子宮筋腫

『子宮筋腫の全て』サイトについて

 

 

『子宮筋腫の全て』サイトは、子宮筋腫の原因、予防、受診の目安、
治療法、手術前後の生活や注意点、そして子宮筋腫の数少ない名医まで
子宮筋腫の全てが網羅されている子宮筋腫の総合情報サイトです。

 

実際の体験を元に、子宮筋腫の発見から治療、闘病、手術、術後の生活までもをも
リアルに描かれているので とても参考になると思います。

 

楽しく読めるよう工夫されております。
ドリンク片手にどうぞごゆっくりご覧になってください。

 

このサイトが、貴方のお役に立てれば幸いです。ご健康を手に入れられ
幸せな人生を歩まれる事を心より祈っております。

 

 

子宮筋腫・子宮内膜症 の全て

子宮筋腫の発症率が高い年代は多い順に、40代、30代、50代、20代で、30歳以上の女性の30%が子宮筋腫を発病しています。
女性にとっては、子宮筋腫は非常にメジャーな病気の一つです。
今のところ最年少発症年齢は13歳、最高齢発症年齢は70歳です。

 

また、生活習慣が似ている事から、子宮筋腫を患った家族がいると
子宮筋腫発症率は、子宮筋腫になった身内がいない人に比べて数倍です。

 

子宮筋腫は子宮に出来る良性の筋腫で命に別状はないと言われてはいますが、 固いグリグリがどんどん大きくなり妊娠しているかのような様になります。 コブ上にできる子宮筋腫と、有形漿膜下筋腫と言われるキノコの様な形に なる子宮筋腫の2種類があります。 1個だけ出来る場合も有れば、沢山の数が鈴なりにできる場合も有り 子宮筋腫は恐ろしい病気です。

 

このサイトでは自分が子宮筋腫になった経験から 健康を維持する予防方法や子宮筋腫の治療法や注意点など様々な情報を お伝えしたいと思います。 皆さまのお役にたてれば幸いです。

私の子宮筋腫 体験談

 

 

 

子宮筋腫 体験談

 

みなさん、こんにちは
(o^―^o)ニコッ
何故このようなサイトを立ち上げたのか、その経緯を説明しますね。

 

私が子宮筋腫があると知ったのは、当時18歳で今から22年前でした。 その時はまだ、親指の先ぐらいの大きさで、 「大きくなったらまた考えればいい」程度にしか思っていなかったんです。

 

 

 

子宮筋腫 体験談

 

それから20年の月日が経ち、日に日に悪くなる体調と付き合ってきました。ある日、目まいがひどく、立ち上がる事すら出来なくなり、急いで医者へ・・・・・内科ではちょっと貧血ですと言われ、薬を頂いて帰ってきました。

 

でも事態は一向に良くならないどころか、不正出血(もちろん下からの)まで!これは大変だ!と思い、速攻で産婦人科へ・・・・・

 

 

子宮筋腫 体験談

診断は、子宮筋腫が原因の重度の貧血でした。そればかりではありません。

 

髪の毛が半分は無くなったでしょう。。。。。そして、歯もひどい状態です(ーー;)全ては子宮筋腫から始まった・・・・・

 

さて、どこの医者にかかればいいか・・・・・・その辺もちゃんと考えなくてはいけません。この辺ではちょっと評判のいいお医者さんに行きました。

 

 

子宮筋腫 体験談

 

すごく年寄りの先生だけど、待ち時間なんと5時間(〃´o`)=3 でもさすがに評判だけの事はある、ですね。若い妊婦さんでごったがえしてました。

 

結果、あまりに筋腫を野放しにしたため、筋腫の真ん中の「核」というところが壊死してしまっている、とのこと。すぐにでも採らなければ、悪性に変わる危険性大ということでした。

 

 

子宮筋腫 体験談

そこで大学病院を紹介して頂いて、1ヶ月後に手術しました。すごくかっこいい先生でした(o ̄ー ̄o)これが私の経験です。

 

おかげ様で今は(手術から3年経過)見違えるほど元気になり、髪も生え、・・・・歯医者は怖いから行ってないけど、虫歯が現状維持で頑張ってます( ▽ ;)ははは

 

今思えば、もっとちゃんとした病院にかかってれば、もう少し楽な20年を過ごせたのに、と後悔の念が押し寄せる毎日です。

 

今悩んでらっしゃるみなさんには、こんな経験をしてほしくなくて、少しでもお役に立てればと思いここにサイトを立ち上げました。さてさて・・・・・前置きはこの辺で終わりにして、次は子宮とはどんなものなのかを探っていきましょう!

 

子宮筋腫記事一覧

子宮の知識

【子宮の構造】子宮とは、皆さんご存知のとおり、胎児が育つ場所ですね。 非妊娠時の大きさは上下に6〜8cm程度、幅が4〜5cm程度の 本当に小さな臓器です。その上に二つの小さな卵巣があり、 それが卵子を作る役割を果たす機能になっています。 鮭でいえば、いくら?( ̄m ̄〃)ぷぷっ! あんなに沢山は出来な...

≫続きを読む

 

子宮筋腫とは?

子宮筋腫は40代の女性の4人に1人が持っていると言われる 大変に多い病気です。 たいていは良性ですが、稀に悪性の肉腫であることもあり、 邪険にはできないですね。症状も軽いものから、大出血を含む危険なものまであります。私は、若い時から貧血ぎみだったので、 まさかこれが子宮筋腫によるものなどとは想像だに...

≫続きを読む

 

子宮筋腫の症状

それでは、子宮筋腫の症状を出来る限り挙げていきたいと思います。比較的軽い症状月経期間が長くなる月経出血量が多くなる不正性器出血が頻繁に起きる強い月経痛が起きる子宮筋腫が大きくなると・・・・・膀胱圧迫症状で、おしっこが非常に近くなる便秘になる下腹部が出っ張ってくるもっと怖い症状子宮の外に発育していくタ...

≫続きを読む

 

子宮内膜症とは?

子宮内膜症とは、本来子宮の中にあるはずの内膜が、別の場所にも出来るという病気です。原因ははっきりしていませんが、不妊症の原因の3分の1をしめる病気で、症状もいろいろと多彩です。おもしろいことに、子宮外に出来た内膜にも周期が始まります。 そうすると、月経と同じ症状ということになり、2か所で内膜の排出が...

≫続きを読む

 

妊娠中の子宮筋腫

妊娠中の子宮筋腫>子宮筋腫と自然分娩妊娠中に筋腫があると診断を受ける人は結構いますよね。すごく不安になると思います。筋腫事態は良性のものなので、すぐに採る必要はなく、出来ている場所に問題がなければそのまま自然分娩をする事ができます。ただし、位置や大きさによっては、お腹が張ったり、早産になり易い傾向に...

≫続きを読む