脳卒中

脳卒中(脳卒中の原因、脳卒中の予防、脳卒中の治療)

 

日本人の病気とその死因は生活習慣病がほとんどです。その中でもワーストベスト3までが 癌、脳卒中、心臓病の3つです。今回はその中でも脳卒中に的を絞ってお話していきたいと思います。脳卒中とは、酸素供給が脳部分に行き渡らなくなる突発的発作の一つです。言語機能、記憶機能、意思判断機能、行動機能、感情に著しい障害を引き起こし、麻痺がおこりますが、怖い事に脳の障害部位によっては 全身麻痺になる場合も有ります。その他、意識障害もおこり死に至ります。

 

脳卒中の原因

 

では、脳卒中の原因とはなんなのでしょうか?予防法はないのでしょうか?脳卒中の原因は、脳動脈が破れて血液が脳内部に漏れ出した時、又は、脳動脈に詰まりがあって血管が破れるか、脳動脈に詰まりによって脳への酸素供給が行き届かなくなった時に発作が生じます。

 

酸素が脳に行き渡らなくなると、脳細胞はものの数分も経たないうちに一気に壊れて死んでしまいます。それによって脳のその部分が司っていた身体機能が効かなくなります。脳卒中の危険がある人は、高血圧症の人はもちろんの事、アテローム性動脈硬化症という動脈に脂肪がたまる症状を持っている方が引き起こす率が物凄く高いんです。

 

その他には、頭への強度の外傷により、脳内出血を引き起こし脳卒中を引き起こすことがあります。たまに幼児虐待事件で、脳内出血が原因で死に至っている子がいます。なんとも痛ましい事件で心を痛めています。

 

脳卒中の予防法

 

さて、脳卒中の予防法とはどんなものなのでしょうか?

 

喫煙をしないこと
喫煙は癌だけでなく、脳卒中のリスクも強度に高めます。煙草をやめる事が健康への近道です。

 

糖尿病を治すこと
糖尿病の人は、脳卒中のリスクも高いです。糖尿病を治す事が大切です。正常な血糖値を維持する事で脳卒中のリスクは劇的に低くなります。

 

正常血圧をキープすること
高血圧の人も、脳卒中になる危険性が高いです。血圧計を一台購入し、気にかけて正常な血圧値をキープしましょう。

 

食事に気を使うこと
お菓子やお肉やジャンクフードの過度な摂取は脳卒中のリスクを高めます。コレステロールや飽和脂肪酸には気をつけましょう。基本的に、和食を心がけていれば大丈夫ですが、無理な場合は、良質の水を飲むことや、生野菜や果物を意識的に摂取しつづけることで改善できます。

 

少量のアスピリンの常用が脳卒中に良いそうです。脳卒中が心配な場合は、お医者さんに相談してみるといいでしょう。

 

脳卒中の症状とは?

 

脳卒中と言うと突発的発作のように思ってしまいますが、実は長い年月をかけて徐々に脳卒中を引き起こす準備を体内で進めています。脳血管内に、脂肪を数年かけて蓄積し血栓を作っているのです。

 

血液をサラサラにしておく事はとても重要です。血液をサラサラにする効果があるDHA&EPA、
松樹皮エキスのサプリメントは脳卒中予防にもおススメです。甚大な被害を引き起こす脳卒中が起こる数日前または数か月前から、約1割の人は、脳卒中と同様の症状が発生し5分程度の発作でおさまる一過性虚血発作=TIAの症状が現れます。このTIAの段階で緊急に医師の診断と治療に着手した場合、助かる確率が非常に高いです。

 

しかし脳卒中の警告であるTIAの症状が事前に出るのは脳卒中になる人のわずか1割にすぎません。脳卒中の症状としては、突然に顔や腕や足などの身体の半分の機能が麻痺したり力が弱くなったり、または片方の目の視力が著しく悪くなり視力がなくなる症状として警告を発する事も有ります。また、舌がろれつが回らず発音が困難になったり、人の言っている事が理解できなくなったりすることでも分ります。突然の激しい頭痛や、原因不明のめまいや卒倒やぐらぐらする不安定感などでも判断できます。脳卒中は脳が障害を受けた部位によって出てくる症状も規模も様々です。一生寝たきりになってしまう人もいれば、奇跡的に回復する人もいます。いったん脳卒中で障害を受けてしまった部位の細胞は再生する事はありませんが、治療や本人の努力によって、脳の他の部分が障害を受けた部位を補う働きをするように進化するケースも多いです。

 

脳卒中の治療法とは?

 

まず、TIA や 上記の様な症状が現れたら間を開けず病院に緊急に駆け込む事です。大抵は、健康診断で勧められて、脳卒中の精密検査を受ける事で判明することが多いようです。血圧や脈拍や眼底検査や心臓検査をし、次に聴力、視力、感覚機能、意識状態、反射機能などをチェックする神経学的検査をします。

  • CTスキャン(コンピューター断層撮影法)
  • MRI(磁気共鳴画像診断)、
  • 脳血流診断測定

で、脳の障害部位や障害規模や程度などを正確精密に診断するばかりか、今出ている症状が脳卒中が引き起こしているのか、それとも脳腫瘍などが隠れて引き起こしているのかまでも判明させる事が出来ます。脳卒中と認められれば即治療入院に入ります。血栓形成を予防し、更に今ある血栓をこれ以上肥大させないような血栓治療の薬を投与されます。必要があれば薬物投与だけではなく、動脈に蓄積している脂肪を取り除く手術を行います。この手術によって、閉塞性脳卒中(血栓で脳動脈が詰まる)を回避させます。後にはもちろんリハビリが必要です。