糖化

糖化>抗糖化で老化防止と健康維持!!

 

 

糖化とは

 

 

糖化

老化の主な原因として、いま「糖化」が美容や健康の分野で注目されています。長らく老化の原因は酸化だと言われてきましたが、糖化もそれに劣らず影響があることが分かってきています。

 

糖化とは、体内のタンパク質や脂肪と糖が結合して、その構造を変えてしまうことです。ホットケーキを焼くと、きつね色になりますよね。この反応が体内でおこると困ったことになります。

 

 

 

 

 

糖化

食事で摂取した糖は、血液に入って全身に運ばれます。

 

しかし血液中に糖が多すぎると、血管の外にもれ出して周囲を糖化します。その時発生するのが「AGE」という老化物質です。

 

この老化物質が蓄積すると、さまざまな機能に障害が発生します。酸化は「体がサビる反応」と言われていますが、糖化は「体がコゲる反応」なのです。

 

 

糖化が人体に与える影響には以下のようなものがあります。

  • 肌にシミ、シワ、たるみが増える
  • 白内障や網膜症のリスクが増える
  • 骨粗鬆症になりやすい
  • 糖尿病の危険性があがる
  • 動脈硬化になりやすい
  • アルツハイマー病を引き起こす

 

 

 

糖化

人体の主な成分は水とタンパク質ですから、体のいたるところで糖化はおこります。

 

特に代謝の遅いコラーゲンには老化物質がたまりやすいので、コラーゲンを多く含む肌、目、内臓、骨、血管に強い影響があらわれます。

 

このように、糖化と老化には深い関係があります。詳しい糖化のメカニズムを知って、老化防止や病気の予防に役立ててください。

 

糖化記事一覧

糖化 AGE

「AGE」って何だかご存知ですか?アンチエイジングや病気の予防に興味がある方なら、ぜひ知っておきたい重要な物質です。 AGEとは、「Advanced Glycation End-products」の略です。直訳すると「終末糖化産物」。これは、体の中で糖化が起こる際に発生する糖化物質です。糖化物質が蓄...

≫続きを読む

 

糖化 原因

糖化は老化や病気を引き起こす困った反応です。では、どうして体内で糖化がすすんでしまうのでしょうか?血液中に糖が多すぎる状態になると、糖化がおこりやすくなります。余った糖が血管からしみだして体中のタンパク質と結合するからです。以下のような習慣がある人は、糖化がすすみやすい体質である危険性があります。【...

≫続きを読む

 

糖化 老化

長らく老化の原因は「加齢」と「酸化」だとされてきました。しかし、最近は「糖化」も老化の要因ではないかと言われています。いったい、糖化はどのくらい老化に影響しているのでしょうか?老化の兆候が顕著にあらわれるのはお肌です。お肌の老化の主な原因は紫外線による光老化ですが、3割くらいは糖化のせいではないかと...

≫続きを読む

 

肌の糖化

お肌の最大の敵は紫外線だと言われています。しかし、糖化もお肌の老化に強く影響することが分かってきました。糖化は肌にどのような変化をもたらすのでしょうか?糖化が進むと、お肌のハリが失われます。お肌に弾力性があるのは、皮膚組織における水以外の成分の70%を占めるコラーゲンです。コラーゲン線維はバネのよう...

≫続きを読む

 

体の糖化

糖化は肌の老化など、美容に悪いだけではありません。糖化は体のいたるところに影響を及ぼします。なぜなら、糖化はタンパク質と糖が結合しておこり、人間の体はタンパク質でできており、糖は普通の食事をしている限り必ず体内に入ってくるからです。つまり、私たちが人間で、生きていくために食事をする以上、糖化は体のど...

≫続きを読む

 

糖化 糖尿病

糖化によって最も心配される病気は、「糖尿病」です。糖尿病とは、長期にわたって血液中の血糖値が高いまま維持される疾患です。症状としては、口の渇き、頻尿、体重減少などをもたらします。糖尿病は代表的な生活習慣病で、日々の不摂生が発症の原因とされてきました。しかし近年、糖化の影響も大きいことが分かってきてい...

≫続きを読む

 

抗糖化

糖化による悪影響から身を守るには、過剰な糖化がおこらないようにする必要があります。その取り組みを「抗糖化」といいます。具体的には、どのようなことをすればよいのでしょうか?糖化は血糖値が高いときほど進行します。よって、抗糖化のポイントは、血糖値が上がりすぎないような食生活をすることです。糖質の高い食材...

≫続きを読む

 

糖化 食事

食事のとり方に気をつければ、糖化の進み具合をコントロールすることができます。大切なのは、血糖値が急激に上がらない食材を選ぶこと、そして血糖値が急激に上がらない食べ方をすることです。では具体的にどのようなことに気をつければよいのでしょうか?■低GIの食品を選ぶGI値とは、血糖値の上がりやすさをあらわし...

≫続きを読む