老化防止(アンチエイジング)

老化防止(アンチエイジング)

 

老化防止(アンチエイジング)

同じ年齢なのに、実年齢よりもかんり若く見える人と、実際年齢よりもぐんと老けて見える人がいます。一体何がその差を生み出すのでしょうか?確かに美容整形をはじめとする各種アンチエイジング技術の目覚しい進歩により、お金さえかければ誰でも見た目上の若々しさは取り戻すことができるようになりました。

 

しかし、本来なら、皮膚の状態をはじめとする人間の外見は、身体内で何が起こっているかを判断する重要な目安となります。美容整形で見た目が綺麗になることにより、身体内で起こっている老化現象から目を背けることになり、身体内からのサインを見逃すことになり、急激な老化現象や病気のリスクが高まります。この『老化防止(アンチエイジング)♪』サイトは、そうした施術を必要とせず、身体内はもちろん外見上も自然な自分の力で若々しさを取り戻す&保ちたい人専用のサイトです。どうぞごゆっくりご覧になってください。

 

老化防止(アンチエイジング)のポイント

  • 甘い物を控え体内糖化の阻止に心がけている
  • 規則正しい生活リズム維持を心がけている
  • 食物に気を配り、極力安全な食べ物をバランスよく食べるようにしている
  • 熱中できるものを持っていて、情熱的で楽しく生活している
  • 紫外線や空気公害対策にも出来る範囲で取り組んでいる

 

老化防止(アンチエイジング)>老化現象

 

老化現象とは、齢を取ることによって身体機能が衰えてくることです。身体機能とは、具体的には視力・聴力・記憶力、運動能力、内臓機能、容姿、生理機能などのことです。老化現象を表すものとして、このような嘆きをよく耳にするのではないでしょうか?

  • 白髪・抜け毛が増えた
  • 肌にシミ・シワが増えた
  • 物忘れがひどくなった
  • 老眼になった
  • 足腰が弱くなった
  • 脂っこいものが食べられなくなった
  • 朝早くに目が覚めるようになった
  • 意欲や感受性が低下した
  • 性欲がなくなった

老化防止(アンチエイジング)

このような老化現象は、個人差はあれ、誰にでもおとずれるものです。人間の体に組み込まれた老化時計は進むしかなく、針を昔に戻すことはできません。しかし、何もすべきことがないのかというと、そうでもありません。老化現象は、避けることは難しくても、進行を遅らせることはできます。たとえば、老化現象最大の特徴である「体力の低下」ですが、これは日々の運動によって改善することができます。また、苦労している人が早く老けるのを見れば分かるように、ストレスは確実に老化現象を促進します。ということは、ストレスをうまく処理できるようになればいいのです。人間はなぜ老化するのかについては、まだまだ謎が多く残っていますが、少しずつ解明されてきています。老化現象を防ぐ方法が見つかる日がくるのでしょうか?期待したいところです。

 

老化防止(アンチエイジング)>老化 原因

 

人はなぜ老化するのか?その原因についてはいくつかの説が存在します。学説としては以下の3つが有力です。

  • プログラム説(一生の細胞分裂の回数があらかじめ決められている)
  • エラー説 (細胞分裂の際に発生する突然変異の蓄積)
  • 活性酸素説(代謝のときに発生する活性酸素が体にダメージを与える)

老化防止(アンチエイジング)

しかし、一般的にはこれらの学説以外にも原因とされるものが取り上げられています。それは生活習慣や環境など、日常生活の中にも原因があるとするものです。たとえば、ストレス、紫外線、たばこ、アルコール、睡眠不足などがあげられます。このように、老化の原因にはいくつかの候補が存在し、そのうち1つの“単独犯説”や、いくつかの要因があわさった“複数犯説”があります。結局のところまだはっきりしていません。最近では、老化の原因物質として、「糖化」が有力視されています。

 

「酸化」は比較的有名ですが、「糖化」はまだ聞き慣れない言葉だと思います。しかし最近の研究結果により、酸化よりも糖化の方がより強い老化の原因ではないかと言われるようになってきています。NHKの『ためしてガッテン』でも取り上げられていました。

 

糖化とは、体内のタンパク質と、食事で摂取した「糖」が結びつくことによって老化物質を発生させることです。年齢とともに老化物質は蓄積し、さまざまな老化現象を引き起こします。「糖化=老化」と考えても差し支えないと思います。人間はなぜ老化するのかについては、まだまだ謎が多く残ってますが、少しずつ解明されてきています。老化現象を防ぐ方法が見つかる日がくるのでしょうか?期待したいところです。

 

老化防止(アンチエイジング)>老化 酸化

 

老化防止(アンチエイジング)

老化の原因として現在考えられているのは、細胞の「酸化」と「糖化」です。ここでは酸化の話をします。酸化とは、物質が酸素と結びつくことを言います。リンゴを切って放置しておくと、切り口がだんだん茶色くなってきます。これは空気中の酸素によって酸化したためです。鉄が錆びるのも酸化です。これと同じ現象が、私たちの体内でも起こっているのです。酸素はあらゆるものを酸化させます。肌細胞を酸化させればシミやしわ、血管を酸化させれば動脈硬化、DNAを酸化させればガン化します。

 

酸化とは、体をサビによって老化させることなのです。特に活性酸素は強い酸化力を持つため、老化だけでなく糖尿病や肝機能障害など深刻な病気の原因にもなります。吸収した酸素のうち3%は、普通にしていても活性酸素になります。酸素を体から追い出せば活性酸素も発生しませんが、人間は酸素なしで生きていくことはできません。酸素は体内で細胞におくられ、ブトウ糖と結合してエネルギーを発生させます。人間はこのエネルギーのおかげで活動することができるのです。

 

酸素は老化の原因となりますが、酸素のない生活は不可能です。老化の進行をくい止めるには、なるべく活性酸素を発生させないよう注意することです。活性酸素を増やす原因は、強いストレス、飲酒、過労、激しいスポーツ、病気などです。日常生活の中でなるべくこれらの要因を抱えないよう、気をつけるようにしましょう。

 

老化防止(アンチエイジング)>老化 糖化

 

老化防止(アンチエイジング)

老化の原因として最近注目されているのは、「酸化」と「糖化」です。ここでは糖化の話をします。糖化とは、体の中で糖とタンパク質が結びつき、劣化したタンパク質に変化することです。タンパク質は体を形成する成分なので、それが劣化すると人間は老化します。

 

たとえば、皮膚のコラーゲンが糖化すれば、肌の色がたるんで褐色になります。老人の皮膚がくすんでいるのはそのためです。また、目の水晶体が糖化すれば白内障、脳が糖化すればアルツハイマー、骨が糖化すれば骨粗鬆症と、糖化は老化だけでなく病気の原因にもなります。年をとるほど老化が進むのは、こうしてできた糖化物質が体内に蓄積していくからです。

 

しかし、どうすれば体の糖化を防ぐことができるのでしょうか?糖は私たちが生きていくために不可欠な栄養素です。糖は体の活動のエネルギー源です。もしブドウ糖が脳に供給されないと意識を失い、死に至ります。老化の原因は糖化で、糖化を促すのは糖ですが、糖を摂らないと私たちは生きていくことはできません。

 

糖を摂らないことは不可能なので、体内で糖が余らないように注意するようにしましょう。クッキーやケーキなど甘いものや炭水化物を食べすぎたり、早食いをしたりすると糖化が促進されます。また、肥満や運動不足も糖化の進行の原因となります。食事の際は野菜から食べ始めるなど、日常生活でなるべく糖化をおさえる習慣を心がけてください。

 

老化防止(アンチエイジング記事一覧

老化と老化防止

老化防止(アンチエイジング)>肌 老化若い時のお肌は、みずみずしくてハリがあります。しかし、年をとると、弾力はなくなりたるんできます。ツヤもなくなり、シミやしわが目立ってきます。これが肌老化です。どうして肌老化が進んでしまうのでしょうか?考えられる5大原因はこちらです。1) 光老化光老化は、紫外線に...

≫続きを読む

糖化と糖化の原因

老化防止(アンチエイジング)>糖化と糖化の原因>糖化とは老化の主な原因として、いま「糖化」が美容や健康の分野で注目されています。長らく老化の原因は酸化だと言われてきましたが、糖化もそれに劣らず影響があることが分かってきています。糖化とは、体内のタンパク質や脂肪と糖が結合して、その構造を変えてしまうこ...

≫続きを読む

肌の糖化 体の糖化

長らく老化の原因は「加齢」と「酸化」だとされてきました。しかし、最近は「糖化」も老化の要因ではないかと言われています。いったい、糖化はどのくらい老化に影響しているのでしょうか?老化の兆候が顕著にあらわれるのはお肌です。お肌の老化の主な原因は紫外線による光老化ですが、3割くらいは糖化のせいではないかと...

≫続きを読む

糖化 糖尿病/抗糖化      糖化 食事

糖化によって最も心配される病気は、「糖尿病」です。糖尿病とは、長期にわたって血液中の血糖値が高いまま維持される疾患です。症状としては、口の渇き、頻尿、体重減少などをもたらします。糖尿病は代表的な生活習慣病で、日々の不摂生が発症の原因とされてきました。しかし近年、糖化の影響も大きいことが分かってきてい...

≫続きを読む

老化とローヤルゼリー

ローヤルゼリーはこんな方に向いています♪疲労を感じやすい☆慢性疲労を抱えているビタミンB1 ビタミンB6⇒疲労の源ピルビン酸や乳酸を分解疲労防止や疲労回復イソロイシン⇒疲労回復メチオニン⇒活性酸素を除去トリプトファン⇒活性酸素の減少ロイヤラクチン⇒乳酸蓄積抑制作用!疲労回復!アセチルコリン⇒免疫力増...

≫続きを読む

老化とローヤルゼリー2

ローヤルゼリーの成分ローヤルゼりーは栄養が豊富という事は知っていますが、具体的にどんな栄養素が入っているかご存じでしょうか?@アミノ酸【リジン】必須アミノ酸。体を構成するタンパク質の組み立てに必要不可欠。【フェニールアラニン】脳と神経に伝達する伝達物質 食欲抑制効果あり【ロイシン】肝機能を高め、筋肉...

≫続きを読む

老化とレスベラトロール

レスベラトロールとは?レスベラトロールってご存知ですか?私は初めて聞いた時、思わずロールケーキを想い浮かべてしまいました。。。レスベラトロールとは、ブドウの皮や赤ワインに含まれるポリフェノール の一種で、自然界で出来た抗酸化物質です。抗酸化物質とは、老化やガンの原因である”活性酸素”を撃退して身体を...

≫続きを読む