目の下たるみ

目の下たるみ

 

 

目の下のたるみも、顔の印象を下げてやつれ感が出て、疲れた印象を与え、年齢を感じさせてしまう要因の一つです。目の周りには眼輪筋があり、目を中心にぐるぐると輪を描くように筋肉があります。この筋肉の衰えが目の周りの脂肪層をたるませ、下がった状態なってしまいます。目の周りの表皮は特に顔の中でも薄くデリケートですので、お肌のお手入れが同時進行を必要とする大変な場所の一つでもあります。

 

さらに毎日目を動かしたくさん働いている場所でもありますので、適切にいたわりのあるケアーが求められる場所だと言えるでしょう。目の下には脂肪層があり、目の周りのぐるっとした眼輪筋が加齢とともに衰え、脂肪層が重みに耐えられずにたるみ頬骨の上に持ち上がる状態になります。眼輪筋を実際にご自身の目の周りで軽く触れていただければ分かるように非常に薄い筋肉です。さらに、目の周りの筋肉のトレーニングとして推奨される目の開け閉めをぎゅっとしてパッと放す運動からわかるようにほぼ上下の運動しか自身ではできません。

 

当然、目の下にたるみが出来るのは自然な現象なのです。顔の構造上、個人差と同じで目元のたるみ加減、凹凸加減の個人差がありますがこの凹凸をいかにフラットにするかによって陰影がなく、明るい表情になるかの差が出てきます。この、凹凸の改善が目の下のたるみの課題の大筋となります。目の周りの筋肉は薄いので、筋肉のトレーニング的には顔の他の部分よりも難しい場所だといえます。整形手術では、他の部分よりも小さい切除で、脂肪を取り出して出ている部分を削除する方法や、反対に、血液や本人の脂肪などを使った、より安定した定着を研究された細胞の移植など、面積が大きい場所よりも、より具体的な手術方法が研究されています。

 

ただ、目元であるだけに、移植組織のクオリティーは当然高技術の物が求められますので、術式が単純で簡単なようにうたっているクリニックや、安価の海外整形などは非常に安全性に欠けますので、絶対的に信頼できるクリニックで手術をしていただきたいと思います

 

また、目を酷使していることも目の周りの負担につながりますので、ちょっとした工夫で目の周りの負担の軽減を心がけていただきたいと思います。目を上目づかいにするだけでも、疲れたりしますので、時には目の上にホットマスクなどおいて、上を向いてほっとくつろぐだけでも目の周辺のリラックスと決行回復になります。

 

また、目頭のツボなどを、程よく刺激するだけでも疲労回復になります。眉間の両脇のツボも、効果的ですので、お試しになってみてください。

 

また、いい香りのアロマなどのリラックス法も鼻の上の筋肉のリラックスになりますので、鼻の上にある目の下のたるみ部分の緊張の軽減になりますので、お試しになってみてください。美容成分での潤いキープと、日ごろのリラックスによる目元の癒しのケアー。総合的な要素があってこその効果ですので、よい条件でケアーをしていきましょう。

 

目の下たるみ>目の下たるみくま

 

一言に目の下のクマと言っても、クマの原因によって種類が分かれます。赤い(茶色い)クマは、色素が沈着したことによりできたクマです。青いクマは血行不良により出来るクマで、こちらは血行の改善によってよくなります。黒いクマは、目の下のたるみやくぼみといった凹凸によってできる影によるものが原因です。一概にクマと言ってもこういった種類によって対処の方法が変わります。

 

青いクマは目頭のツボなどを刺激し、リンパの流れを良くして改善がはかれます。入浴後に血色がよくなってからクマが目立たなくなった場合青いクマである可能性がありますが、青いクマと黒いクマ、たるみによるクマと両方の原因による場合もあります。

 

この場合はたるみに働きかけるリンパマッサージや超音波美顔器目の下たるみなどでの働きかけなど両面からアプローチするとより効果が得られるようになるでしょう。目の下のクマがあると、どうしても疲れて見える印象が強くなります。血行不良の場合、クマの原因が疲れ、という事も言えますが、多くの場合他の2つのクマの種類ではクマの原因とは言えないと言われます。

 

疲れているから仕方ない、と、クマとたるみをあきらめずに、たるみによる影でクマが目立つとなれば積極的にたるみの改善に取り組んでいただいた方が良いでしょう。日ごろから目を酷使しすぎず、間の周りの眼筋の疲労を引き起こさないよう、仕事などで酷使してしまった時は目のホットマスクなど、リラックスさせて目の周り全体をいたわってあげるのも大切です。瞬きが少なくなれば、ドライアイにもなり瞼や一生懸命見ようとする目の神経も酷使し、首の緊張も大きくなり肩こりや頭痛、こめかみの痛みなど出れば顔全体の緊張とリンパの血行不良など、悪循環原因となってきます。

 

この様にあらゆる部分がつながっていますので、反対に肩こりから眼筋の疲労というサイクルも廻ってきてもおかしくはないといえます。何か、原因が分からないけど目の下がやつれている、と鏡を見て気付いたら、まずやりやすい場所からほぐすなどしてみるのも重要なアクションです。

 

何もやらないより、少しでも何かすることによって身体は素直に良い方に改善しようと反応してくれますので、外出中なら肩にちょっと手を置いてもんでみる、目頭をちょっと押さえてみる、その後帰宅後にメイクオフをした後にホットマスクをして目の周りをケアーしてください。目が疲れすぎている時にマッサージや筋肉エクササイズなどをしてしまうと、反対に疲れてしまいますので、頭部の首の後ろの目に効くツボである風池や、天柱などをゆっくり指圧してみてください。

 

好調なときほど、ケーアを怠りがちですが、好調なときは目の間の晴明のツボや目の下の承泣などのツボを優しくなでるように刺激してください。眼精疲労に効果的なベータカロチンや、ビタミンB群、ビタミンCの多い食品などで内面から疲労回復を目指しましょう。

 

目の下たるみ記事一覧

目の下のたるみ改善方法

目の下のたるみを目立たなくなるようにする、隠すための方法は、一つは目の下のクマ状態にある肌の色の変化を目立たなくするという手法があります。分かりやすく言えば、メイクで凹凸を目立たなくし隠すという事。目の下のたるみに特化して言えば、何か貼って引き上げる、器具を使って引っ張った状態でお出かけする、など頬...

≫続きを読む

目の下のたるみ改善方法2

目の下のたるみによって、陰影が出来、目の下のクマやたるみの線で加齢が強調されてしまう場合、目元は筋肉も表皮も薄いために、目の下のたるみ部分の脂肪層を取り出し、またはくぼみに注入し平坦にする整形の方法があります。または、美容整形外科やエステサロンでの超音波での筋肉力アップで、目のたるみを改善しメスなし...

≫続きを読む

目の下のたるみ改善方法3

目の下のたるみの手術や、超音波での刺激による筋力の回復、さらに極薄い表皮のきめの細かさのケアー。目の下のたるみの改善にはとてもたくさんのデリケートな必要事項があり、とても大変な作業になってくると思います。しかし、目の下は当然眼球の近くでとても重要な失敗の許されない場所ですので、たるみの改善の整形手術...

≫続きを読む