ほうれい線 たるみ

ほうれい線 たるみ改善解消>ほうれい線 美顔器

 

 

ほうれい線の美顔器となると、表皮の活性化と同時に頬の筋肉の衰えの改善も必要ですので、やはり表在筋に効果のある超音波を使った機械が良いかと思われます。ただ、ほうれい線近くの口周りなどは、お肌の水分バランスがとりにくい場所でもあります。加齢とともに、ほうれい線のしわもそうですが、口の周りのしわが目立ってくることになります。保湿と、筋力両方の仕様に対応できるものが理想ですが、例えば「モイステイーヌ」は低刺激の低周波マッサージを利用し、お肌の内側に働きかけるので効率的に化粧品の美容成分をお肌に導入し潤いのあるお肌を作ってくれます。ただ、必ずしも高額な物でなくでもDr.シーラボなどは、超音波やイオン導入、ローラーなど、それぞれに美顔器の種類を豊富にそろえていますので、何種類かを購入して交互に使用してみてもよいかもしれません。

 

ほうれい線に集中した美顔器では、オムニがほうれい線アイロンとしてEMSで電気での筋肉刺激と温感の血行促進でほうれい線をアイロンするように伸ばす、といった物も発売しています。

 

また、医療機器メーカーが発売している、高周波「サブマイクロ波」でのお肌の引き締めに特化し、さらに真皮層の温感でのコラーゲン生成を促進するnewaリフト、という商品もあります。高額ですが、医療メーカーの強みを商品化>したものだけに他とは違う点を打ち出しています。

 

えびすのツインエレナイザーは、イオン導入と超音波の両方の機能が入った美顔器でとても人気がある商品です。イオンの美肌効果と、引き締めの超音波の両方の効果が期待できます。

 

DHCのダイアモンドシェイプは、クレンジング機能、イオン機能、ソニック(超音波)、EMS(電気筋肉刺激)の4種類が1台に集約されています。化粧落としでは取りきれないクレンジング機能でより効率的にお肌の汚れをとり、イオン機能で美容成分を深く導入し、ソニックで表在筋に働きかけて代謝を促し、EMSで表情筋の筋肉のトレーニングで引き締める、1台4役の美顔器です。そういった点では手軽に、美顔器の良さを体験できる初めて使う方には手が出しやすい商品ともいえるかもしれません。ただ2018年3月時点では新品の物はみたところ市場に出回っていないようです。

 

超音波の美顔器が平均1秒に500万回の振動なのに対して、ラメンテの美顔器「オーロラシューティカルG7」は、700万回、超音波のほかに3種類の機能が付き高性能でこちらは高額になります。

 

さらにエステナードソニックは、800万回と、超音波数ではより高性能で、本体が低価格で専用の美容液が必須のシステムなので人気ランキングには常に上位に入ってくる商品になっています。

 

普通のお手入れでは、お肌の真皮部分に働きかけることは困難ですが、こういったイオン機能で効率的に美容成分を浸透させることが出来ますし、超音波ではマッサージで代謝や血行の向上で健康なお肌に導いてくれます。お肌の表皮は薄くてデリケートですので、お肌への負担が少なく、ケアーが可能な美顔器をうまく使っていただきたいと思います。 

 

ほうれい線 たるみ改善解消>ほうれい線エクササイズ

 

ほうれい線のたるみ改善には、どういったエクササイズがあるのでしょうか。ほうれい線は、口角を上げると頬の下にしわが出来る線ですが、口角の位置が加齢とともに下がってくると、頬がほうれい線の位置にたるんできてしまい、張りのあるハの字からたるんだ丸い線になってきます。ほうれい線が下がらないように鍛える必要がありますので、口をつぼませる、酸っぱい表情はここでは避けておきます。表情筋で日ごろから全体を使っていない筋肉を呼び起こす運動の時だけ、この口をつぼませる動きは取り入れていただきたいと思います。まず、

 

1)口の中の壁を舌でまんべんなく優しくマッサージします。この際、あごの上の下前歯の前、上前歯の上から、ほうれい線(鼻の横)まで、優しくで大丈夫ですのでマッサージしてください。内側からほぐすように。比較的、鼻周りから口周りがすっきりすると思います。ここでは、強い力でのエクササイズは割愛します。

 

2)頬の動きですが、まず片方ずつ、口角を上げます。少しだけ上げるようにします。それを数回繰り返します。

 

さらに、
3)口角を少し上げるのと同時に、鼻の横のほうれい線の外側を上げるようにします。目をつぶらないように、数回鼻横も上げます。

 

4)次に同じ動作で、目を半分閉じます。目頭を少し絞る感じで、半分目をつぶる感じです。こうすると、目の下の頬との境目がぴくぴくし、目頭からほうれい線の下の縦方向の直線が鍛えられます。首に力が入らないように、目に集中すると鼻横を忘れていたり、目をつぶってしまったり、意外とコントロールが難しいと思いますが、力じわを作らず、縦方向の顔の筋肉が意識できるようになると思います。

 

その後、
5)口の運動を少しします。口は閉じたまま、上前歯の上に、横一直線に上下唇を乗せて、にっこりします。出来るだけ、鼻に近いところに閉じた唇を寄せて、横に一直線にゆっくりと口角を横に広げる感じです。左右の頬の力加減が、均一になるように、バランスを取って、にっこり、してください。

 

なんだか、達成感がないような筋肉エクササイズだと思われると思います。しかし、筋肉トレーニングは基本、筋肉に負荷をかけ、筋繊維が壊れて、壊れた筋繊維が修復・再生することによって鍛えられるものです。顔面の筋肉線維が切れる、そんな状態まで鍛えてしまうのは顔に関しては負担が大きすぎます。

 

腕の筋肉の太さを見れば、顔に筋肉を確認しようにもわからないくらいの差がある事でも理解できるかと思います。頑張りすぎて、翌日顔がパンパンに晴れてしまわない様、運動の後はクールダウンが必要になるくらい筋肉はダメージによって強くなりますので、でも顔にその方法を求めない様に、優しいエクササイズをさせてあげてください。少しずつ、顔の中の小さな筋肉を見つけられるようになってきましたら、しめたものです。お肌表面のきめと潤いを美容液や美顔器などで補いつつ、滑らかな表情を出せる顔の柔軟性を養ってください。

 

関連ページ

ほうれい線 たるみ改善解消
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
ほうれい線 たるみ改善解消3
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
ほうれい線 たるみ改善解消4
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。