子宮筋腫

妊娠中の子宮筋腫

 

妊娠中の子宮筋腫>子宮筋腫と自然分娩

 

妊娠中に筋腫があると診断を受ける人は結構いますよね。すごく不安になると思います。筋腫事態は良性のものなので、すぐに採る必要はなく、出来ている場所に問題がなければそのまま自然分娩をする事ができます。ただし、位置や大きさによっては、お腹が張ったり、早産になり易い傾向にあります。

 

 

子宮筋腫と帝王切開

 

妊娠中の子宮筋腫

 

子宮口の近くや子宮頸部(しきゅうけいぶ)に筋腫がある場合は、
赤ちゃんが通り抜ける事が出来ないため、帝王切開での分娩になります。

 

帝王切開をした時に、筋腫が採れる位置にあれば、ついでに
採ってもらう事もできます。

 

妊娠中期になると、筋腫は、たいていの場合、やわらかく変化し、
周囲の子宮の一部のようになってくるんです。
だから、筋腫のほとんどは、胎児の発育や分娩に支障はないはずといわれています。全ては主治医との相談です。

 

 

 

妊娠と子宮筋腫手術

 

妊娠と子宮筋腫手術

 

妊娠中に筋腫への血液の流れが悪くなると、痛みが出ることがあります。急にお腹が痛くなったら、先生に相談しましょう。

 

殆どは、安静にしていると痛みはおさまりますが、治まらない場合は鎮痛剤が必要になったり、痛みの刺激で子宮収縮が始まる場合があります。稀に子宮の収縮が抑えきれない場合は、手術が必要になることもあります。

 

胎児を残したままの手術は出来ますが、手術による流・早産の危険性があります。よほどのことがないかぎり、手術はやりません。前述でも書いてあるように、妊娠中期になると筋腫の多くは軟らかくなって、周囲の子宮筋の一部のようになってきます。そのため、かなり大きな筋腫があっても、胎児の発育や分娩に影響はないと思います。

 

 

 

子宮筋腫と産後の経過

 

産後は筋腫があると経過が思わしくないと言われていますが、筋腫によって子宮収縮が悪くなるため、産後の出血が多くなるということです。ですが、今では、子宮収縮剤などが発達しているため、こんな心配はありません。

 

 

 

子宮筋腫を抱えた妊娠時の注意点

 

妊娠と子宮筋腫手術

 

妊娠中の注意点としては、ほとんど通常の人と変わらず、普通の事を注意していればいいのですが、筋腫によっては早産や流産の可能性も出てきますので、安静にしていなくてはならない場合もありますから、先生とよく相談してくださいね。たまに痛みが出た時には必ず受診するようにしましょう。

 

産褥期(産後)は筋腫に感染がおこりやすいので要注意です!胎盤が剥がれおちたところが修復される間は、血の混じった分泌物、悪露(おろ)というものが出てきます。

 

この悪露の量が多くなったり、逆に急に少なくなったり、異臭がしたり、発熱や異常な腹痛があった場合はすぐに受診しましょうね。感染してる場合があります。最後に、栄養をたくさんとり、定期健診を受けて、筋腫の状態を把握する事が大事です。

 

妊娠中の子宮筋腫記事一覧

妊娠関連の病気

妊娠関連の病気女性の体は、妊娠と同時に、いろんな症状を巻き起こします。特に初めての妊娠の場合は、身体が適応するのに時間がかかり、2度目や3度目の妊娠とは比べものにならないくらいに辛い時もあるでしょう。まずなによりも、身体と心の安定が必要になります。周りの人のささえも必要になるでしょう。これから10月...

≫続きを読む

 

妊娠前に受けた方が良い検査一覧

妊娠と子宮もし何らかの妊娠に障害のある病気があれば、妊娠前にわかれば安心しますよね。受けることによって、治療ができ、大事なわが子に病気をうつさなくてすみます。風疹検査妊娠初期から中期に風疹に感染すると、胎児に奇形を起こします。抗体ができていれば、いつ妊娠してもいいのですが、抗体がないまま妊娠して、風...

≫続きを読む