歯周病

歯周病

 

歯周病とは

歯周病

歯周病とは、文字通り「歯の周りでおこる病気」のことです。これは私たちにとって非常に身近な病気で、なんと日本人の大人の約80%は歯周病なんだそうです。しかも、日本人が自分の歯を失う最も大きな原因も歯周病です。 こわいですね。今のところ自覚はありませんが、いつかその1人になる予備軍だらけなのが現実です。

 

実は「歯周病」とは、「生活習慣病」などと同様、さまざまな病気の総称なんだそうです。つまり、ひとつの病気の名前じゃないんですね。歯ぐきにおこるものと、歯を支えている根っこのような骨(歯槽骨)におこるものの、 大きく2つにわけることができます。年を取ってからかかるイメージがあるので、つい老化のせいだと考えてしまうのですが、 正しくは一種の感染症です。細菌によって引き起こされているのです。ということは、若い人でも感染すれば歯周病になって、ひどくなれば歯を失う可能性があるということです。歯を破壊されたり失ったりして痛い思いをするのは虫歯だとばかり思っていましたが、歯周病も同じくらい、もしかしたらもっと恐ろしい病気です。ちなみに、どちらも細菌のせいですが、種類は違います。

 

たくさんの人がかかりやすく、 しかもダメージの大きい病気なので、自分には関係ないとは思わず、歯周病についてあらかじめ正しい知識を持っておきたいですね。

 

100歳でも健康な自分の歯を持っている人がしている事は。。。。

 

歳を取ると必ず入れ歯をしなければならなくなるというのは、とんだ思い違いです!!95歳だろうと100歳を超えていようと、一度も抜歯もせず、全て自分の健康な歯でいる人も中にはいるのです。 高齢であろうと、歯周病や虫歯とはまるで無縁の方が実践していることをご紹介いたします。実は、一生健康な自分の歯でいる方は、皆さん必ず
【糸ようじ】を使っています。糸ようじを使うと すきっ歯になると思いこんでいる方が多く良く質問を受けるのですが、これは間違った認識です。歯と歯の間には、隙間があいているのが本来の歯の姿です。歯を閉じて舌を前歯に押し付けた時に、唾液が歯の隙間から出てくるのが健康な歯の状態です。 歯と歯の隙間が空いていないのは、歯垢が歯にこびりついているからです。

 

ご存知のように歯垢は、虫歯や歯周病など口内のあらゆるトラブルを引き起こす元凶です。前歯だけでなく、奥歯まで全ての歯を、ブラッシングした後、糸ようじ で綺麗にすることを習慣づけて下さいね。 そうすることによって、一生 自分の歯でいられます♪それと定期的な歯科検診を強くお勧めします。ただし良心的な歯医者を選んでです。ここだけの話ですが、中には金儲けばかりに御就寝で良心を失っている酷い歯医者も多いので。

 

 

歯周病>歯周病 対策方法>歯周病 原因

 

歯周病

どうして人は歯周病にかかってしまうのでしょうか?歯周病の直接的な原因は細菌です。しかし、歯周病菌が口の中にいるだけで、すぐ歯周病になるわけではありません。いくつかの原因が重なりあった複合的な理由で、歯周病になってしまうのです。最も大きな原因は、歯磨きを怠ったことによって、細菌の栄養源である食べカスが口の中に残ることです。また、歯の隙間や歯周ポケットに付着する歯石や歯垢も、大きな原因です。歯石や歯垢は言ってしまえば細菌の塊で、除去されずに居座ることで増殖し、歯周病を進行させます。

 

または、糖尿病や高血圧などの持病があったり、ストレスやホルモンバランスも歯周病の進行に大きく影響します。その他、歯並びや噛みあわせ、被せ物の状態が悪いことも原因の一つになります。歯周病の難しいところは、上で述べた原因があれば、誰でも歯周病になるというわけではない、というところです。毎日理想的なケアをしているのにかかってしまう人もいれば、口中歯石だらけでも平気な人もいます。風邪をひきやすい人とそうでない人がいるように、歯周病に対して抵抗力がどれだけあるのかも、個人差があるのです。ですから、歯周病の治療には、体質や生活習慣も含めて、自分に合った治療を歯医者さんと作っていく必要があります。

 

歯周病>歯周病 対策方法>歯周病 予防

 

歯周病 予防

歯周病は、初期段階では発見されにくく、症状が進行してしまうと治療するのがとても難しいやっかいな歯の病気です。となると、歯周病になってからでは遅く、なる前の予防が大切、ということになってきます。歯周病を予防するには、プラークコントロールが有効です。プラークとは、細菌の塊である歯垢のことです。名前がイヤですよね。歯の垢(あか)。プラーク(歯垢)は除去してもすぐ増殖するので、になくすことは不可能です。だからこまめに手入れをして、安全な水準にプラーク(歯垢)をコントロールすることが、プラークコントロールです。

 

プラークコントロールで頭に浮かぶのは、やはり「歯磨き」ですよね。口の中の細菌が増えるのは食事の後なので、食後の歯磨きは徹底しましょう。しかし、ただ磨けばいいというものではなく、「正しく」磨くことが大切です。私は一時期力任せに歯磨きをしていたことがあり、逆に歯ぐきを傷つけて歯周病になりやすくなりますよ、と歯医者さんに注意されたことがあります。歯磨き意外にも歯周病予防の方法はいくつかありますが、最も身近で、自分でできるものは歯磨きだと思います。治療が大変な歯周病になる前に、歯磨きでプラークコントロールして大切な歯を細菌から守っていきたいですよね。

 

歯周病>歯周病 対策方法>歯周病改善

 

歯周病改善

いったん歯周病にかかったら、もう改善することはないのでしょうか?そんなことはありません、きちんと歯医者さんで診てもらって、自分で日常の手入れをしっかりやれば、症状は改善していきます。ただし、風邪のように風邪薬を飲んで翌日に回復、という治り方はしません。ゆっくり、気長に、時々後戻りしながら、直していくことを心がけましょう。歯周病は頑張れば改善しますっ!歯医者さんがやってくれる歯周病の治療は歯医者さんにお任せするとして、自分で行う対策としては、予防でも有効なプラーク(歯垢)コントロールです。

 

食後の歯磨き習慣、たっぷり3分以上のブラッシング、歯の隙間には歯間ブラシ、忙しい場合はうがい薬など、正しいプラークコントロールは歯周病の予防だけでなく、症状改善にも役立ちます。

 

ちなみに、歯周病の改善についておもしろい話を聞きました。歯医者さんで歯周病の処置をしてもらったら、歯がしみて前より痛くなることがあるんだそうです。これは、歯垢や歯石を除去して隠れていたところがあらわになったり、腫れていた歯ぐきが引き締まって歯が露出することによって、刺激を感じてしみるのだそうです。これは知っておかないと心配になりますよね。プラークコントロール以外に、生活習慣を改めることによっても歯周病はある程度ですが改善します。体が弱っていると病気の方が元気になるのはどの症状でも同じですが、特に歯周病は体調と強い関わりを持っているので注意しましょう。

 

 

歯周病 >歯周病 対策方法>妊娠 歯医者

 

妊娠 歯医者

妊娠したら、「早いうちに歯医者さんに行って歯のチェックをしておいたほうがいい」とよく言われました。てっきり虫歯のことだと思っていたのですが、後からいろいろ調べてみると、妊婦にとって怖いのは歯周病の方だったようです。妊娠中は虫歯や歯周病にかかりやすい時期だと言います。女性ホルモンの分泌が増加する影響で、口の中の歯周病菌が増加したり、疫力の低下により炎症を起こしやすかったりするためです。また、つわりのために歯磨きなどの口のケアができない女性も多く、歯周病をおこしやすい環境にあります。

 

妊娠中に歯周病になることがなぜ危険なのでしょうか?実は、歯周病によって早産を引き起こす確率が高くなることが、ある研究結果で明らかになっています。それによると、母親が歯周病である場合は、そうでない場合に比べて6倍から7倍も早産のリスクが高まるということです。妊娠中にすることで胎児に悪影響なのは喫煙や飲酒とばかり思っていましたが、歯周病も非常に危険な要素なのですね。

 

怖い話ですが、しっかりとケアすれば問題ありません。つわりの安定した時期を選んで、歯医者さんを受診して下さい。その時歯周病でなくても、予防対策しておいて損はありません。母子手帳を提示すれば、自治体によっては治療費の補助があります。又、赤ちゃんが生まれてからでは、なかなか自分自身が歯医者に行く時間もとれません。赤ちゃんの為にも、自分自身の為にも妊娠中に歯科検診を受けておくことを強くお勧めします。

 

歯周病記事一覧

歯周病の症状

歯周病の症状は、その進行の進み具合によって変わってきます。まず、まだ症状の軽い初期の場合、あまり強い症状が出ないため気付かれないことが多いのが特徴です。歯ぐきが赤くはれたり出血したりしますが、いずれも軽いため見過ごされがちです。次に、中度になると腫れ、出血がひどくなり、膿が出たりすることもあります。...

≫続きを読む

歯周病FAQ

歯周病FAQ>歯周病はキスでうつる?歯周病はキスするだけでうつるものなのでしょうか?結論から言うと、うつる可能性はありますが、それだけですぐ歯周病になるわけではありません。歯周病は感染症なので、歯周病菌が口の中に入れば感染してしまうかもしれませんが、歯周病菌の感染力はそれほど高くはないのです。問題な...

≫続きを読む

歯周病 検査・治療      歯周病 治療 肥料

歯周病を心配されている方は、できるだけ早く歯医者さんで検査を受けるようにしましょう。歯周病は虫歯に比べて治療が少し複雑なので、腕のいい歯医者さんを見つけたいですね。例えば、歯周病の専門技術が認められた歯医者さんは「日本歯周病学会認定医」という資格を持っているかどうかが目安になります。当サイトでは、...

≫続きを読む

歯周病の治療方法

歯周病>歯周病の治療方法>歯周病 インプラントもし、予防や治療の甲斐なく、不幸にも歯周病で歯を失ってしまった場合、どうしたらよいのでしょうか?そのまま、というわけにはいきませんよね。歯を補う手段としては、インプラントが最もメリットが多いように思います。インプラントとは、歯周病で歯が抜けてしまった部分...

≫続きを読む