頬たるみ

頬たるみ>頬たるみ改善解消方法3>頬たるみ引き上げ

 

頬たるみ引き上げ

頬のたるみの引き上げエクササイズを行う際、表情筋に引き上げの記憶を読み込ませなければなりません。筋肉のトレーニングをしても、脱力して休憩してしまうと次エクササイズを行う時にまた、記憶を呼び起こさなければいけなくなります。毎日の継続したエクササイズを行うことがより効率的になるのはそのためで、記憶していくにつれ無意識に引き上げの機能が出来上がってくるのです。

 

しかし、どうしても毎日はできない、そのうちめんどくさくなって、たいがい3日坊主の常連なの、とおっしゃる方も少なくはないと思います。果敢に毎日アクティブに頬たるみエクササイズに没頭できる方なんて、それを職業にしている専門家くらいです。一般的な私たちの場合、それをいかに日常化するかが長続きのポイントになってきますが、こと頬たるみ関してはどう言った事を工夫すればいいのでしょうか。

 

頬たるみ引き上げ

毎日、普通の生活の中で、当たり前にすることに[記憶]させることができれば、かなり有効になってきます。今までやったことがなかった、知らないすご技があって感動してやってみた。はたから見ると新鮮なお宝をゲットした気分になって、初めは盛り上がり喜びも大きく楽しい気分になります。

 

しかし、それはあくまでも最初だけの感動です。それが楽しくていろいろな事にチャレンジされる方もいますが反対にほとんどが有効に日常化されていないから、ともいえると思います。もちろん、あくなき探求を目的にしているのであればそれはそれでいいことだと思います。

 

頬たるみ引き上げ

しかし、身体の一部のコンディションの改善の為のスキルは意外に地味な努力だったりするのです。[記憶]させる作業は、本当に小さなかすかなものを手繰り寄せる地道な努力の積み重ねです。具体的にどうすればいいのか。例えば、洗顔をする。ソープの泡を顔に乗せて滑らせる時、ふわふわといたわるように丁寧に、きめを細かく、お肌のきめも細かくと感じながら洗顔するだけで、時間がなくてガシガシ洗ってしまう時よりもお肌のきめも潤いも違ってきます。泡を滑らせるうち、顔のしこりを感じる部分を発見するかもしれません。その部分を覚えておき、顔マッサージの時に意識してみる。マッサージの時に負荷をかけてしまったかもしれないので、
美容液はその部分にさらに集中させる。

 

頬たるみ引き上げ

美容液や、クリームを使う時に各表情筋に添ってマッサージしながら塗る。引き上げるときに、引き上げた後に自分の筋肉で同じように引き上げてみる。さらに引き上げながら同時に筋肉を使ってみる。年齢が行かれている方ほど、そっと、優しく持ち上げて、筋肉も微量使う事をお勧めします。普段何気なく過ごしている時はマッチョな強い筋肉を使いません。じわじわっと、つかう筋肉を出来るだけ記憶していただきたいのです。その際じわじわ、ぴくぴく感を感じながら眉間などにしわが寄っていないか、頬がふっくら柔らかいかいい状態でのじわじわ、ぴくぴくを日常のお肌のお手入れで感じる習慣をつけていただきたいのです。小さなかすかな実感を、少しずつご自分の物にしてください。

 

頬たるみ>頬たるみ改善解消方法3>頬たるみ改善

 

頬たるみ改善

頬のたるみを改善するために、最終的に頬がすっきりするために基本をしっかり押さえておく事が必要です。局部的にたるみ部分だけ集中してアプローチをかけて、仮にその部分だけ改善したとしても身体全体の総合的な改善をしておかないと、また同じ状態に逆戻りし、せっかく手をかけた手間暇が無駄になってしまい再度チャレンジする気にもならなくなってしまうでしょう。そうならないためにも、押さえておくポイントを再度確認しておきましょう。

 

まず、頬のたるみ、顔の筋肉の衰えの原因の一つとなる「姿勢」。長時間座った状態での仕事など、姿勢の状態など気にしていられない、という事も多いでしょう。しかし、姿勢をキープできず、猫背になればなるほど首の位置が悪くなり、首の筋肉が衰え、あごの下の筋肉から頬の筋肉が下へ負荷がかかってきます。左右のバランスの良し悪しも負担の要因となりますので、正しく姿勢をキープし、左右のゆがみを引き起こさないように注意をしましょう。

 

頬たるみ改善

お肌の乾燥や、紫外線は表皮の老化を促進しますので、本来張りをキープする潤いを保つ美顔器や化粧品でのケアーと、お肌の代謝機能を上げるコエンザイムQ10などやお肌のくすみや弾力の低下を抑制する成分のあるザクロなど、意識して取り入れるようにしましょう。抗酸化作用のあるアスタキサンチンは紅鮭などに多く含まれます。本来、鮭は白身魚ですが。アスタキサンチンの為にあの綺麗な紅色になっているほどです。

 

スキンケアーは隠れた不具合よりも分かりやすく女性としては重要視される点ですので、きれいなお肌とメイクの出来栄えを目標としてたるみの改善に取り組むのもモチベーションがより良くなるかもしれません。お金をかける部分と、かけずにめんどくさがらずに地味な事に取り組む覚悟をしっかり認識する事。これも目標達成のためには必要不可欠な事です。

 

頬たるみ改善

むくみなどを残さない生活が出来るようにし、飲み会があってあらかじめむくみが出そうとなれば事前に対処方法を用意しておき、翌日の生活に影響がないように手を打っておくのも何事にも成功する人の習慣です。スタイルが良く、いつもスリムな人は多少たくさん食事をしてもその分どうすれば体系をキープできるか、ちゃんと自分をわかっているのです。何か月ぶりに、体重計に乗った、なんて人はまずいません。人知れず、自分に向き合って努力してることを当たり前にしているのではた目から判りにくいだけなのです。日々、ちゃんとクリアーに出来る人は身体にも余計なものをため込まない、というのは、自然現象なのです。残念ながら、身体はちゃんと使わないと衰えるようにできています。

 

頬の筋肉は、バキバキに鍛える事はありませんが、常に健やかに過ごし、朗らかに人と会話し、楽しく微笑むことが多ければ自然と頬の筋肉が鍛えられます。おかしすぎて笑いすぎて、あごが外れそうになる事もありますが、また時に呼吸が苦しくて涙も出てしまう事もありますが、かなり良い運動になりよい改善になっていると思いますので、ぜひたくさん笑ってください。

 

 

頬たるみ>頬たるみ改善解消方法3>>たるみ解消

 

たるみ解消

頬のたるみを改善する日頃の心がけをちょっとした工夫で少しずつ解消する時、並行してやっておいても良い事をいくつか挙げてみます。

 

例えば、耳つぼダイエットで知られる小さなチタンの粒でのツボ刺激での効果。てき面な効果があるかは個人差があると思いますが、耳たぶの先、丸いふっくらした部分の、やや外側に頬のリストアップに効くツボがあります。耳の前部分の腎上線は、腎機能を高めると同時に美肌を目指すツボです。マッサージや肩こりの解消や、血行促進と併用しツボ刺激なども目に見えた結果が分かりづらい物でも、わからないうちに解消に向かっている場合もありますので「ダメ元」な、気楽な気持ちで試されてもよいと思います。

 

内臓機能の向上も、お肌に良し悪しがしっかり反映されますので、内面から、キレイになれるような心がけは重要です。血行促進は老廃物の排出とお肌のターンオーバーにも大きくかかわってきますので、たとえば洗顔時、事前に毛穴を開かせて汚れを取りやすくして洗顔した後、冷水ですすぎをすると血管の収縮が盛んになり、血流が多くなり、さらに引き締め効果があり、心臓の弱い方でなければ真冬でも実践していただきたいものです。お肌が、温まった後に、きゅっとなると、とても心地よいものです。

 

たるみ解消

また、むくみなどの原因になるお酒の飲み過ぎなど、生活習慣をうまく改善し、老廃物をためない習慣をうまく保っていく事も大切です。むくんだからと言って、無理にマッサージしたり力での圧力は、反対に逆効果になる場合がありますので、過剰にせずに、むしろ温かいタオルなどで血行を促進していただいた方がいいと思います。

 

また、無意識にしていることを改善する。例えば、肘をつくなど。意外と、一人お昼休みでランチを取ったり、何気なくTVを見ていたりする時、頬杖を突いていることが多かったりします。スマートフォンなど、没頭している時は頬杖のほかに、意外と顎が硬直している状態でうつむきすぎていることが多いので、スマートフォンでゲームに没頭している方は、顔と頬の状態がどうなっているか、時々リラックスして緊張を解いていただく癖を習慣付けていただきたいと思います。

 

また、あごの健康が頬の健康にも影響がありますので、あごの稼動が、スムーズであるか、口の中が動きやすいか、口の中が潤っていて乾燥やネバ付などないか。頬がむくんでいる時は、口の中もむくんで歯に内壁が近くなり、口の中を咬みやすくなったりします。内臓的にも健康であるか、チェックし心配な状態な場合、医師に相談する必要がある事もありますのでちょっとした変化も軽視せずに身体全体の問題として改善しない理由を模索していただいた方が良いと思います。

 

実は、むくみが病気の表れだった、それに気付けば結果良かったといれると思います。また、たばこを吸っている方もお肌のコンディションも悪くなりますので、改善策の一つに考えてもよろしいのかと思います。

 

関連ページ

頬たるみ改善解消方法
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
頬たるみ改善解消方法2
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。