目の下たるみ

目の下たるみ>目の下のたるみ改善方法>目の下たるみ隠し

 

 

目の下たるみ隠し

目の下のたるみを目立たなくなるようにする、隠すための方法は、一つは目の下のクマ状態にある肌の色の変化を目立たなくするという手法があります。分かりやすく言えば、メイクで凹凸を目立たなくし隠すという事。目の下のたるみに特化して言えば、何か貼って引き上げる、器具を使って引っ張った状態でお出かけする、など頬や顔のラインの力での操作がほぼできにくい場所だけに、メイクで隠す、という結果に至るのです。

 

唯一、力技で考え付くのは、瞼部分を二重にし、二重のしわを作る事によって目の周りの皮膚が微力ながら引っ張られるという効果を利用した方法。目の周りの筋肉と、脂肪層は加齢とともに変化し、薄く弱くなることにより若い時にぷっくり一重だったのに、中年になって見事に目がぱっちりとした二重、三重になったという方は少なくありません。

 

目の下たるみ隠し

しかし、同じ条件でしわが増えているのに二重、三重はあまり元に戻したい、という方はほとんどいません。むしろ歓迎されている方が多いと思います。なぜなら、二重になった方が目がパッチリ、きれいに大きくなるからです。

 

瞼がはれぼったく一重の方は、大きく見せるために上目づかいにします。本能的に二重の様なパッチリ感を、上目づかいで作っています。反対に腫れぼったい一重であごを上げ気味で見下ろすようにすると見事な強面っぷりを強調するでしょう。まるで任侠映画の太ったチンピラさんたちのキャラの王道を行く感じになります。

 

反対に、二重になってきたらぱっちりとした目になりますので、無理に上目づかいにする必要がなくなると考えていた方が良いでしょう。そうです。目の下のたるみが強調されるからです。

 

目がパッチリしてきて、同時に目の下もぱっちり、と言わずたるんできたと自覚し始めましたら、ほんの少しあごを上げ気味に、ほんの少し気持ちだけ後ろに反る様にするだけで、顔の前面の緊張が出来て目の下が引きあがったようになり、陰影でのたるみの凹凸も目立ちにくくなります。

 

ハリウッド映画などで、ベテランの女優さんたちが美しく見せるために意図的に、大げさにならない程度にあごを上げぎみに顔の位置を調整して実践しているのを見かけます。映画を見る機会がありましたら、ぜひこの視点でチェックしてみてください。反対にそういったベテランの方々がうつむき加減な場合、効果的に消極的な印象を作ることが出来ます。

 

皆さんの実生活で、ある程度の年齢になって管理職などされている方々は、気持ちは謙虚なスタンスでいらしているだけなのに、見た目で消極的と判断されてしまって損している時は、一度この角度をチェックされてみるのもいいかもしれません。

 

見た目と、ご自身の信念と相反していても、印象の違いはメリットにもデメリットにも、どちらにも転がる可能でいがありますので、ご参考にされてみてください。ちょっとあごを上げて、目の下の印象を明るくするだけで、素敵な印象でさらに信頼されることになるかもしれません。

 

目の下たるみ>目の下のたるみ改善方法>目の下たるみ化粧品

 

目の下たるみ化粧品

目元のたるみの改善の為に不可欠なスキンケアー。目の下のたるみを目立たなくさせるための張りを保つためには、乾燥対策は必須です。

 

きめをととのえる要素のセラミドを含む物や、抗酸化作用のあるアスタキサンチン、コラーゲンやヒアルロン酸なども必須項目となってきますが、アイクリームとしての商品はピンポイントでの目的がはっきりしているので、各ブランドで、必ずと言っていいほど目元のアンチエイジングのための美容液やクリームがあります。どれを購入したらいいのか、迷われた時は日ごろお肌が慣れている、いつもご使用のメーカーの目元クリームなどを、同じシリーズで試してみられるのが無難な選択でスタートしやすいかと思います。

 

富士フィルムの「アスタリフト」目の下たるみ化粧品は、アスタキサンチンをメインの成分にした商品。アスタキサンチンは、抗酸化作用がありますので、角質内の皮膚再生に必要不可欠です。一般的に有名な海外化粧品メーカー、ブランドよりも、製薬研究や成分研究の実用を目的に作られた様に感じられ、医学的見地での理論の元作られた製品ですので、試してみたくなる商品です。

 

目の下たるみ化粧品

また、レチノールはコラーゲンの生成に役立つ成分のため、成分表に表示されているかチェックしてみられるとよいと思います。目元は、表皮の厚さが抜群に薄いので、化粧水だけで済ませるのはもってのほかです。乾燥をしっかり食い止める必要がありますので目元関係の商品は比較的こってり系で、しわの乾燥防止と美容成分の封じ込めの物が多くなります。多少、夏場などベタッと感じられるかもしれませんが、嫌がらず、お肌質にあったもので目元に関しては保湿重視でつけていただくことをお勧めします。

 

また、表皮細胞再生のエネルギーのアミノ酸配合の商品。ターンオーバーが出来て、初めて新しい健康な皮膚が出来上がってきますので、この要素も欠かせないものです。また、角質の中に美容成分が確実に浸透しなければ、コラーゲン層のある真皮に届かないものではつけても意味がなく無駄になってしまいますので、ナノ分子など肌に浸透しやすい物ほど理想的です。

 

目の下たるみ化粧品

また、ビタミンCも、コラーゲン生成に必要なものですが、破壊されやすく有効ではないと言われていましたが、最近ではしっかりとお肌で反映される成分に開発されて配合されていますので、このポイントもチェックしていただき、選択の参考にしていただきたいと思います。

 

また、セラミドの成分はお肌の保湿成分では不可欠ですので、肌の薄さが他よりも際立っている目元には保湿成分の高い商品も、ポイントが高くなると思います。保湿と、肌再生、それから肌の潤いをしっかりと閉じ込める成分。ふっくらと、柔らかくなることが最優先されている美容成分が目の周りのケアーには重要になってきますので、どちらかというと、クリーム系の乾燥しないものの選択が妥当ではと思います。目元は、きめ細かく丁寧にケアーをしていただきたいと思います。

 

目の下たるみ>目の下のたるみ改善方法>目の下たるみ メイク

 

目の下たるみ メイク

目の下のたるみを目立たなくする方法としてメイクでたるみに手を加える方法が有効です。昨今、ざわちんさんに象徴されるようにメイクで作れないものはないのでは、というほど視覚的にメイクの力は効果絶大です。

 

目の下のクマの原因が、茶色のクマで、色素沈着で表面が比較的たるみが少なくフラットであれば、この場合黄色のコンシーラーが有効です。さらに色素沈着が原因ですので、表面を強く刺激せず、美白効果とターンオーバーを促す化粧品を使用して、より肌質と美白を目指せば理想のお状態に近くなっていきますのでぜひ同時に実施してみてください。

 

目の下たるみ メイク

黒いクマ、凹凸による陰影のクマには、ベージュやオークル系のコンシーラーを使用します。さらに、凹凸の影をなくす効果としてパール系の光るシャドーをのせ、光の効果でふっくらと影のない目元を作ります。光の効果で明るさをだし、目の輝きもまし表情も明るくなりますので、コンシーラーはこてこてと付け過ぎないように注意しながら(下品にならない程度に)パールの効果で華やかさを演出してください。

 

血行の悪い状態の青いクマには、オレンジのコンシーラーを使用します。さらに頬のチークもピーチ系のピンクの明るいものを使用し、全体のバランスを明るめに調整してください。反対にブラウンやモード系のチークを入れると、全体が暗めのゴシック調になり、目の下のクマが引き立ってしまいます。お好みでモード系やクールな感じをお求めでしたら、ブラウン系のチークを使い、ボルドー系の黒めのルージュなどで青みを強調することによって反対の印象を作り上げることもできます。

 

目の下たるみ メイク

色の効果は絶大で、使った色に元の色が引き寄せられ、元から持っている色が付けた色と同調しますので、より引き立って見えてきます。ルージュやシャドウ、チークなどは色で全体をけん引し、コンシーラーは全体を統一感が持てるように中和する役割を持ちます。光も、白いところと、さらにパール部分にはより浮き立って見えますので、涙袋などにパールを施し、ふっくらと潤ったみずみずしい目元を作ることも可能です。色の効果と、立体感と、さらには遠近の効果をチークやシャドウチークで作る事によって小顔効果も作る事が出来、実寸の調整さえできてしまいます。

 

目元のたるみも、手術せずに膨らみやくぼみを、影と光の調整で作り出すことが出来ますので、顔はキャンバス、理想的なお肌の状態をキャンバスに再現するように、色の力をお試しになってみてください。

 

陰影の調整が出来るようになれば、瞼のアイメークなども上達し、ぱっちりとした、美しい目元の際限も夢ではありません。メイク術は経験の中の熟練で上達しますし、また達成感もあり、実生活にも非常に便利なことですので、高級なメイク道具は必要ありませんので、ドラックストアの化粧品でも実現可能ですので、ぜひ成功例を見つけるために、練習されてみてください。メイクは人を前向きにします。

 

関連ページ

目の下のたるみ改善方法2
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
目の下のたるみ改善方法3
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。