらきがあるからです。眼球を動かす、水晶体のピンと調節、瞳孔を絞る、これらの動作はすべて筋肉がおこなっています。筋肉を使いすぎると疲労物質がたまり疲れを感じます。これが疲れ目です。ひどくなると治療が必要な眼精疲労を引きおこします。

 

関連ページ

疲れをとる方法        疲れにくい体にする方法
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
疲れをとる栄養素・サプリメント
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
疲れがとれるツボ
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
慢性疲労症候群        慢性疲労症候群 治療
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
サジージュース
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。