更年期障害

更年期障害の全て【更年期障害克服ナビ】

 

 

更年期とは、女性の場合は閉経をはさんだ約10年間のことを指します。年齢には個人差がありますが、おおよそ45歳〜55歳くらいに当たります。更年期は、10代中ごろの思春期や、18歳〜40歳頃までの性成熟期と同じように、自然な体の変化なのです。更年期になると心身にどのような変化があるのでしょうか?更年期とは卵巣機能が終わっていく過程のことなので、 卵巣が出す女性ホルモン(エストロゲン)が減少することによる影響があります。エストロゲンは、

  • 排卵や子宮内膜を増やして妊娠を促す、
  • 乳房の発達など女性らしい体を作る、
  • 自律神経のバランスを保つ、
  • 血液中の脂質量を一定に保つ、
  • 骨や皮膚などをつくる、

などの働きをします。エストロゲンが減少するということは、これらと逆の現象が起きるということです。

  • 顔ののぼせ、
  • イライラ、
  • 漠然とした不安感

などの更年期の不快な症状は、この卵巣の機能の低下のために起ります。不快な症状の主な要因はホルモンバランスですが、更年期は子どもが独立するなどの環境の変化や、健康状態などの悩みなど複合的な要因が複雑に絡み合う年齢でもあります。更年期は誰もが通る道ですが、あらかじめどのような変化があるものなのか知っておくことで、比較的楽に乗り切る手助けに なるかもしれません。

 

更年期障害の全て【更年期障害克服ナビ】>更年期障害とは?

 

更年期障害とは、女性の閉経年齢の前後5年間、年齢で言うとだいたい45歳〜55歳頃に起こる、さまざまな心身の不調のことです。特に日常生活に支障が出るほどの強い症状のことを指します。

 

更年期障害の女性がよく訴える症状としては、疲労感・だるさ、抑うつ状態、腰痛・肩こり、ほてり・発汗、不眠などが挙げられます。しかし症状の強さや現れ方は人それぞれで、その種類は何百もあると考えられています。よって、更年期障害の治療法も症状に合わせてさまざまな方法があります。

 

更年期障害の原因は、主因として女性ホルモンが減少することにあります。 エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンは、卵巣から分泌されます。それは脳の指令で脳下垂体から性腺刺激ホルモンを分泌することによって促されます。

 

しかし、卵巣の機能が低下しているため、いくら脳がホルモンの 分泌をするよう指令を送っても、卵巣にはその力がもう残っていません。その ため脳はさらに指令を送ろうと性腺刺激ホルモンを分泌して、ホルモンバラン スがどんどん悪くなります。このホルモンバランスの乱れは、自律神経をつか さどる脳の部分と密接な関係があるため、体のあらゆる機能に不具合を起こします。また、主因である女性ホルモンの低下に加え、本人の性格や考え方、家族関係などの環境的な問題にも影響を受けて、更年期の女性はさまざまな更年期障害の症状を生じさせるのです。

 

更年期障害記事一覧

更年期障害 症状       更年期障害チェック

更年期障害の症状は、人によって千差万別で、200種類とも300種類とも言わ れています。それらは以下のように分類することができます。・自律神経失調症状=のぼせ・ほてり、発汗、冷え症、不眠、動悸、頭痛、めまい、耳鳴り・精神症状=憂うつ、意欲低下、不安感、精神不安定、記憶力低下・その他症状=肩こり、関節...

≫続きを読む

更年期障害症状 女性

女性の一生は、「幼少児期」、「思春期」、「性成熟期」、「更年期」、 「老年期」の5段階に分けることができます。更年期は4番目の段階で、閉経を迎える時期の前後5年間くらいの時期を指しています。一般的に1年以上月経が来ないと「閉経」と判断され、日本の女性の平均閉経年齢は、だいたい50歳くらいと言われてい...

≫続きを読む

更年期障害 年齢       若年性更年期

更年期障害が認められる年齢は何歳くらいでしょうか?女性の場合は閉経前後の45歳から55歳の間と言われています。男性の場合は40代から60歳頃までと、女性の年齢幅よりも少し範囲が広くなっています。いずれも加齢による女性ホルモンもしくは男性ホルモンの減少で、自律神経や精神状態に影響があるためです。しかし...

≫続きを読む

更年期障害 病院     更年期障害 治療

更年期障害の人は、なかなか気軽には病院に足を運んでくれません。それ は、まず自己判断が難しい病気であるということや更年期障害を疑ってはいるがタイミングがつかめない、または更年期障害だとは思いたくない、もしくは病気ではなくて自分が怠けているせいではないかと思いこんでしまうためだ と思われます。更年期障...

≫続きを読む

更年期障害 薬       更年期障害 漢方

更年期障害の治療には、どのような薬が有効なのでしょうか?更年期障害の 根本的な原因治療には、「ホルモン補充療法(HRT)」が中心的な役割を担います。更年期に入って減少した女性ホルモンを、薬によって補う方法です。ホルモン補充療法には、エストロゲン剤が主に使われます。これはもともと女性の体内にあったエス...

≫続きを読む

男性更年期障害

更年期障害と言えば、閉経前後の女性特有のものと考えられてきました。 しかし、実は男性にも「更年期」と呼ばれる時期があり、同時に更年期障害 のような症状が現れることが分かってきました。これが「男性更年期障害」 です。男性更年期障害は長い間存在しないものとされてきましたが、最近になって認知されるようにな...

≫続きを読む

更年期障害 症状緩和法 治療期間     更年期障害の人との接し方

医師による更年期障害の治療のほかに、自分で症状を軽くする方法もあります。更年期障害の症状の重さは人それぞれですが、もともとの症状をさらに重くしてしまう要因があります。例えば、ストレスです。仕事や家事などで過度の負担を抱えていることは、大きなストレスになります。また更年期障害の頃の年齢は子供の独立や職...

≫続きを読む

更年期障害と大豆イソフラボン

大豆イソフラボンとは?大豆イソフラボンとは何か皆さんご存知でしょうか?大豆イソフラボンとは、ポリフェノールの一種で大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイド(天然に存在する有機化合物)です。ではポリフェノールとは?ポリフェノールの主な作用は「抗酸化作用」です。ポリフェノールには酸素と結び付きやすい性質が...

≫続きを読む