歯周病

歯周病>歯周病FAQ

 

歯周病FAQ>歯周病はキスでうつる?

 

歯周病はキスするだけでうつるものなのでしょうか?結論から言うと、うつる可能性はありますが、それだけですぐ歯周病になるわけではありません。歯周病は感染症なので、歯周病菌が口の中に入れば感染してしまうかもしれませんが、歯周病菌の感染力はそれほど高くはないのです。

 

問題なのは、受ける側の抵抗力が落ちていないかどうかです。病気やストレスなどで体の抵抗力が落ちている場合は、キスするだけで歯周病になってしまう可能性は十分あります。。ところで、歯周病って高齢者がかかる病気だと思っていませんか?キスをするような年齢の人(高齢でもラブラブな人がいるかもしれませんが、それはちょっとここでは置いといて)は、あまり歯周病にならないのではないか?そんなことはありません。

 

最近は10代や20代で歯周病の人も珍しくないのです。そういった方たちは、早期に発現するタイプの歯周病菌に感染していることが多いです。歯周病の原因菌にも、さまざまな種類があるのですね。キスでもうつる可能性があるということは、キス以外でも唾液をとおして感染してしまうということです。
赤ちゃんに食べ物を口移ししたり、友人とスプーンを共有することも同じです。どちらも気をつけていないとうっかりやってしまうことです。体調に左右されるとはいえ、感染する可能性のあることは、できるだけ避けるように心がけて生活したいですよね。

 

歯周病FAQ>歯槽膿漏と歯周病の感染について

 

歯槽膿漏、歯周病はどのようにして感染するのでしょうか?生れたての赤ちゃんの口の中には、歯周病菌は存在しません。ほとんどの場合、家族から感染します。歯周病菌は空気感染はしないので、媒体になるのは唾液です。永久歯がはえそろうだいたい10歳くらいの頃に、大人から子供に感染することが多いそうです。子供への感染と聞いて赤ちゃんへの口移しが原因?と考えましたが、その時期はまだ歯自体がないですもんね。大人から大人に感染する場合もあります。これは大人から子供に感染する歯周病菌とはまた違う歯周病菌です。食器の共有やキスなどでもうつることがあります。

 

しかし歯周病菌が口の中に入ったからすぐ歯周病になるわけではありません。もともと歯周病菌は口の中にある程度は存在する細菌です。つい、歯周病菌から避けて生活できれば問題ないと考えてしまいがちですが、普通に生きていく上で細菌感染から完全に逃れることはできませんし、まったく細菌のない体というのは逆に不自然です。大切なのは、歯周病菌がいても歯周病にならないように、口の中をしっかりケアして、うまく細菌と共存することです。特に、重度の歯周病になってしまうような種類の歯周病菌は歯周ポケットの深い場所なので、自分の歯磨きだけでは行き届かない場合は歯医者さんに相談しながらよくチェックするようにしましょう。

 

歯周病FAQ>歯周病 重曹

 

現在のような歯磨き粉がなかった時代、重曹が歯磨き粉がわりだったという話を聞いたことがあります。塩で磨くというのは聞いたことがありましたが、重曹のようなパサパサした粉で歯を磨くなんて、ペースト状の歯磨き粉に慣れた私にはちょっと意外な感じがしました。最近では「重曹入り歯磨き粉」というのも市販されているようですが。重曹が歯磨き粉として愛用されていたのには、理由がちゃんとありました。重曹は弱アルカリ性で、口の中をアルカリ性に保つと虫歯や歯周病になりにくいのだそうです。歯磨き粉として使うほか、水に溶かしてうがいをする人もいるといいます。

 

重曹が歯周病の予防に役立つというのは本当でしょうか?ちょっと民間療法的なイメージがないでもないです。歯医者さんの意見もさまざまですが、重曹で歯磨きやうがいをすれば予防は万全、というわけではなさそうです。多少の効果はあるかもしれませんが、歯を再石灰化して強くするのはフッ素の方が有効ですし、歯周病の原因となる歯石の沈着を促進してしまうという説もあります。ホワイトニング効果は期待できるようですが。重曹には歯周病や口臭の予防に「一定の」効果はあるようですが、重曹を使っているからと安心して他のケアがおろそかになるほうが、歯周病の危険性を高めるような気がします。

 

歯周病FAQ>歯周病に効く歯磨き粉と歯ブラシ

 

歯周病は、予防も治療も基本は歯垢(プラーク)のコントロールにあります。ということは、自身でできる歯周病対策の基本は、やはり歯磨きということになりますね。歯周病に効く歯磨き粉や歯ブラシも、いろいろなものが市販されています。歯周病に効くとされる歯磨き粉の効果としては、一般的に口の中を殺菌・浄化して、歯垢がよく取れ、歯垢や歯石が付きにくい状態にする、というものが多いようです。その他、歯周病の主な症状である出血や炎症をおさえてくれるものもありますし、歯の再石灰化、歯ぐきを引き締める、口臭の予防をうたっているものもあります。

 

歯周病予防に効くとされる歯ブラシも多数販売されています。歯周病予防にはなんと言っても歯垢・歯石を落とすこと、特に歯の間や歯と歯ぐきの間、歯周ポケットなどの、狭くて磨きにくいところをしっかり磨けるかどうかが大切になってきます。そのため、歯周病予防用の歯ブラシは、奥の方まで入りやすい形状をしたものが多いです。また、ブラシ部分は歯間や歯周ポケットにも入りこめるよう先端が極細のものであったり、歯垢をかきだすのに適した丸型だったり、もしくは両方だったりします。しかし、歯磨き粉や歯ブラシが歯周病予防用のものであっても、歯磨きが正しくないと効果がありません。最も大切なのは、ブラッシングの仕方なのかもしれませんね。

 

関連ページ

歯周病の症状
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
歯周病 検査・治療      歯周病 治療 肥料
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。
歯周病の治療方法
気になる身体の症状の原因,予防や対策方法,治療法や名医など健康維持&健康回復に役立つ情報をまとめたサイトです。困った時に、又、転ばぬ先の杖としてお役立ていただけたら幸いです。