子宮筋腫

子宮筋腫〜子宮筋腫とは?

 

 

子宮筋腫とは、子宮の壁を形作っている平滑筋にできる瘤のような腫瘍のことです。 子宮筋腫は良性の腫瘍なので、他の臓器や筋肉・骨などに転移するこ とはほとんどありません。顕微鏡でやっと確認できる大きさのものが少しずつ 成長していって、数十センチにも達することがあります。

 

子宮筋腫の色や硬さは様々ですが、ソフトボールくらいの固さでピンク色や 灰白色をしていることが一般的です。他には、筋腫の細胞が死ぬことによって,やわらかくて黄色いものや、カルシウムが沈着して石のように硬くなるものもあります。

 

子宮にどこに腫瘍ができるかによって、子宮筋腫の分類がなされています。

 

  • 子宮のぶ厚い筋層にできる筋腫は「筋層内子宮筋腫」といい、最も多い種類です。
  • 子宮の内側の粘膜下にできる筋腫は「粘膜下子宮筋腫」といいます。そして
  • 子宮の外側の漿膜(しょうまく)下にできる筋腫が「漿膜下子宮筋腫」です。

 

子宮筋腫は女性にとってごくありふれた病気です。成人女性の20%〜30%は子宮筋腫を持っていると考えられており、微細な筋腫を含めれば、ほとんどの成人女性は子宮筋腫であると言われています。主に30〜40代の女性が発見のピークですが、近年は初経年齢が低年齢化しているためか、20代の女性にも子宮筋腫が見つかることが増えてきています。

 

女性特有の病気の患者数は、全国で120万人ほど。男女合わせた虫歯患者数は、全国で130万人で、子宮筋腫など女性特融の患者数と、虫歯患者数は、ほぼ同数ということが厚生省の調べで判明しております。