老化防止(アンチエイジング)

老化防止(アンチエイジング)>老化とローヤルゼリー

 

ローヤルゼリーの成分

 

ローヤルゼりーは栄養が豊富という事は知っていますが、具体的にどんな栄養素が入っているかご存じでしょうか?

 

@アミノ酸

  • 【リジン】必須アミノ酸。体を構成するタンパク質の組み立てに必要不可欠。
  • 【フェニールアラニン】脳と神経に伝達する伝達物質 食欲抑制効果あり
  • 【ロイシン】肝機能を高め、筋肉を強化する
  • 【イソロイシン】筋肉を強化し体の成長を促進する。疲労回復効果あり
  • 【ヒスチジン】体の成長を促進して神経機能の働きを助ける
  • 【メチオニン】血液中のコレステロール値を下げ活性酸素を取り除く作用
  • 【バリン】成長を促進して血液中の窒素のバランスを調整する
  • 【スレオニン】新陳代謝を促し脂肪肝を予防します
  • 【トリプトファン】睡眠を正常にして、活性酸素を減少させる
  • 他にもアルギニン、ブロリン、γ−アミノ酸、セリン、グルタミン酸、チロシン、タウリン、グリシン、β−アラニン、アラニン、シスチン、オキシプロリン、アスパラギン酸 【などのアミノ酸】があります

 

A【10ヒドロキシデン酸】
抗菌力が強く、皮膚の余分な脂などを調整してくれる作用がある

 

B【アセチルコリン】
自律神経系へ直接働きかける伝達物質

 

C【ピオプテリン】
成長を促進する因子

 

D【ビタミン】

  • ビタミンB1=タンパク質、糖質、脂質の代謝をサポート
  • ビタミンB2=脂肪酸、アミノ酸の代謝をサポート
  • ビタミンB6=タンパク質の代謝をサポート
  • ビタミンB12=炭水化物、脂質の代謝をサポート
  • バントテン酸=酵素の働きを助けて、糖質の代謝をサポート
  • イノシトール=コレステロールの代謝をサポートし補う
  • 葉酸=体内の組織細胞の働きを正常に保ち育てる

 

E【タンパク質】

  • アルブミン=アルブミンとは人の体内にあるたんぱく質で、身体の血液中に含まれる値が100ml中3.5g以下になると、腎臓病、ガン、栄養失調などを引き起こすといわれています
  • アビシン=アンチエイジングで一躍有名になりましたが、身体の細胞を長生きさせる効果や 新しい細胞を作り出す促進作用があると言われています。
  • グロブリン=免疫機能に携わるたんぱく質で、体を病原菌から守る役割
  • ロイヤリシン=抗菌作用

 

F【ミネラル】

  • リン=細胞の成長に働き血液中の酸とアルカリのバランスを調整する
  • カルシウム=骨と歯を丈夫に保つ。
  • 銅=ヘモグロビンと鉄を結びつける働き
  • マンガン=糖質や脂質の代謝の促進。骨格形成、肝機能のサポート
  • 鉄=血液中のヘモグロビンを発育するのに必要
  • マグネシウム亜鉛=体の代謝を促進し、精神の鎮静に働きかける 細胞分裂を促す働き

 

G【ビオブテリン】 H【デセン酸】
殺菌作用、制癌作用

 

以上でローヤルゼリー中に入っている成分です。これだけの成分が自然の恵みで作られるなんて不思議です。。。

 

ローヤルゼリーの秘密

 

ローヤルゼリー効能

ローヤルゼリーは女王バチの食べ物だという事は広く知られていますがそのローヤルゼリーはどこで作られているかご存じですか?まず、ハチは3種類に分けられます。

 

@働きバチ(全てメス)
A雄バチ
B女王バチ

 

この3種類のハチ達が一つの集団を築いています。ちなみに一つの集団が5万〜6万匹といわれています。この5万〜6万匹のハチの中で女王バチは"1匹"だけ、雄バチは1%。あとの残りは全て働き蜂なんですね。その数万匹の働き蜂の中でも、外から密を集めてくる営業バチさんと、巣の中で密を保管、加工する製造バチさんに分かれます。

 

ローヤルゼリー効能

まず、営業バチさんが"今日もおいしい蜜を集めるぞ〜"と花畑へ出かけて行き、花から花へと飛びまわります。蜂は花の蜜を、"密嚢"といわれる人間でいう胃袋にためていきます。

 

またハチは足のすねに長い籠状の毛がたくさんあって、その毛先に花粉を入れて、密で丸めて団子状にして巣へ持ち帰ります。この花粉団子を"密バン"と呼びます。この密パンがローヤルゼりーになくてはならない物なんです!営業バチさんが"密パン"を製造バチさんに渡します。すると製造バチさんが腐らないように、すぐに密を加えて密パンを加工 し保管します。この密パンを"生後10日以内の若い働きバチ"が食べます。すると唾液線で乳白色の液体が合成され、頭にある咽頭線(上顎と下顎)の分泌腺から分泌されるのがローヤルゼリーなんです。

 

このローヤルゼリーを食べられるのは女王バチと、女王バチ候補の幼虫だけなんです。女王バチの幼虫というより、ローヤルゼリーのみを食べ続けた幼虫が女王バチとして育っていくんです。多いときで1日に2000個の卵を産む女王バチの寿命は4年毎日ローヤルゼリーだけを食べ続ける、そして生後10日以内の若い働きバチにしか作れないローヤルゼリー。その元の密パンを運ぶのは寿命が1カ月しかない働きバチ。。。自然の摂理ってすごいなあ、と感心してしまいます。

 

ローヤルゼリーの選び方

 

ローヤルゼリー効能

世に多くのローヤルゼリーが出回っていて、何を選んだら良いのか迷いますね。。。値段も高価なので試しに買ってみよう。。。と気軽には買えません。事前に情報収集しておく事も大切です。ローヤルゼりーは自然の恵みですから、なんといっても鮮度が大事です。ではいつが一番新鮮かというと、働き蜂の活動が一番盛んな春です。花が咲き誇りブンブンとハチが飛び交う音がしてくる早春、働き蜂が密と密パンを巣へ持ち帰り、ローヤルゼリーが造られているのです。さらに花粉の量が沢山ある菜の花を密源にしているローヤルゼリーが一番効能があるといわれています。新鮮なローヤルゼリーの品質管理をきちんと行われている会社を選ばなければなりません。

 

ローヤルゼリー効能

日本には株式会社 全国ローヤルゼリー公正取引協議会というのが設立されています。その協議会で、壊れやすいローヤルゼリーを衛生的に安全に使用できるか?という厳しい審査が行われます。その厳重な審査に合格し、品質が適正であると判断されたローヤルゼリーにだけ許可された、全国ローヤルゼリー公正取引協議会マークという マークがついた商品でしたら、ひとまず安心です。

 

ローヤルゼリーには肌へ直接つけて働きかける美容液タイプのものや、ドリンクとして飲用するように開発されているのもあります。ローヤルゼリーはデリケートなので、胃酸に弱く、ローヤルゼリードリンクを飲んでも胃酸で有効成分を壊されてしまい効果を感じられない場合もあるようです。

 

最初は一番効果があらわれやすい舌下吸引タイプがお勧めです。舌下吸引タイプとは、舌の下にローヤルゼリーを入れておいて、血液中に吸引させてしまう事ができます。血液中に直接吸引してしまうので、有効成分を壊すことなく全て吸収する事が出来ます。ローヤルゼリーの有効成分が血液で循環して体をめぐるので即効性があるといわれています。他にもローヤルゼリーキャンディーや顆粒タイプでコラーゲンやビタミンを一緒に配合したタイプなど様々です。

 

ローヤルゼリーの効能を感じるには個人差はありますが、最低でも一か月は続けて摂取した方がいいです。ですから値段や品質はもちろんですが、味も重要です。私はハチミツが苦手なので、ローヤルゼリーも微妙かな。。。と思っていましたが、ローヤルゼリーは蜂蜜とは違うので味も全然違いました。ピリピリとした舌触りだったのでビックリしましたが、これはローヤルゼリーの有効成分の一つで、自然界にはローヤルゼリーだけにしかないといわれる、10-ヒドロキシデセン酸という脂肪酸特有の感触でした。今は飲みやすいヨーグルト風味や、レモン味、りんご味なども出ていますのでお試しあれ!です。

 

関連ページ

老化と老化防止
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
糖化と糖化の原因
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
肌の糖化 体の糖化
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
糖化 糖尿病/抗糖化      糖化 食事
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
老化とローヤルゼリー
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
老化とレスベラトロール
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。