歯周病 治療

歯周病>歯周病の治療方法

 

歯周病>歯周病の治療方法>歯周病 インプラント

 

歯周病 インプラント

もし、予防や治療の甲斐なく、不幸にも歯周病で歯を失ってしまった場合、どうしたらよいのでしょうか?そのまま、というわけにはいきませんよね。歯を補う手段としては、インプラントが最もメリットが多いように思います。インプラントとは、歯周病で歯が抜けてしまった部分に、人工の歯を入れる方法です。根の部分はチタン製で、その上に人工歯を被せるという構造です。入れ歯とは違って入れたり外したりする必要がありません。まるで自分の歯のように食べ物が噛めるのが魅力です。

 

歯周病で弱った歯ぐきにインプラントしても大丈夫なのかと心配に思ったのですが、インプラントは歯周病で歯が抜けてしまった人にも、おすすめの治療法なのだそうです。むしろ、人工歯を入れてよく噛むようになることによって、周りの歯槽骨が刺激され活性化し、弱った組織が回復することさえあるそうです。ただ、歯周病の後に限らず、インプラントはあごの骨が十分な厚さがないと、安定性や見た目の問題でうまくいかないのだそうです。なので、手術前には歯周病をちゃんと治し、しっかり“根”をはれる状態にしておかなくてはいけません。そういった意味で、歯周病についても理解のある歯医者さんに、インプラントの治療もお願いしたいですよね。

 

歯周病>歯周病の治療方法>歯周病 レーザー治療

 

歯周病 レーザー治療

どうも症状から自分は中度か重度の歯周病であるらしいが、歯周病が重くなると歯医者さんでの治療は手術みたいに大変なものになるっていうから、出血とか痛い治療が怖くて歯医者さんに行けない、でも歯周病もつらい・・・という人には、「レーザー治療」というものがあるということを紹介しておきたいと思います。

 

レーザー治療は最先端の歯科治療方法のひとつで、歯以外にも体のさまざまな部分に使われている最新医療です。レーザー治療であれば、なかなか治りにくい歯周病を短期で治すことができ、治療時間も短く、痛みもなく、歯ぐきを傷つけることもなく、歯周ポケット内の狭い部分も狙い撃ちにでき、しかも歯石が再付着しにくいと、まさによいことずくめです。

 

レーザー治療はレーザー光を患部に照射することによって歯垢や歯石が取れるだけでなく、照射した部分が殺菌・消毒できるので、歯周病の治りが良くなります。どの進行度の歯周病にも有効ですが、特に切開手術が必要なくらい重度の歯周病にこそ、メリットを発揮すると言っていいでしょう。ただし、デメリットもあります。現在のところレーザー治療は保険が効かない自費診療になるため、どうしても治療費が高くなります。できれば早く法改正して保険を適用させて欲しいのですが、まだ時間がかかりそうです。

 

歯周病>歯周病の治療方法>歯周病 歯科矯正

 

歯周病 歯科矯正<

歯周病を悪くする原因に、歯並びの悪さも挙げられます。歯並びが悪いと歯垢がたまりやすく、歯ブラシも届きにくいため、病原菌にとって非常に居心地のいい場所になります。また、歯並びが悪いため噛みあわせが悪くなると、歯に余計な力が加わり、ヒビが入ったり穴があいたりして、歯周病をさらに悪化させます。歯並びが悪いことは歯周病予防や治療にとって、大きなデメリットになります。したがって、歯の矯正によって歯並びをよくすることは、歯周病対策にとって大きなプラスになります。

 

予防に役立つのはもちろんですが、治療にも役に立ちます。重度まで歯周病が進行してしまったために、歯がグラグラと不安定になり、不自然な向きや位置に移動してしまうことがあります。するとさらに歯周病が悪化する悪循環になりますが、そこで矯正によって歯を正しい位置に戻すと、歯の負担を減らしてあげることができます。しかし、あまりにもひどい歯周病になってしまうと、歯の矯正自体ができなくなってしまう場合があるので、注意が必要です。歯列矯正には土台となる歯が必要なのですが、重度の歯周病で歯の多くを失っていたり、どれも弱っていて土台にならない場合は、矯正することができないことがあります。

 

歯周病>歯周病の治療方法>歯周病 抜歯

 

歯周病 抜歯

歯周病が重度にまで進行してしまうと、最悪の場合 抜歯、つまり抜いてしまわなくてはなりません。どのくらいまで悪化すると抜歯になるのでしょうか?何か基準はあるのでしょうか?実は、抜歯をするかしないかの判断は、歯医者さんで意見が異なります。すぐ「抜きましょう」という人もいれば、抜け落ちるまで待つという極端な人もいるようです。

 

一応の目安としては、歯の根っこの部分が侵されていると治療ができないので、抜くことが多いようです。また、歯周病であまりにもグラグラとしている歯や、周りの歯に悪影響を及ぼしている歯も対象になります。抜歯のタイミングがあまりにも遅いと、その後の経過にも影響があります。歯の根っこまで思い歯周病に侵されて大量の歯石が付着し、歯ぐきの炎症がひどいと、その後人工の歯をいれるのがとても難しくなります。周りの歯にも歯周病をうつしてしまうかもしれません。やたらと「抜きましょう」という先生もイヤですが、抜歯した方がいい理由をしっかりと説明してくれる先生であれば、決断は早い方がいいと思います。

 

抜歯の治療はほとんどの場合保険が適用されます。おおよそですが、前歯であれば500円程度、奥歯であれば1000円程度です。しかしいくら保険がきくからと言っても歯を失うわけですから、できればしなくてすむなら、それに超したことはありません。歯周病予防をしっかりして、抜歯の心配がない生活をしたいですね。

 

関連ページ

歯周病の症状
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
歯周病FAQ
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
歯周病 検査・治療      歯周病 治療 肥料
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。