結核

『結核の全て』>結核の全てが分かる!!

 

自分が結核に感染しているか不安な人や
家族や知り合いが結核に感染・発病してしまった人の為に、
結核について詳しく知ることで結核についての悩みや疑問を解消できるように
長年医療機関で働いてきた私あやんが作成しました。
結核についての不安解消に役立ちます。

 

結核に感染したかも?
病院で結核の検査をしたけど大丈夫?
友人が結核にかかったけど私にはうつってない?
そんなあなたの疑問に答えます。

 

結核

 

結核は昔の病気・高齢者の病気と思っていた人も多いと思います。実は現在も多くの人が感染・発病している病気なんです。少し前では芸能人が感染して話題になりましたよね。

 

結核は怖い病気です。しかし、現在は効果的な治療薬が沢山開発され、きちんと治療すれば治る病気になってきています。結核を日本からなくすためには、結核について正しい知識を持つことが大切です。

 

結核はどのように感染するのか、どのように治療するのか、多くの人に知ってもらい、
正しく・迅速に行動することが大切なんです。早期に発見し治療する事で感染を防ぎ、
周りの大切な人を守ることも出来るのです。

世界・日本の結核は今

 

 

結核

世界では総人口の3分の1が結核に感染しています。 年間900万人が感染して、200万人が亡くなってしまっています。

 

HIV感染者の増加、公衆衛生が未整備な発展途上国が多い。このような状態で結核に感染して、重症になってしまうことが問題になっています。

 

日本で結核は、明治時代から戦後まで 国民病 と恐れられてきました

 

 

 

結核

 

みなさんも聞いたことがある人、例えば宮沢賢治、石川啄木、樋口一葉など多くの文豪も結核に悩まされていたんです。一般の人も高齢者だけでなく若い人も多く亡くなっています。

 

戦後に結核のこのような状態をなんとかしようと、結核予防法という法律が作られ、予防と治療に力を入れてきました。その成果もあって、昔よりは減ってきています。

 

 

 

結核

治療の効果もあがって、結核イコール死ではなく完治する病気になっています。でも、未だに1日に70人以上の人が発病するという状況です。これは他の先進国に比べ高い数字です。近年では、逆に結核患者が増加したり、重傷者が増えたりして、結核撲滅に再び力を入れる必要があるといわれています。

 

現在日本では結核患者の地域格差が大きくなっています。 都市部での患者数が増加しています。 これは集団感染によるものと思われます。

 

 

結核

結核の集団感染というと、家庭で子供にうつり、学校で友人にうつすなど、子供に多かったものです。しかし最近は、集団感染の中心が大人へ変わってきています。

 

集団感染とは?日本独自の結核集団感染の定義では「同一の感染源が2家族以上にまたがり、20名以上に結核を感染させた場合をいう。ただし発病者1名は感染者6名とみなす」ということです。
その原因はなんでしょう?

 

 

結核

 

人口の高齢化によって高齢者の患者さんが増えています。 これは昔か結核にかった人が、体力・免疫力の低下によって、眠っていた菌が目を覚まし、発病してしまうのです。

 

学生や社会人の感染も増えています。 若い世代の人は、結核に感染したことがない人がほとんどです。そのため結核菌を吸い込むと感染いしやすいのです。

 

感染に気付かず、受診・治療が遅れ、
感染を広めてしまう事が多いのです。

 

 

 

結核記事一覧

結核の症状

結核とはどういう病気でしょう?核とは「結核菌」という細菌によって起こる病気です。結核菌は長さ1〜4μm(マイクロメートル)、幅0.3〜0.6μm の棒状の形をした細菌です。1μm が 1000分の1mm(ミリ)なのでもちろん目で見ることはできません。結核菌は、酸やアルカリに対して強い抵抗性を持ってい...

≫続きを読む

 

呼吸器症状について

【せき】まずせきはどうして出るのでしょうか? せきは気道の異物などを除去しようという生理的な反射です。風邪をひいて、せきだけが長引くというのはよくありますよね。せきをすることは、体力的にもかなり消耗します。せきを1回すると2カロリー消耗することになります。せき込んで苦しくて、夜も眠れない。せきはでる...

≫続きを読む

 

一般症状について

【微熱】微熱とは何℃からいうのでしょう?医学的には37℃台のことです。平熱が低い人もいるので体がだるい、しんどいと感じる体温と言ってもいいかもしれません。結核の場合では、これが2週間程度続きます。子供や女性の場合は体温が変化しやすくなっています。生理の周期や、ちょっとした体調の変化によって変化してし...

≫続きを読む

 

結核の感染と発病

結核では90%が肺結核です。ここでは肺結核について説明します。肺結核は空気感染します。肺結核の人がした咳の中には結核菌がいます。これを近くにいる人が吸い込むことにより感染します。症状が出なくても体内に結核菌が入ったら感染したということです。結核菌はとても小さいので目には見えません。だからいつ感染した...

≫続きを読む

 

年齢別の結核

【高齢者】結核は高齢者の方が若いころに流行していました。この世代の人は、結核菌に感染している人が多く、菌が眠った状態でした。感染に気づかず過ごしているのがほとんどです。高齢になり大病を患ったり、慢性疾患の悪化などで体力・免疫力が弱ってきたときに発病します。もう一つの原因に高齢化社会があります。昔なら...

≫続きを読む

 

結核検査について

結核の検査結核かどうかを調べる検査方法についてご説明いたします。 病院に行く前にお読みになられる事で、不安が少しは和らぐのではないかと思い執筆いたしました。結核の検査【レントゲン検査】胸部のレントゲン撮影やCT撮影による検査です。胸部レントゲンとは健康診断などのときに行われるのと同じです。発病初期や...

≫続きを読む

 

結核検査(ツベルクリン反応

【ツベルクリン反応】結核に感染しているかを調べる検査です。主に前腕に皮下注射で薬をいれ、その部分が赤くなるアレルギー反応を見るものです。注射後48時間後に判定します。結核菌の感染を受けると、発病の有無と関係なく、人体には結核に対する免疫ができます。免疫のある人に結核菌のある成分を注射すると、人体は結...

≫続きを読む

 

結核と法律・お金

治療を安心して受けるためにも法律とお金について説明します。感染症法という法律で、「患者等が置かれている状況を深く認識し、これらの者の人権に配慮しつつ、総合的かつ計画的に推進されること」とされています。また、治療の費用は公費負担があります。以前は、結核が個人的にも社会的にも害を及ぼすことを防止し、公共...

≫続きを読む

 

結核の予防方法

【免疫力が低下しないようにする】規則正しい生活栄養バランスのとれた食事十分な睡眠適度な運動ストレスをためないなど、他の病気の予防法と変わりませんね。【定期的に健康診断を受ける】健康診断をきちんと受けましょう。学校や職場で行われる場合は積極的に受診しましょう。主婦や自営業の方は、市町村で行われるものを...

≫続きを読む

 

結核にあなたの周りの人がかかったら

結核は発病した本人以外にも影響を与えてしまいます。周りへの感染が疑われるためと感染の拡大を防ぐためです。結核を発病した患者の住所を管轄する保健所の人が訪ねてきます。保健所の人は本人からいろいろなことを聞きます。患者本人の病状の確認、どういった経緯で感染したのか自覚症状が出てから接触した人はいるか、接...

≫続きを読む