顔たるみとり

顔たるみ>顔たるみとり

 

 

顔のたるみを取っていくに当たり、複数のアプローチが必要となってきます。もちろん、

  • 表面的なお肌のコンディションをよい状態にキープするという点。
  • 顔の滞っている老廃物を流して溜めない状態にするという点。
  • 顔の筋肉を鍛えて下に下がらないという努力をするという点。

どれをとっても、必要不可欠な点とても大変な作業であるといえます。身体の筋肉を鍛えるのであれば特にスキンケアーは気にせずともよいのですし、顔は命だけに、様々な試練をもって存在するのだと覚悟が必要かと思われます。しかし、そんなうんざりする面倒な前途だと思われますが、絶望されることはありません。

 

顔たるみとり

基本、表情筋を鍛えるためにはメンタル的に楽しい事がより効果的だからです。表情筋はご存じのとおり、「喜怒哀楽」により顔の表情を動かす筋肉です。怒と哀では残念なしわが出来てしまいますが、喜と楽では表情も明るく良い引き上げ効果のある筋肉を使用します。

 

楽しく取り組むこと、日常生活を楽しく幸せに過ごすことが、結果顔のたるみに効果的であるという事は間違いがない事であるといえます。一生懸命頑張っても、気持ちが落ち込んでげっそりされていましたら残念ですが全く効果はありません。毎日、24時間リラックスが出来るなんて人はまずいないと思いますが、日ごろから少しずつでもリラックスできる要素を持っておかれる必要があるかと思います。

 

内臓的にも、ケアーが必要です。むくみが生じると顔がパンパンになるなんてことも経験があるかと思います。一時的にしわがなくなった!なんて喜んでる場合ではありません。しぼむと一気にしわになってしまいます。こういった場合、リンパの流れが不安定で、腎臓やホルモンバランスが整っていないケースもありますので、ストレスをためないように、身体全般に負担がかからない事も重要です。

 

顔たるみとり

顔の筋肉だけでなく、身体全体の筋肉バランスを保ち、血液循環を良くしていくうち自ずと顔の筋肉にも効果が表れます。頸部の筋肉がしっかりすると、頸部から顎にかけての筋膜により効果が期待でき、さらに呼吸がしやすくなり肩こりも改善します。そうなれば顔の老廃物も排出されやすくなり、運動による発汗で肌の代謝機能もアップします。

 

何よりも、表情筋に関して言えば、笑っている状態の筋肉の使用が、理想のリフトアップ状態になっているといえます。笑うと口角が上がり、笑筋も使っている状態です。笑っているとほほが上がり、目の下の筋肉もあがり目の下のクマも目立たなくなります。笑うと目の周りや法令線が強調されてしわが増えてしまう、という人もいますが、それは普通のしわであり、悩みの対象になる物ではありません。10代の若者だって、笑いしわはできます。重視すべき点は、笑う事によって筋肉が刺激され強化され、たるみの原因の改善と決行の促進、身体全体のコンディションの改善に絶大な効果がある、という事を再度認識していただけたらと思います。

 

ただ、注意すべき点は常に無理な笑顔をキープしてはいけないという事。以前、顔のゆがみがあるか、癖があるかないか、チェックすることをご提案しましたが、顔面でどうしても顔の筋肉に無理な負担をかけている、また知らない間に緩み過ぎてしまっている部分がある、無意識に自分の顔に無理を強いていないか、それが顔の筋肉の負担になっている可能性が多々あるからなのです。何事も無理なやりすぎは逆効果です。まず、リラックスした無理のない状態を作る。それがこれからどうしたらいいか、より効果的になるかのスタートラインになります。

 

顔たるみ>顔たるみとり>顔たるみ引き上げ

 

 

 

顔たるみ引き上げ

顔のたるみが気になると、顔全体の張りが失われ、不要な凹凸が出来てきます。地下鉄で暗い照明の中ガラスに映った自分の顔を見て、ぎょっとされた経験がある方は少なくないと思います。

 

最近スマホの自撮り画面で、下から写した状態から上にスクロールすると太った女性がびっくりするくらい美人に早変わりする驚き動画なども話題になりました。思いのほか顔の構想は細かく筋肉が細分化され立体的構造で、平面的に身体の筋肉、骨格につながっているわけではないので多彩な表情を作り出す代わりに、実にナイーブなつくりをしているといえます。

 

「なんだか、手や腕の方がお肌のきめがきれいな気がする。」「なぜまっすぐお肌が平らにならないのかしら」と思ったことはないでしょうか?私は以前、「鼻の頭の皮膚はつるつるなのに、なんで他はしわがよるのかな?」と友人につぶやくと、「鼻の頭は、動かないからじゃないの」と言われ、強烈に納得した覚えがあります。顔以外でもそうですが、身体は、関節など動くところにしわが寄ったり、凹凸が出来ます。顔に関してはかなり複雑なため、ある程度のしわは仕方ない運命だったと思うと同時に、使いようによって状態が顕著に表れやすいという事も言えるため、じっくり向き合う必要があります。

 

顔たるみ引き上げ

顔のコンディションの悩みは尽きないため、実に様々な方法で改善を図る手段が提案されています。何がどう必要なのか、目先の事だけで判断せず、どう効果があるかしっかり考えて手段を選んでいただきたいと思いますが、たとえばたるみに対してのシート式の引き上げ術。

 

保湿成分のある化粧水を浸したシートを、顔のほほからこめかみに向かって上へ引き上げるように張り付けるシートが販売されています。しかし、よく考えていただきたいと思います。表皮を下から上へ引っ張ると、たるんだ表皮がさらに引っ張られ、上に延ばしたシート方向に延ばされることになります。表皮だけのばされれば、シートを外すと、延ばされた表皮が元に戻ろうとします。残念ながら、たるんだ部分をさらにたるませる結果となってしまいます。表皮をしっかり保湿し、美容液成分をしっかりとお肌に与えて、潤いを保つことにはシートは効果的ですが、残念ながら、たるみを上げる効果にはなりません。たるみを悪化させかねない状態を作ることになりますので、避けていただいた方が無難でしょう。

 

一見それだけを見れば効果的に見えて、間違っている事に目先の利益でとらわれない様、焦らず方法を選択する気持ちでいていただけたらと思います。

 

夏はちょっとつらいかもしれませんが、基本身体を冷やさず、顔も温かい蒸しタオルでスチームした後、筋肉や欠航が良くなった状態で、毛穴が開いたところに化粧水をたっぷり与えてあげてください。化粧水を叩き込む、という事が良く言われますが、あまり刺激を与えすぎることがないよう、実際は叩かずにじんわりとたっぷりお肌に入れてあげてください。長時間化粧水をつけたままにしすぎると今度は蒸発で乾燥を促進しますので、その上から保湿のクリームや美容液などをお忘れないように。
頸部や肩も温めてコリを少なく、リンパの流れを良くしておけば肌再生の促進になってきます。お肌に無理な引き上げなどの負担をかけないように注意しましょう。

 

関連ページ

顔たるみ改善グッズ
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
顔たるみ改善解消方法
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。